お手数 おかけ し ます 意味。 「お手数おかけしました」の意味と使い方・類語・返事の仕方

「お手数ですが」「お手数おかけしますが」の意味と使い方

「ご多忙のところお手数をおかけいたしますが」は「非常に忙しい最中に労力がかかりますが」になります。 ・とんでもないことです。 「お手数ですが」はクッション言葉 「お手数」はよく、「お手数ですが、ご確認ください」という風に、前置き・クッション言葉として使われる表現です。 どちらも「面倒をおかけしてすみません」という意味が含まれている言葉です。 「お手数」と「ご迷惑」の違い 「お手数」と「ご迷惑」の違いについてですが、これはそれぞれの言葉を使う場面・状況によってその用途が変わってきます。

>

「お手数おかけします」の意味と正しい使い方!類語や例文も解説

面接力診断は24の質問に答えるだけで、 自分の弱点をグラフで見える化できます。 例えば、以下のような表現は間違いになります。 つまり、謙譲語表現とは逆の用途で使われるのがこの「お手数」であるため、主に「相手の行動についてのみ敬意を示し、相手に対して使う敬語表現」となります。 』あるいは『お手間をとらせてしまうかもしれませんが、よろしくお願いいたします。 先述でも「お手数をおかけしますが」や「お手数ですが」などと、一応「自分の要求」に対していろいろと対応をしてくれる相手の事情に配慮しておき、その上で「それでもぜひよろしくお願いいたします」といった意気込みを見せる際に使われます。 ご足労の「労」という字を使った言葉としては、あれこれ心配して心を使うことを意味する「心労」、精神的、肉体的に力を尽くして苦しい思いをすることを意味する「苦労」などがあります。

>

「お手数をおかけしました」とは?ビジネスでの使い方や返事の仕方・類語・英語表現も紹介

参考にしてみてください。 他の使い方としては、クッション言葉として使用します。 「恐縮ではございますが」• 「お手数をおかけして申し訳ございません」 相手へお詫びをする際の、最も基本的な「お手数をおかけしました」を使った例文です。 本当にありがとうございます。 ですがビジネスメールや目上の方に対して、より丁寧に感謝の気持ちを表現したい場合は「厚く御礼申し上げます」「感謝申し上げます」などに言い換えても良いでしょう。 この場合は、「お手間をおかけしますが」という意味になり、時間を割いてもらう申し訳なさ・感謝のニュアンスを含み、文字通り、言葉を和らげるようなクッションの役目を担います。

>

「お手数をおかけしました」の意味や使い方を解説【お礼のメール例文】

また 「お手数おかけします」という言葉は手数をとらせて何かをしていただく相手に対しての、感謝の気持ちも同時に込められています。 メールの返事で「お手数おかけしました」を使う機会は多いです。 単に「お手数をおかけしました」というだけでも、そこに感謝やお礼の意味が含まれていると解釈されます。 しかし、どちらかというと、親しい関係の相手に使うときに適しているため、使い分けが場合によっては必要です。 いつでもおっしゃってください。

>

「お手数をおかけします」「お手数おかけします」どっちが正しい?その意味と使い方【あらためて知りたい頻出ビジネス用語#11】

またそれに加えて「おてかず」と言う場合はやや聞き取りにくい・言いづらい発音ともなるため、言葉の発音のしやすさによっても「おてすう」の方がよく使われています。 ビジネスシーンだけでなく日常でも使いやすい「お手数おかけしました」ですが、これだけでは単に相手の行いを労う言葉にすぎません。 ぜひポイントを押さえて使いこなしましょう。 接頭語に「お」を付けることで敬語表現になるので、目上の方やクライアントに対しても問題なく使うことができます。 特に上司や社外の人を含め、目上の人に手間をかけさせてしまうときには特に気をつけましょう。 「お手数をおかけしますが、ご返信をよろしくお願いします」は、「労力をおかけしますが、返信してくれるようお願いします」になります。 しかし、「お手数おかけします」を使うときには注意する必要があります。

>

「お手数おかけします」の正しい意味や使い方、注意すべき点を解説

クッション言葉をビジネスシーンで使うと、ちょっとぼかした表現にすることができ、スムーズに取引や話が進むときもあります。 『ご面倒をおかけして、申し訳ありません』というように、相手の方に手間をかけさせてしまったことに対し、お詫びの気持ちを込めた言葉として使用いたします。 相手は、手数をかけたことに対してお詫びの気持ちを持って「お手数おかけしました」と言ってきているので、その気持ちを打ち消す内容の返事をするようにしましょう。 「ご迷惑をおかけしますが」は使い方に注意が必要 「お手数をおかけしますが」と似た表現には、「ご迷惑をおかけしますが」という言い方もあります。 【例文】 ・ 恐れ入りますが、ご確認のうえご返信いただきますようお願い申し上げます。 メールや改まったシーンなどの文章では、「を」つけて「お手数をおかけします」の方がいいでしょう。 飽くまで「お手数」は尊敬語表現の類に含まれますが、その頻繁に使いやすい表現であることから、ただ丁寧に「してほしいこと」を訴える際に使われる言葉としてピックアップされやすいため、その場合の言葉・表現のニュアンスとしては丁寧な言葉遣いによる要求語として扱われます。

>

「お手数をおかけしました」の意味や使い方を解説【お礼のメール例文】

・I am deeply sorry for troubling you. 改まった場面やメールなどの文章では、「お手数をおかけします」と「を」加えるとよいでしょう。 この場合は「お手数」の本来の意味である「相手に手間をかけさせた」というよりも、相手に迷惑をかけてしまったというニュアンスが強い表現です。 お忙しいところ 相手が忙しいのにもかかわらず、何か頼みごとをしたり、手伝ってもらったりしたときにも、「お忙しいところ」という表現が使えます。 その時々で合っている言葉を使い分けるようにしましょう。 また、「お手数ですがご協力いただけますか」などのように、面倒であることがわかっている上で相手にお願いをする場合などにも使われます。

>

「お手数おかけします」の正しい意味と使い方は? 例文もチェック

お手数をおかけしましたこと、深くお詫び申しあげます」 ・「修正していただきありがとうございます。 また、「ご多忙の折」「ご多忙の中」でも意味は同じようになります。 お手数おかけしてすみません(申し訳ありません)• わざわざ足を向けてもらう、足を運んでもらうという意味の表現をしたい場合に「ご足労」という言葉を使います。 どちらを使っても同じ意味ですが、 文法的に正しいのは「お手数をおかけします」のほうです。 そんなときに、「お手数をおかけしております」と一言かけるだけでも、自分と相手の関係を円滑にできるということがあります。 どういたしまして。

>