ケン オートメーション。 会社概要|ケン・オートメーション

内部欠陥検査|ケン・オートメーション

このニーズはレース用の高価なエンジンだけでなく、汎用のエンジンでも同様の傾向である。 サーモグラフィ非破壊検査装置(edevis社)• 譲渡する事業の20年3月期の売上高は124億4900万… 2019年1月16日(水)〜18日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催中の「第11回オートモーティブワールド」。 しかしながら、従来の粗さやフリクション測定では、ワークピースの抜き取り検査による、接触式スタイラスによる直線状の凹凸検査が主流で、時間が掛かるうえ、非接触でインライン全数検査ができていない。 ここでは、新しい光学式の散乱光を使用した非接触でインライン粗さ・真円度測定、フリクションの定量測定について述べる。 今回は、サンケン電気・半導体事業本部を講師に招き「スマート社会に向けて」の取り組みを学んだ。

>

会社概要|ケン・オートメーション

ここでは散乱光を使用した非接触表面粗さセンサの測定事例を紹介したが、このセンサはただ単に従来の接触式粗さ測定の代用であるだけでなく、2000Hzの高速サンプリングにより、今まで接触式の粗さ測定ではできなかったインライン全数測定検査を可能にしている。 橋をふたつ(万里橋・浅山橋)越えます。 圧力分布測定装置(XSENSOR社)• , Nishi-ku, YOKOHAMA 220-0023 TEL : 045-290-0432 電車でお越しの方• 下記の必要項目にご記入いただき、最後に【内容を確認する】ボタンを1度だけ押してください。 非接触粗さ測定では粗さ測定だけでなく、フリクションに直結する表面の平滑面の割合を定量化できる。 。 JR「横浜」駅より徒歩 10分 10 minutes walk from JR Yokohama station East Exit 東口より出て、右手へ進みます。

>

内部欠陥検査|ケン・オートメーション

橋を渡り、しばらく進むと信号機のある交差点に出ます。 大きな交差点(平沼1)を過ぎ、次の信号の少し手前。 監視用赤外線カメラ(FLIR社、NIT社、noxant社)• 非接触表面性状検査機• 圧力分布測定装置 他• 特に自動車エンジンのアイドリングストップのように頻繁に繰り返されるストップとスタートでは、各構成部品のフリクション低減と定量化が求められている。 社名 株式会社ケン・オートメーション 所在地 〒220-0023 神奈川県横浜市西区平沼1-11-12 横浜KMHビル5階() 電話番号 045-290-0432(代表) FAX 045-321-6590 代表取締役 社長 矢尾板 達也 会社設立 平成2年2月17日 決算期 12月(年1回) 資本金 五千万円 取引銀行 みずほ銀行 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 横浜銀行 業務内容 (取扱い商品)• 非冷却型赤外線カメラ(FLIR社)• このため研削加工の後で全数ワークピースの表面の計測履歴を残すことは、不具合品を排除することはもとより、後で問題が発生した際の機敏な対応に役立つ。 先端技術や製品を写真と解説つきでお届けする。

>

会社概要|ケン・オートメーション

また、赤外線カメラ(SC7000、SC655等)をお持ちの場合、コンバータとテラヘルツ波発生機を追加することにより、当検査機として利用が可能になります。 外部エネルギーとの最適な組み合わせにより、金属の溶接・接着・嵌合部検査、複合材や樹脂材の接着部検査など幅広い分野の検査にご利用いただけます。 テラヘルツと赤外線サーモグラフィを供用して 内部状態を可視化 テラヘルツIR非破壊検査装置は透過や反射したテラヘルツ波を熱エネルギーに変換するコンバータと赤外線カメラを用いてサーモ画像としてとらえ、内部の状況を可視化します。 この手法により非破壊検査を非接触かつ通常のドライな環境下で行えることが大きな特長となっています。 一方、光学式の非接触粗さ測定では非常に細かな凹凸を含んだ全ての表面性状が検出データに反映され、表面性状は図5に示されるような反射特性を示すので加工工程が同じであればAq値はRzと相関性があり、Aq値をモニタリングすることで接触式のRzに相当する粗さ測定を定量化できる。

>

お問い合わせ|圧力分布、面圧測定のケン・オートメーションのXSENSOR

また、検査システムとしてインラインに組み込むことも可能です。 図10 ギアシャフトの真円度測定 まとめ 燃費の低減のニーズにより、より摺動抵抗の少ない研削・ラッピング加工面が求められている。 特長として透過性の高いテラヘルツ波を用いている事、X線や超音波といった方式に比べ取扱いが容易な事、また現場に移動して比較的大きな面積の検査が可能な事などが上げられます。 このため研削加工の後で全数ワークピースの表面の計測履歴を残すことは、不具合品を排除することはもとより、後で問題が発生した際の機敏な対応に役立つ。 テラヘルツIR非破壊検査装置(neTHIS社)• サンケン電気は、パワーシステム事業のうちの社会システム事業を、2021年2月1日付けで同社の子会社のサンケン電設に承継させた上で、4月1日付けでサンケン電設株全部をGSユアサに譲渡する。

>

お問い合わせ|圧力分布、面圧測定のケン・オートメーションのXSENSOR

IDECは、4月から操作用スイッチをはじめ、防爆機器、安全機器、盤用機器などを中心に10~20%価格を値上げした。 今後とも、お客様の個々のご要望に対し海外メーカーとの緊密な協業のもと、より一層ご安心・ご満足いただけるサービスをご提供できるよう創造的な技術集団を目指してその充実に努めてまいります。 渦流検査機(ibg社)• これらの装置は日本の基幹産業である自動車産業を始めとし航空・宇宙、防衛産業など幅広い分野で多くのご支持をいただいております。 この場合、超音波ホーンの接触は必要ですが、同じく通常のドライな環境で検査が可能です。 高性能冷却型赤外線カメラ(FLIR社)• 赤外線サーモグラフィカメラ関連• 原材料価格の上昇に加え、物流費や人件費の増加、さらには需要減少によるコストアップや需要急増による調達難など、理由はさまざまだ。 左側のビル(横浜KMHビル)の5Fになります。

>

会社概要|ケン・オートメーション

また接触式の粗さ測定では測定スタイラス先端の曲率R以下のワークピース表面の凹凸は測定には含まれない。 また、研削加工は砥石の切れ味やクーラントの掛け方や温度、材料の硬度や粘性といったバラツキにより、常に同じ条件では行われていない。 東京営業統括部・野口敏雄氏による会社および事業紹介が行われた。 自動運転、クルマの電子化・電動化、コネクティッド・カー、軽量化など、自動車業界における重要なテーマの最新技術が一堂に集まる展示会です。 接触式ポータブル3D測定装置(Metronor社) 〒220-0023 神奈川県横浜市西区平沼1-11-12 横浜KMHビル5階 Hiranuma 1-11-12, Yokohama KMH Bldg. このキットは、LEDに高効率で安定した定電流を供給する実験用・教科実習用ドライバーで、LEDを使用した時のノイズ発生や照明のチラツキなどといった周囲環境への影響を検査することができる。

>