四面楚歌 書き下し文。 史記『四面楚歌』(項王軍壁垓下〜)わかりやすい現代語訳・書き下し文と解説 : 古文教室

史記:項王の最期『四面楚歌』問題1

漢軍と諸侯の兵は、これを幾重にも取り囲んだ。 烏江亭長檥船待。 左右の者たちも皆泣き、誰も仰ぎ見ることができなかった。 常に幸せられて従ふ。 どちらも強い国だったのですが、この戦いは 劉邦が有利に戦いを進めます。

>

史記 「四面楚歌」 現代語訳

兵士は少なく食料も尽き果てた。 いつも項王に寵愛され、付き従っていた。 詳しくは「三国志」などで! ここでは「項王は楚の人」ということだけ分かっていれば大丈夫です。 〈juppo〉項王といえば、以前「項王の最期」を描きました。 夜聞漢軍四面皆楚歌、 夜漢軍の四面皆楚歌するを聞き、 ・ 四面 … 周囲 ・ 楚歌 … 楚の地方の歌を歌う 夜、漢軍が四方で皆楚の国の歌を歌うのを聞き、 項王乃大驚曰、 項王乃ち大いに驚きて曰はく、 ・ 乃(驚きの語気を表す) ・ 乃ち(読み:すなわち) 項王がたいそう驚いて言うには、 「漢皆已得楚乎。 側近たちも皆泣き、仰ぎ見ることのできるものはいなかった。 面(めんシ、そむキ) - 面を「めん」と読むか「そむク、そむキ」と読むかで意味が変わる。

>

四面楚歌(しめんそか)の由来・使い方をイラストで解説!

美人有り、名は虞。 <現代語訳> 項王軍は垓下の城壁の中に立てこもった。 駿馬、名騅。 項王泣数行下る。 項 こう 王 おう 則 すなわ ち 夜 よる 起 た ちて 帳 ちょう 中 ちゅう に 飲 いん す。 項王の軍垓下に壁す。

>

「四面楚歌」の由来となった物語 【意味・例文・年表・歴史地図】

常幸従。 漢軍及諸侯兵、囲之数重。 項 こう 王 おう 泣 なみだ 数 すう 行 こう 下 くだ る。 項王泣数行下る。 左右皆泣き、能く仰ぎ視るもの莫し。 独り(ひとり)項王の殺すところの漢軍、数百人なり。

>

「四面楚歌」の由来となった物語 【意味・例文・年表・歴史地図】

項王泣数行下。 兵少、食尽。 左右皆泣き、能く仰ぎ視るもの莫し。 劉邦軍の騎兵隊長・ 呂馬童 りょばどうを見て「お前はわしの顔なじみではないか」と言うと、相手も項羽を見て「ああこれは項王だ!」と叫びます。 朝の4時ごろ奥多摩を出発するコースにしろとあれほど言ったのに、てなことにならないでしょうか。

>

書き下し文のきまり

兵少食尽。 漢軍及諸侯兵、囲之数重。 私はこれを描くまで、楚の歌イコール敵国の歌だと思っていました。 「幸」は"寵愛する"だが、ここでは意味的に受身でとるべきである。 項王ははらはらと涙を流した。

>

四面楚歌(しめんそか)の意味!現代語訳でわかりやすくまとめたよ!

『鴻門之会』のあと、項羽は楚の王として即位し、沛公を漢王として当時は田舎であった蜀の地に追いやる。 長者(ちょうじゃ) - 徳の高い人。 縦江東父兄憐而王我、我何面目見之。 何〜也 (なんゾ〜や) 何楚人之多也 (なんゾそひとのおおキや) 「何〜也」で「なんぞ〜や」と訓読して、「なんと 〜 なことよ」という 詠嘆(えいたん)を表す。 常幸従。 籍(せき)独り(ひとり)心(こころ)に愧ぢ(はぢ)ざらんや この籍(=項羽)、一人(ひとり)心に、恥じぬことがあろうか。 兵の数は少なく、食料も尽きてしまいました。

>