絵 仏師 良秀 日本 語 訳。 絵仏師良秀・宇治拾遺物語 現代語訳・品詞分解・原文

宇治拾遺絵仏師良秀品詞分解現代語訳敬語助動詞その1

読みは「きぬ」 12 着ぬ カ行上一段動詞「着る」の未然形+打消の助動詞「ず」の連体形。 そんなこと(クライアントの注文品や妻子が火の迫る家の中にいること)にもかかわらず、良秀は自分が(危険な)家から脱出したことをいいことに、(安全な)家の向こう側に立っていた。 人の書かする仏もおはしけり。 さいごに 「絵仏師良秀」は初期に書かれた『』に収録されている説話の一つです。 年ごろ、不動尊の火炎を悪しく書きけるなり。 そののち、良秀が書いたは「 よぢり不動」とよばれ、今に至るまで人々に愛でられている。 係り結びで少し意味を強めて「惜しみなさるのだ」と訳しておきます。

>

高一の古典の絵仏師良秀について質問です。

今 見れ 【注23】ば、 かう 【注24】こそ 燃えけれ 【注25】と、 心得つるなり 【注26】。 六分の恐怖と四分の好奇心・・・ <見たいが、不気味だな> これ以降は理解できません。 」 と言う時に、見舞いに来た人たちが、「これはまあなんとしたことだ、このよう に立っていらっしゃるのか。 傲慢で変わった性格のため、人々からは気味悪がられていたのです。 いつまでも悩んでいたら飢え死にしてしまう。 現代日本語を読み書きしている私達が書き下し文を読めばわかるように、 ほぼ日本の古文調なのです。 意味は「着物」。

>

絵仏師良秀 現代語訳 品詞分解

」と言ひて、あざ笑ひてこそ立てりけれ。 霊が取りついていらっしゃるのか。 今見ると、このように(炎は)燃 えるのだなあと納得したのだ。 (良秀の)家の隣から、出火して、風が覆いかぶさってくるように吹いて(火が)迫ってきたので、(良秀は)逃げ出して、大通りへ出てしまった。 」とて、人ども、来とぶらひけれど、騒がず。

>

係り結びなのですが、教えて下さい。

10 おはしけり サ変動詞「おはす」の連用形+過去の助動詞「けり」の終止形。 =家の隣から火事(が)起こって、 風(が)覆いかぶ さるように吹いて(火が)迫ってきたので、逃げ出 して大通りへ出てしまった。 意味は「驚く」。 意味は「逃げ出してしまった」。 (自分の)家の隣から火が出てきて、風が家を激しく覆いかぶさって、(火が)迫ってきたので、(良秀は家から)逃げ出して、大通りに出てしまった。 理系のおっさんです。 例:書け「ば」 命令:命令の言葉をあらわす。

>

絵仏師良秀についてわたしの解釈は・・・

」と 言ひけれ 【注17】ば、「 なんでふ 【注18】、物 の 【注19】 つくべきぞ 【注20】。 係助(強調) 年ごろ、 名 不動尊 名 の 格助(連体修飾) 火炎 名 を 格助(対象) 悪しく 形(シク・連用) 書き 動(カ四・連用) ける 助動(過去・連体) なり。 意味は「よいことにして」。 よろしくお願いします。 」と人言ひければ、向かひに立ちて、 「どうしたのですか。

>

日本古典文学摘集 宇治拾遺物語 巻第三ノ六 絵仏師良秀家の焼くるを見て悦ぶ事 現代語訳

他の方の意見待ちかも。 この規約に関して、詳しくはをクリックしてください。 見れば、既にわが家に移りて、煙、炎くゆりけるまで、おほかた、向かひのつら に立ちて、眺めければ、「あさましきこと。 う~ん、書き下し文にする場合、古代から現代までの日本語と中国語の両方に精通してください、としか。 元都立高校国語科教師、ブロガーのすい喬です。

>

「宇治拾遺物語/絵仏師良秀」(巻3)

この道を立てて世にあらむには、仏だによく書きたてまつらば、百千の家もいできなん。 意味は「着ていない」。 「たいへんなことですね。 火炎を描く みなさん、こんにちは。 助動(過去・終止) それ 代名 も 係助(強調) 知ら 動(ラ四・未然) ず、 助動(打消・連用) ただ 副 逃げ出で 動(ダ下二・連用) たる 助動(完了・連体) を 格助(対象) こと 名 に 格助(結果) し 動(サ変・連用) て、 接助(単純) 向かひ 名 の 格助(連体修飾) つら 名 に 格助(場所) 立て 動(ラ四・連用) て、 接助(単純) 煙、 名 炎 名 くゆり 動(ラ四・連用) ける 助動(過去・連体) まで、 副助(範囲) おほかた、 副 向かひ 名 の 格助(連体修飾) つら 名 に 格助(場所) 立ち 動(タ四・連用) て 接助(単純) 眺め 動(マ下二・連用) けれ 助動(過去・已然) ば、 接助(順接確定) 「あさましき 形(シク・連体) こと。

>