テルビナフィン 塩酸 塩 クリーム 1。 テルビナフィン塩酸塩クリーム1%「日医工」の効果・用法・副作用

テルビナフィン塩酸塩クリーム1%「MEEK」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

(60歳代開業医、脳神経外科) 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 ・接触皮膚炎が少なく、爪にもある程度は効くようだ。 粘膜なので。 膣錠は処方されていませんか? 処方されていないのであれば、膣錠は 入れてくれているとは思いますが。 (40歳代病院勤務医、皮膚科)• (40歳代病院勤務医、皮膚科)• (40歳代開業医、代謝・内分泌内科)• 溶けて出てきたらトイレットペーパーでとるだけにして下さいね。 。 本品1. ジェネリックも出ていてコストパーフォーマンスが良い。

>

塩酸テルビナフィンクリーム1%「マイラン」の添付文書

禁忌 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (60歳代開業医、一般内科)• 薬のカテゴリ• ・昔から使っていますが、特に問題がないのでずっとこれです。 ・長く使っていて効果も実感しているし、副作用も経験していないから。 ・後発医薬品があって、効果が確実。 (その他の注意) 動物実験(モルモット)において、本剤に弱い光毒性が認められている。 不思議なことに、ラミシールクリームはそれがほとんどない。 (50歳代病院勤務医、皮膚科)• その他の注意 動物実験 モルモット において、本剤に弱い光毒性が認められている。

>

医療用医薬品 : 塩酸テルビナフィン (塩酸テルビナフィンクリーム1%「マイラン」)

妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。 (40歳代病院勤務医、小児科)• ・1日1回塗布でよく使い慣れている。 1週間ぐらいで落ち着いてきます。 ・多くの抗真菌剤は接触皮膚炎を起こしやすい。 (50歳代開業医、整形外科)• 膣内は膣錠で治していきます。 (適用上の注意) 眼科用として角膜・結膜には使用しない。 (60歳代開業医、循環器内科) 外用抗真菌薬 この薬をファーストチョイスする理由(2017年6月更新)• 効果も安定していて副作用も許容内。

>

テルビナフィン塩酸塩クリーム1%「日医工」の効果・用法・副作用

塗る回数は、決められた回数だけにして下さいね。 誤って眼に入った場合は、刺激症状が現れることがあるので、流水で十分に目をすすぐ。 (50歳代開業医、一般内科) 外用抗真菌薬 この薬をファーストチョイスする理由(2016年5月更新)• 有効性や安全性も実感している。 16 処方薬の通販. その結果、テルビナフィン塩酸塩クリーム1%「イワキ」と標準製剤は同様に優れた治療効果を示し、両剤間に有意な差は認められず、両剤の生物学的同等性が確認された。 。 (40歳代病院勤務医、その他診療科)• (50歳代病院勤務医、皮膚科)• (60歳代病院勤務医、内科系専門科)• ・小児のカンジダ皮膚炎に処方している。 また、テルビナフィン塩酸塩外用液1%「イワキ」及び標準製剤(液剤、1%)において同様の試験を行った結果、両剤の治療効果に有意な差は認められず、両剤の生物学的同等性が確認された。

>

塩酸テルビナフィンクリーム1%「マイラン」の添付文書

入れてくれていれば1週間タイプのものだと思います。 適用上の注意 眼科用として角膜・結膜には使用しない。 カンジダの治療は抗真菌薬の塗り薬と膣錠で治していくので痒み止めは、入っていないためすぐには痒みは治らないです。 誤って眼に入った場合は、刺激症状が現れることがあるので、流水で十分に目をすすぐ。 ・使用経験が長く、使い慣れている。

>

テルビナフィン塩酸塩クリーム1%「MEEK」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

・内服・外用があり、外用もローション・クリーム・スプレーなどいくつものパターンがあり、患者さんの希望により使い分けられる。 生物学的同等性試験 モルモットに白癬菌(Trichophyton mentagrophytes)、癜風菌(Malassezia furfur)およびカンジダ菌(Candida albicans)を接種し、各々感染モデルを作成した(n=10)。 薬効・薬理 真菌細胞内の酵素を阻害し真菌の増殖を抑えます。 ちなみに爪白癬にはルリコナゾール、カンジダ症にはケトコナゾールが多いです。 有効成分に関する理化学的知見. (小児等への使用) 低出生体重児、新生児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。 ・刺激感が少ないこと、後発品もいろいろあるので患者の経済的負担も少ないことが主な理由。

>

テルビナフィン塩酸塩クリーム1%「サワイ」

良好な治療効果が得られたため、そのまま継続しています。 ・抗真菌作用が、特に白癬に対して強いから。 (適用上の注意) 眼科用として角膜・結膜には使用しない。 (50歳代開業医、一般内科)• (妊婦・産婦・授乳婦等への使用) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用する[妊娠中の使用に関する安全性は確立していない]。 (40歳代病院勤務医、皮膚科)• (小児等への使用) 低出生体重児、新生児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。

>