東芝 横浜 事業 所。 東芝エネルギーシステムズ株式会社ウェブサイト トップページ

東芝府中事業所でローカル5G活用したスマートファクトリーのトライアル

(12月09日)• (株)東芝 横浜事業所 総務部 主務 浅場弘之(あさば・ひろゆき)さんのお話し おかげさまで当事業所も今年で35周年を迎えることもできました。 製品技術サービス• 今年、参加できなかった方、ぜひ来年は東芝の夏まつりに行ってみてください。 左は(株)東芝横浜事業所・小野所長、 右は(株)東芝労働組合横浜支部・高荷(たかに)執行委員長 さんのものまねショー。 役員情報• 安全衛生への取り組み• 再生可能エネルギー• 実は、磯子区で一番人が集まるお祭りかもしれません。 今後、深谷事業所の建物の解体を順次進めるとともに、跡地の活用・処分については検討するとしている。 (株)東芝 横浜事業所について 横浜事業所では主に各種の技術開発が行われているそうです。 なお、蓄電池には、高い安全性、長寿命などの特徴を持つ東芝グループ製のリチウムイオン二次電池「SCiB」が採用されている。

>

拠点・関係会社情報:企業情報

1970~ 1970年(昭和45年) 生産技術研究所 発足 1980~ 1983年(昭和58年) 新杉田地区(横浜事業所内)に集結し、クリーンルーム、精密機器関連設備を強化 1990~ 1992年(平成4年) 「新研究棟」を磯子地区に設立し、事業場名を「生産技術研究所」に変更 1997年(平成9年) ISO-14001認証取得 1999年(平成11年) 名称を生産技術センターに変更し、名実ともに東芝グループの生産技術センターとして再スタート 2000~ 2001年(平成13年) 子会社 株 マニュファクチャリングソリューション設立 2010~ 2010年(平成22年) 創立40周年、横浜事業所に統合 2020~ 2020年 創立50周年. (12月08日)• (12月08日)• IoT(モノのインターネット)を駆使した性能監視などのサービスメニュー拡充にも協力している。 「なかなか壊れないから、実際に使ってもらえれば高い信頼性を理解してもらえる」(柴垣所長)。 運転開始後に蒸気タービンのケーシングで起きる熱変形をレーザーで計測する技術など定検期間短縮に貢献する技術も開発した。 関係会社紹介• (12月09日)• (12月08日)• クリーンエネルギー発電• 性能向上と寿命延長を目的とした部品交換や、定期検査への対応に力を注ぐ方針を示す。 官公庁・ビル設備• 製品技術サービス• PCBを含む電気機器への対応情報 平成13年に施行された、「ポリ塩化ビフェニ-ル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」により、 事業者は、保管中及び使用中のPCB入り電気機器を定められた期限までに処分する必要があります。 火力案件の多い東南アジアなどでは、現地メーカーと組んでヒーターや復水器を現地で製造する取り組みも進めている。 インドの工場で一部部品を作り、京浜事業所で最終的に組み立てるなどして、多くの顧客が求める「メイド・イン・ジャパン」ブランドを両立させている。

>

拠点

磯子マガジンの知り合いの方にもお会いしました。 そんな電池が、地元・磯子区での開発研究を経て商品化されるなんて、とても楽しみですね。 現場の技術力を磨く 顧客の信頼を獲得するためには現場の技術力も欠かせない。 研究開発• その後、構造改革等を経て、近年は東芝グループのティ・ディ・ピー(TDPI)が航空機用ブラウン管の製造を継続していたが、TDPIが本ブラウン管の製造を2021年3月末に終了する予定であることを受け、深谷事業所の閉鎖を決定した。 柴垣所長は「国内や東南アジアの石炭火力など受注残は十分あるので現在は忙しい状況」と話す。

>

東芝エネルギーシステムズ株式会社ウェブサイト トップページ

copyright c 2006 Isogo Magazine all rights reserved. マイクロ水力発電設備• 太陽光発電(PV)がある場合は、VPP運用による電力と合わせて、PVの余剰電力も利用するという。 右は地元・磯子区出身の、あの昭和の歌姫のものまねです。 Toshiba America Electronic Components, Inc. 「まだ乾いてない!」という浴室乾燥機でのありがちな悩みから解放される日も近いかも?• おまつりが地域に根ざしている証拠ですね。 企業情報• 今回のサービス開始は、神奈川県横浜市が2016年度から推進している「横浜型VPP構築事業」の一環として、市内の小学校11校に設置された蓄電池の運用に、東芝ESのVPP運用サービスを適用するもの。 柴垣所長は「納期通りに作る上で人間の力が大きい」と技能にこだわる理由を語る。 再生可能エネの導入拡大に伴い、今後は分散型電源的に利用される中小型火力が増えるとみられている。

>

沿革|東芝 生産技術センター

東芝は10月16日、グループのリチウムイオン二次電池事業の生産体制強化のため、横浜市磯子区の横浜事業所内に新工場を建設すると発表した。 (12月09日)• (12月09日)• 東芝の映像や電子デバイス事業の中核拠点として、テレビを始めとした映像製品や、ブラウン管、液晶ディスプレイなどの部品を生産してきた。 深谷事業所は、1965年に日本初のカラーテレビ専門工場として操業を開始し、1969年にはブラウン管工場が操業を開始。 電力変電系統設備関連• 予めご了承ください。 だが、再生可能エネルギーの急速な低コスト化や石炭火力への逆風もあり、火力を巡る事業環境は厳しい。

>

経営再建中の東芝。復活の鍵握る京浜事業所に現場力を見た

右の写真はスーパーボールすくい。 消費者課題• ローカル5Gは免許を取得した事業者が自己土地内で独自に構築・運営することができる5Gネットワークです。 (12月09日)• (12月08日)• (12月09日)• 編集部が選ぶ関連記事• でも、ステージ・ショーはもちろん、会場にはたくさんの出店が出たり、抽選会があったりと、とっても賑やかなお祭りでした。 三菱地所、富士通、ソフトバンク、東京大学大学院工学系研究科 大澤研究室が、業種を超えたデータ活用型の共創活動で新たな事業やサービスの創出を目指す、産学連携の実証実験を開始。 (首都高速湾岸線)でおり、所要時間約2分 お車でご来社の場合は南門をご利用下さい。

>

東芝エネルギーシステムズ株式会社ウェブサイト トップページ

縁日コーナーも充実してました。 関連リンク• 今後の市場拡大が見込まれるため、現在、製造を担う新潟県柏崎市にあるTISS柏崎工場に加えて、新たに東芝横浜事業所内に工場を建設する。 ものすごく広い会場に、ご覧のとおり人がギッシリ。 事業紹介• 電力の安定供給が可能になる他、需要管理などによって、天候の影響を受けやすい再生可能エネルギー(再エネ)の効率的な活用が可能になる。 エンジニアリング• コストを下げるには製造期間の短縮が不可欠。

>

東芝、深谷事業所を閉鎖

事業場紹介• 2016年度「横浜型VPP構築事業」の取り組み概要(出典:) 2018年5月には、VPPの本格導入を拡大する取り組みを開始。 素材などを安く供給できる海外のメーカーを開拓し、品質向上に協力するなどして育て上げている。 左は誰のものまねか説明不要ですね。 現在、深谷事業所に勤務する東芝グループ従業員は、東芝グループ内の他拠点で勤務を継続する予定。 供給期間は、2019年1月1日から2024年12月31日までの6年間。 さて、磯子マガジンは会場に入ってビックリ。 労働慣行• 国内火力発電設備• 他の機器も含めて2年間分ほどの受注残を抱えているという。

>