ビルダグリプチン 添付 文書。 エクア錠50mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

DPP4阻害薬の比較・使い分け【腎機能用量調節と薬価と...】

高齢者への投与 高齢者では、腎機能、肝機能等が低下していることが多く、また脱水症状を起こしやすい。 胃腸障害• 6).血糖降下作用を減弱する薬剤(アドレナリン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、卵胞ホルモン、利尿剤、ニコチン酸、フェノチアジン系薬剤等)[血糖値が上昇してコントロール不良になる恐れがあるので、血糖値、その他患者の状態を十分に観察しながら投与する(血糖降下作用の減弱による)]。 ・メトホルミンは第一選択薬でエビデンスもしっかりしている。 Copyright C Japan Pharmaceutical Information Center. 一般に小児での多毛の発現率は成人に比べ高い傾向がある。 これらの薬剤が本剤の吸収を阻害すると考えられる。 1.高齢者では、腎機能、肝機能等が低下していることが多く、また脱水症状を起こしやすい(これらの状態では乳酸アシドーシスを起こしやすい)ので、本剤の投与開始前、投与中は定期的に、特に慎重な経過観察が必要な場合にはより頻回に腎機能や肝機能を確認するなど十分に観察しながら慎重に投与する[メトホルミンはほとんど代謝されず、未変化体のまま尿中に排泄され、また、肝機能の低下により乳酸の代謝能が低下する]。 肺機能に高度障害• 経口摂取が困難• 心臓障害: 頻度不明 動悸。

>

エクア錠50mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

副腎機能不全• (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しない[動物実験(ラット、ウサギ)でビルダグリプチン及びメトホルミンの胎仔への移行が認められており、また、動物実験(ラット)でメトホルミンの催奇形作用が報告されており、また、妊婦は乳酸アシドーシスを起こしやすい]。 レパグリニド レパグリニドの血中濃度が上昇し、血糖降下作用が増強するおそれがある。 8.低血糖及び低血糖症状を起こす恐れがあるので、高所作業、自動車の運転等に従事している患者に投与するときには注意する。 血糖降下作用を減弱する薬剤 アドレナリン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン等 [血糖値が上昇してコントロール不良になる恐れがあるので、血糖値、その他患者の状態を十分に観察しながら投与する 血糖降下作用の減弱による ]。 やむを得ず切り換える場合は、血中濃度の測定を頻回に行うとともに患者の状態を十分観察し、必要に応じて投与量を調節すること。

>

医療用医薬品 : エクア (エクア錠50mg)

授乳婦• 本試験で低血糖症は認められなかった。 その他の注意• 栄養不良状態• 発熱、下痢、嘔吐、食事摂取不良等の体調不良 シックデイ の時は脱水状態が懸念されるため、いったん服用を中止し、医師に相談する。 (「4. 海外添付文書情報• ビルダグリプチン及び併用薬の薬物動態は変化しなかった。 本剤投与中において、本剤の投与がビルダグリプチン及びメトホルミン塩酸塩の各単剤の併用よりも適切であるか慎重に判断する。 8週間の投与でも改善がみられない場合には投与を中止すること。 重度腎機能障害• 2.処置:過量投与が認められた場合は本剤の投与を中止し、適切な処置を行い、乳酸アシドーシスが認められた場合は、アシドーシスの補正(炭酸水素ナトリウム静注等)、輸液(強制利尿)、血液透析等の適切な処置を行う(なお、ビルダグリプチンは血液透析により除去されない)。

>

医療用医薬品 : ピオグリタゾン (ピオグリタゾン錠15mg「NP」 他)

2).脱水症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 糖尿病の診断が確立した患者に対してのみ適用を考慮する。 副作用」の項参照) 不規則な食事摂取、食事摂取量の不足〔低血糖を起こすおそれがある。 健康成人男子(4例)に14C標識したビルダグリプチン100mgを単回経口投与したとき、168時間以内に投与した放射能の85%が尿中に、15%が糞中に排泄された。 25 の範囲内であり、両剤の生物学的同等性が確認された。 【用法及び用量】の項参照) 実薬対照二重盲検比較試験 食事療法、運動療法のみで血糖コントロールが十分に得られていない2型糖尿病患者(380例)を対象に、本剤50mg1日2回又はボグリボース0. 乳酸アシドーシス• 検索結果は、最新の添付文書がHITM形式で製品毎に表示されます。 また、肝機能障害が悪化するおそれがある。

>

エクメット配合錠HD

高カリウム血症の副作用が相互に増強されると考えられる。 米NIHが運営するサイト。 (【禁忌】の項参照) 乳酸アシドーシスの症状(胃腸障害、けん怠感、筋肉痛、過呼吸等)があらわれた場合には、直ちに受診すること。 本剤とインスリン製剤との併用投与の有効性及び安全性は検討されていない。 左記の併用に加え更に本剤を併用する場合には、糖尿病用薬の使用上の注意に記載の相互作用に留意するとともに、本剤のインスリン抵抗性改善作用が加わることによる影響に十分注意すること。

>

DPP4阻害薬の比較・使い分け【腎機能用量調節と薬価と...】

〕 腹部手術の既往又は腸閉塞の既往〔腸閉塞を起こすおそれがある。 今回、ある患者さんで、イグザレルトの投与量が適性を確認した際、偶然、ジャヌビアの方がCrClの縛りに抵触したことに気付きました。 投与中は、定期的に尿検査等を実施し、異常が認められた場合には、適切な処置を行うこと。 〕 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者〔低血糖を起こすおそれがある。 ,n=16) 血漿中濃度並びにAUC、Cmax等のパラメータは、被験者の選択、体液の採取回数・時間等の試験条件によって異なる可能性がある。 たん白同化ホルモン剤 低血糖症状が起こるおそれがある。

>

一般財団法人日本医薬情報センター(JAPIC)

【用法及び用量】の項参照)(外国人のデータ) ビルダグリプチンは基底膜側の有機アニオントランスポーター、有機カチオントランスポーター、ペプチドトランスポーター等によって輸送されない。 低血糖のリスクを軽減するため、スルホニルウレア剤又はインスリン製剤の減量を検討すること。 その他の注意• 5時間に延長された。 3.糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡又は糖尿病性前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である]。 また、ボセンタンはCYP3A4を誘導するため、本剤の代謝が促進され、血中濃度が低下すると考えられる。 本剤投与中は、血糖、尿糖を定期的に検査し、薬剤の効果を確かめ、本剤を3ヵ月投与しても効果が不十分な場合には他の治療法への変更を考慮すること。 食事摂取量不足• 特に、スルホニルウレア剤又はインスリン製剤と併用する場合、低血糖のリスクが増加するおそれがある。

>

医療用医薬品 : エクア (エクア錠50mg)

セイヨウオトギリソウ(St. また、寛解例で本剤投与中止後に再燃したため再投与する場合の有効性及び安全性については、十分な評価が確立していないので、患者の状態をみながら治療上の有益性が優先すると判断される場合にのみ投与すること。 英国の処方薬に関する検索が出来ます。 経口摂取が困難• 特に移植直後は頻回に血中濃度測定を行うことが望ましい。 両剤を併用した際の臨床試験成績はなく、有効性及び安全性は確認されていない。 副作用」の項参照) 次に掲げる患者又は状態〔低血糖を起こすおそれがある。 重要な基本的注意」の項参照) 軽度の腎機能障害〔乳酸アシドーシスを起こすおそれがある。

>