考える 技術 と 地頭 力 が いっきに 身 に つく 東大 思考。 「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく東大思考 / 西岡 壱誠【著】

【書評】東大思考 「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく / 「頭が良い人」の思考プロセスをロジカルに解説した本

学ぶ=生きることに共感した。 楽天サイトの紙版は、電子版は) 僕が出会ってきた「すごい東大生」の話をするたびに、こんなふうに驚かれる方がいます。 崖っぷちの状況で開発した「暗記術」「読書術」、そして「作文術」で偏差値70、東大模試で全国4位になり、東大合格を果たす。 常に目的を持って生活しているから、同じ時間を過ごしていても、または同じ会話をしていても、全然見える景色が違っているのです。 受験当日に「頑張ってね!」と激励の連絡が来るのは、周りの友達を「頑張ってね!」と日頃から応援している人です。

>

「東大生って友達少なそう」は偏見 勉強だけやっていた人は少ない

尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。 また、東大合格者に話を聞くと「それはまあ、当たり前にそういうことをしていたよ」と答える習慣があります。 しかし、内容は、技術を学ぶのではなく、「意識を変える」ことを強調されていました。 まずはこうやって、 数字をベースにして目標を立てて考えることがおすすめです。 思考力を深めたい人はぜひ一読を!. 頭の使い方を理解する一助となる「東大思考」。

>

「考える技術」と「地頭力」の東大思考をいっきに身につけるためにスパルタに挑戦してみた!|タカハシケンジ/書くンジャーズリーダー|note

逆に2浪してしまった僕の経験なのですが、 僕は偏差値35のときは友達がいませんでした。 「東大生の頭の良さ」にあこがれ、誰よりも深く研究することで、 偏差値35からの「奇跡の東大合格」を果たして人生を変えた筆者が、 どんな人でも「東大生の頭の良さ」を再現できる「5つの技術」を紹介します! 【著者からのメッセージ】 どんなに勉強しても偏差値35だった僕は、この「考える技術」にたどり着いたとき、 「頭の良さ」ってこういうことかーーと感動しました。 友達をつくり、人に説明する。 「勉強以外、何もしていない」という偏見 「東大生って、友達が少なそう」「学生時代に勉強ばっかりしていた、友達が少ない人が多いんじゃないか?」 そんなふうに考えている人は多いのではないでしょうか? まあ、たしかにそんなイメージありますよね。 そのノウハウを全国の学生や学校の教師たちに伝えるため、在学中に株式会社カルペ・ディエムを設立、代表に就任。

>

【書評】東大思考 「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく / 「頭が良い人」の思考プロセスをロジカルに解説した本

われわれ事務局は、まさにTongaliプロジェクトの活動とつながっていると感じました。 数学は 「これを数式で説明できますか?」、理科や社会は 「この現象、この出来事、この時代、この人物を説明できますか?」と聞かれています。 頑張って40ページくらいは終わらせたい。 これが実はすごく大事なことなのに、そうできていなかったわけです。 僕は2浪したあと、友達ができました。

>

「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考 / 西岡壱誠【著】 <電子版>

こんな僕にもできたんですから。 こんな僕にもできたんですから。 その違いは、どんなところから生まれるのか?」「頭が悪い側の僕が、少しでも頭が良い側に回るためには、どうすればいいのか?」 僕はずっと、そんなことを考えながら生きてきた人間です。 偏差値35から東大を目指すも、現役・一浪と、2年連続で不合格。 東大の中でも 「推薦合格の人ってやっぱり、普通に合格した人たちとは全然違う、社会に出ても活かせる頭を持っているすごい人たちだよね」と評価されています。 そのために、東大生がよくやっている工夫が2つあります。 実際はもっと行動に落とし込めるレベルで説明されている。

>

「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく東大思考 / 西岡 壱誠【著】

具体的と抽象的=ミクロとマクロな視点を持つことで本質を捉えられる。 まとめ 本書は5つの思考法について具体的にどう考えればいいか、という思考プロセスについてロジカルに解説。 いかがでしょうか? 友達がいることと受験勉強は一見、結びつかないように感じられるかもしれませんが、 実は大きくつながっているのだと僕は思います。 偏差値35から東大を目指すも、現役・一浪と、2年連続で不合格。 ジャンルでさがす• しかし、書いてあることをそのままやれば一回の読書での記憶への残り方が段違いに違うのがわかる。

>

『「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考』著者:西岡壱誠さん

こんなふうに、 さまざまなところで「他人に説明する勉強」をしていた人がほとんどなのです。 こんな僕にもできたんですから。 数週間の努力であればもしかしたらなんとかなるかもしれませんが、数カ月・年単位で努力を継続しなければならない受験においては、 周りの友達や、親や、先生や、学校がバックアップしてくれている環境でないと合格は難しいのです。 西岡さんは、なんと、 偏差値35から東大に合格したという経歴の持ち主なんですよね。 例として、本書では「1853年のペリー来航」という出来事を覚える時の思考プロセスについて解説しています。 フェア• 人前で話をして、わかりやすく相手に伝えることに慣れている。 「バラバラに、どんな目標でもいいから3個つくってみよう!」ということではなく、 「最低でもこれはクリアしたいな」という最低ラインの目標と、 「ここまでできたら最高だな」という最高ラインの目標、 「現実的にはこれくらいなんだろうな」という中間ラインの目標の、 「松竹梅」の目標をつくるのです。

>