自虐 史観。 自虐史観の正体

産経新聞「教科書採択自虐史観の復活が心配だ」について

この改革を本気で実行しようと思うなら、サッチャー首相のように、将来の子供達の為にも、やるのは今だと、国民を説得し、国の将来を本気で考えた上での決断であるとして、何度も何度もブレずに国民に改革の必要性を強く訴えていかねばならない、そして何があろうと、国民とともに戦う決意を示すことです。 軍国主義者と天皇・国民の間にくさびを打ち込むことも目的だった。 サッチャー首相は反対派からの激しい抵抗にあいながらも、命の危険も顧みずに壮大な教育改革を実現させたのです。 著者は賀茂道子・名城大学非常勤講師(日本政治外交史)だ。 この放送は2年以上放送され国民が戦前の日本を心の底から嫌悪するように仕組まれていた。

>

自虐史観とは即ち、偽善者御用達の隠れ蓑 | 幻冬舎ゴールドライフオンライン

ですがそれを否定しても今が改善するわけではありません。 でも、どうしてなのか革命思想に捕らわれるとこの矛盾が分からなくなります。 ・愛国心などを盛り込んだ教育基本法の目標に照らして重大な欠陥があると判断された場合、不合格にすること という項目が盛り込まれた。 なぜか アメリカは 「《アメリカは 完全ではなかった》という 当たり前の事実を 当たり前に受け止めることが できない国」なのです 私は 「日本は《自虐史観》から脱却すべきである」と思います。 左翼は、 右傾化の原因が 1. 時代の変化に対する若者の「不安」 2. インターネットの登場 3. メディアの「右傾化」 の3点にあるとするが、しかし 1. 若者の不安などというものはいつの時代にもある 2. なぜインターネット空間が右傾化するのかその説明が無い。 戦前までの伝統教育を破壊する教育基本法が制定され、修身の廃止と国家神道否定も行われて、GHQの思惑が着実に実行されたのです。 教育委員の名前を並べ、手紙を出すよう促すサイトもみられた。

>

自虐史観とは即ち、偽善者御用達の隠れ蓑 | 幻冬舎ゴールドライフオンライン

そのにはに、をとする皇史観があった。 これも冒頭と同じ論理展開。 憲法学者の井上達夫が日本国憲法と同じくGHQから押し付けられた「農地改革」を改憲論者達が非難しないことをダブル・スタンダードだと批判している。 曰く、そうして生まれた自作農が保守の支持基盤になっているからで、都合が良ければ押しつけと言わない欺瞞だと。 国家の教育とは、その国を支える立派な国民を育て上げることが基本です。 GHQの最大の目的は二度とアメリカに歯迎えないように日本人を洗脳して日本という国の弱体化を図ることにありました。

>

【米から学ぶ】自虐史観は何も生み出さない

来春からは新しい教科書を使った授業がはじまる。 産経新聞にもよい記事はある。 それで僕も日本軍は当時にひどいことをしたと教えられた記憶があります。 GHQの政策の具体的な目的は以下のようなものでした。 大東亜戦争は日本の悪辣非道な侵略戦争だった• 数万人の停電の部屋に住む高齢者の「誰に どのホテルの どの部屋を提供するのか?」「高齢者とは何歳からか?」「誰が 移動の世話をするのか?元気な人より 病気の人 体が不自由な人の方を優先すべきだか、そうなると移動はさらに難しくなる」 災害現場では「無理な事は 無理」なのです。 」などと書けば,反対派が「電話や手紙で外部から激しい働きかけ」をしたものと理解されるだろう。 長い歴史を所与とし、アイデンティティクライシスに悩まない日本人は幸運だ。

>

自虐史観

しかし本当に将来二度と墜落すまいと思うのなら、この要因の一つ一つを洗い出して検討していく以外に方法がないと私は思う。 この「国益の損失」を取り返すため、「歴史認識に関する情報戦」を(特に中韓や、朝日新聞など彼らが左翼偏向的とするメディアと)戦わなければならないとし、「歴史戦」と題する著作(阿比留瑠比著)や同タイトルの産経新聞でのがある。 ところが ここで戦後日本に進駐したGHQが 「アメリカは悪い事をしても 正義である」という 「善悪二元論の戦争観 歴史観」を持ち込みました。 イギリスの成功は国民を味方にしたこと、結局、 国民の支持こそが最大の武器だということなのです。 自虐史観がもたらすとされる「国益」損失 自虐史観を批判する側によれば、自虐史観は大きな問題点をはらむ。

>

自虐史観の正体

だから「日本以外の世界では 戦争がやむことがない」そんな気がします。 事件自体がでっちあげというべきものだとするは、のところ広く認められたものとは言い難い。 そうした彼らが年長者への一番簡単な反論方法として発見したのは、「あなた方はアジアを侵略した加害者じゃないか」という論法だったという面があった。 こうした中、尖閣諸島を行政区域とする沖縄県石垣市(与那国町と共同採択)は育鵬社版を継続して採択した。 先の戦争は連合国とくにアメリカがアジア諸国から日本の支配を排除した太平洋戦争であって、欧米列強からアジア諸国を解き放ち共栄圏を作るための大東亜戦争ではなかった。 しかし 歴史の事実は 「当時の日本政府が《その薄汚い謀略の 裏をつけなかった》から 真珠湾攻撃をしてしまった」のです。

>

自虐史観

くわえて最近では、的見直しや祖先の名誉の域にも達していない、単なる憂さらしの、、などもとなっている。 ・国や教育に対する姿勢 教育を通じて愛国心を涵養し、子どもたちに自国に対する自信をつけさせることが大切であるのに、教育を通じて自国に対する自信を喪失させる内容ばかり取り上げている。 育鵬社版に対しては、反対派がウェブサイトで「戦争賛美」などとレッテルを貼り、各地の教育委員会に電話やファクスで不採択を求めるよう呼び掛ける運動を展開していた。 批判の応酬ではなく建設的な議論を 昨年、日本は戦後の防衛・安全保障体制を大きく変える決断を行った。 無謀な戦争をして、多くの犠牲を出し、酷い敗け方をした以上は当然でしょう。

>