コロナ ウィルス 化学 兵器。 新型肺炎コロナウイルスは中国ウイルス兵器の可能性。

新型コロナウイルスは中国の生物兵器から流出?! 米国ガン研究所の専門家が陰謀論を全否定|FINDERS

出典:WiLL20年4月号、P. しかし、いずれにしてもこれは恐るべき数字です。 2020. 2015年5月29日には、韓国だけでなく 中国での感染も確認されました。 医療関係者でも何でもない、専門性のない人物らから発信される、 陰謀論やトンデモが雑誌や日刊紙に載っているからと言って軽々に騙されてはいけない。 新型コロナはこれら施設での生物兵器研究の中で生み出され、実験動物の流出などにより外部に出てきた可能性があるーーなどの主張が出てきた。 発生はサウジアラビアとされ、最終的にこの時期の流行では 44人が感染して22人が死亡。

>

新型肺炎コロナウイルスは中国ウイルス兵器の可能性。

杜氏は3月に来日した際に、新型コロナは人工的なウイルスの可能性があるとの見解を示した。 そこで、急に気になってくるのが、この市場の32キロほど離れたところにある「中国科学院武漢国家バイオセイフティラボ(生物安全実験室)」の存在である。 html 我が家でのコロナ会話と考察 ちょうど家族で「新型コロナウィルスに関してだけ、なぜにこんなにも毎日毎日ニュースで報道されるのだろう?」と話をしていたところでした。 そこで、まず日本が注意すべきは、中国と一緒に西側世界からデカップリングされてはならないということだ。 ただしこのデイリー・メールの記事も、他紙の後追い報道も、最初はそこまで断定的な物言いではなかった。 「新型コロナの突然変異は、自然の進化と一致している」 現在、新型コロナウイルスは中国が作り出した細菌兵器だと信じ込む人も少なくない。 (中略)デイリー・メールはいわゆる「飛ばし(=根拠の薄弱な記事)」が多いことで知られる。

>

武漢病毒研究所がコロナウイルスの感染源?米紙「生物兵器を漏らした」可能性を指摘

法輪功系メディアも「人工ウイルス」と主張 ニューヨーク市内を行進する疑似宗教団体「法輪功」の支持者たち。 私は中国の研究所から漏れたという説も違うと思っています。 もしそうであったとしても中国政府は、本当のことを発表しないでしょう。 同氏は、 私は医学に詳しくないながらも、状況から見れば(新型コロナは生物兵器であることは)限りなく黒に近いグレー 出典:WiLL20年4月号、P. が、根本的な認識=新型コロナは研究所から漏れた生物兵器説は、全員が変わらない。 開発中の生物兵器が意図したほどうまく機能しないという事実は、生物兵器ではないという証拠にはならない。

>

新型肺炎コロナウイルスは中国ウイルス兵器の可能性。

そういったものへの警戒をいま一度持つことだ。 一つ目は、新型コロナが初めて見つかった中国・武漢に、ウイルス研究所があることだ。 第一次世界大戦では、独・仏が塹壕戦打開のため塩素やホスゲンなどの化学兵器を用いて、相互に40万人を超える死傷者を出した。 だからこそ、ワクチン開発などのスピードが速いと世界からの期待もあるわけだが、同時に危険な実験も安易に行える。 共通しているのは、 引用した記事の著者すべてが医療関係者ではないという事。 その一方で、ウイルスが海外に出たと知れるやいなや、都市を封鎖し、渡航禁止措置を発令といった党中央政府の慌てぶりが、解放軍マターであるとすればなんとなく納得がいく気がする。

>

インド工科大学が解析「新型コロナウイルスは生物化学兵器である。」米ハーバード大の生物化学の教授が中国軍のスパイ容疑で逮捕された。教授は武漢に生物化学兵器の材料となるウイルスを違法に提供していた。武漢新型肺炎は、技術がない中国と金で買われた米国の頭脳のハイブリッド・パンデミック。

一度、中国共産党指導者らが生物兵器を完成させたとき、彼らは世界的支配者となる「チャイナドリーム」を達成するために脅威的なパンデミックを解き放つことをためらうだろうか?共産党の指導者がそのような「暗殺者の矛」を使用するとは考えられないと疑う人は、どのような道徳心や倫理観が彼らを自制させるのか明確に説明してほしい。 潜伏期間が7~14日、などとされる新型コロナにはこの即時性がないので、「兵器」としては全く成り立たない。 例えば、ラトガース・ニュージャージー州立大学のリチャード・エブライト教授は「人工的につくられたことを示す痕跡は皆無であり、意図的に開発された生物兵器である可能性は、強く排除できる」と断言した(ワシントン・ポスト、2月18日)。 過去の歴史を見ても分かるように隠蔽するために何をして来たかが分かります。 簡単に調べてみました。

>

武漢病毒研究所がコロナウイルスの感染源?米紙「生物兵器を漏らした」可能性を指摘

2014-07-05 阿部ブログ ・・・N1H1変異株の開発が行われたのは、米ウィスコンシン大学のインフルエンザ研究所(マディソン)。 新型コロナウイルスとの戦いは、これからが本番だと思いますが、まだ準備のできていない部隊にも早急に教育を施すなどして、緊急の体制強化が必要です。 明らかに人工的な痕跡が見られます。 ネットの反応 中国のコロナウィルスの感染源は「武漢病毒研究所」というウィルス研究所だとの指摘が出ている。 武漢の設備は最先端だったのかもしれないが、中国の安全基準は一般的に著しく緩いと言われている。

>

新型コロナウィルスは人工的な生物化学兵器だった証拠が判明!!?

ちなみにこのとき、「西陸網は人民解放軍の公式サイトなので、(生物兵器であることを)軍が公式に認めたことになる」とのフェイク情報も同時に拡散されている。 従来のウイルス性肺炎を起こすコロナウイルス(SARSなど)の場合は、肺で増殖し呼吸を困難にします。 なぜ今まで発見されなかったか?って話ですよ。 中国では、米国が中国国民に対して意図的に生物兵器を解き放ったという噂がインターネット上で拡散している。 果たしてそれは本当だろうか? 中国共産党が、国連の生物兵器禁止条約に署名しているにも関わらず、生物兵器の開発を軍事的優位性を得るための重要な鍵と見なしていることは有名な話だ。

>

武漢病毒研究所がコロナウイルスの感染源?米紙「生物兵器を漏らした」可能性を指摘

おかげで4カ月以上の隠蔽のあとでも感染経路が比較的分かりやすく、だからこそ封じ込め作戦も効果的だった。 新型コロナウイルスの場合、初期の感染段階ですでに体外への排出が多くなるのでしょう。 「関連した死者数」が 400人ですから、 そのうち何人かはコロナウイルスによる死者ではないのかもしれません。 インフルエンザの感染力が強いのは、病気の治りかけから治った後だと言われます。 化学兵器は一般的には毒ガスと呼ばれているため、空気のようなモノだと思っている方が多いかもしれません。

>