ルーナ ラブ グット。 ルーナ・ラブグッド役イヴァナ・リンチが劣化!?熱愛彼氏とは!?

ハリーポッターはルーナラブグットと結婚した方が良かったと思いますルー...

そのためクィディッチが上手く、第5巻からはグリフィンドール代表チームのメンバーとして試合に出場する。 アンジェリカ・コール 主人公が1年生のときの監督生で、4学年上の女子生徒。 作中に名前がたびたび登場する。 後者のタイプであまりにも突飛だったり頭が悪いといじめられる。 呪文が飛び交っても差し支えない などの条件を満たす場所はなかなか見つからなかったが、(映画版ではが偶然発見)の情報提供により、2回目以降「」で会合が行われるようになる。 戦闘中、人狼のに噛みつかれそうになるが、ハーマイオニーに助けられて生き残る。

>

【ハリーポッター魔法同盟】ラックスパートの種類|ポートキー報酬まとめ【ハリポタGO】

インテリで理論的な生徒の多いレイブンクロー寮の中、ルーナは空想的で変わり者だったので、友達がいなく、物をかくされたりといったいじめにあっていた。 ホグワーツでの決戦にも参加し、生き残る。 というのも、もし落ちて、他の子がルーナ役をやっていて、うちの子がそれを見たら・・・、 そんなの耐えられないわ!! そんな両親の心配を他所にオーディションに出場し、見事ルーナ役を勝ち取ったエバちゃん。 Thank you for giving us Luna and her inspired radish earrings! 瞳の色は薄いグレー。 作中ではシーカー(ハリーの代役)とチェイサーを務めるが、本人はゴールで得点する方が好きだと語る。 正義感も強く、ルーナをいじめる生徒に対してしばしば注意をする。

>

ルーナ・ラブグッド (るーならぶぐっど)とは【ピクシブ百科事典】

確かに自分も原作で不死鳥の騎士団を読んだ時に『新キャラのルーナがヒロインになったのかこれ?』と思った程でした。 — Harry Potter Film HarryPotterFilm ルーナ・ラブグッドのプロフィール ルーナ・ラブグッドは英国出身の純血か半純血の魔法使い。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• また、ハーマイオニー、ジニーと共闘で、とのバトルを始める。 魔法省がヴォルデモートの復活を認めたあとも家族とは膠着状態が続くが、第7巻で自分の過ちを認め、ホグワーツ最終決戦参加時に家族と和解し、父とともにを打ち倒す。 チョウをハリーに取られるのが癪だったんだろ。 長い金髪を三つ編みにしていて、ルームメイトのとは外見上の類似点がある。

>

ルーナラブグッドが死んだ説と名言まとめ!結婚や吹替え声優も

ヴォルデモートや死喰い人との戦いが終わって以降にホグワーツへ入学する人物。 原作小説では、闇の印が刻まれているかは明確に記されていないが、マダム・マルキンの洋装店で左腕を見せるのを酷く嫌がり、ボージン・アンド・バークスの店では腕を見せて店主を脅す場面がある。 その後の消息は描かれていないが、第7巻後半では人さらいの尋問を受けたハーマイオニーが、捕縛を逃れるためペネロピーの名を使う。 チョウ・チャン(Cho Chang) 演 - (映画版) 日本語吹き替え - (映画版) ハリーの1学年上の女子生徒。 その反面、人が言いにくい真実を言い当てることもある。 信頼していたスネイプに対しても心を閉ざし 、閉心術を使用する。

>

ルーナラブグッドが死んだ説と名言まとめ!結婚や吹替え声優も

映画版は『賢者の石』『秘密の部屋』に登場。 よく校内への持ち込み禁止アイテムをノクターン横丁で仕入れる、規則破りの常習犯。 『炎のゴブレット』では、ロンにハリーのサインをもらうよう約束する。 ロンドン出身の黒人で、界育ちの魔法使い。 の友人で、第6巻では呪いのかけられたネックレスを手にしたケイティに、手放すよう説得する。

>

ルーナ・ラブグッド (るーならぶぐっど)とは【ピクシブ百科事典】

第5巻ではダンブルドア軍団に参加してハリーとの交流を深め、ふたりは恋人として交際を開始する。 カシウス・ワリントン(Cassius Warrington) 演 - Ashley Hull(映画版) スリザリン代表チームのチェイサー。 映画では「ナーグル(実在しない魔法生物)のせいだろう」と割り切っていた。 コーマック・マクラーゲン(Cormac McLaggen) 演 - (映画版) 日本語吹き替え - (映画版) ハリーの1学年上の男子生徒。 この時ルーナは雑誌「ザ・クィブラー」を逆さに読んでいたり、杖を安全に保管するため左耳に挟んでいたり、バタービールのコルクのネックレスを身につけていたりと変人ローラが漂っていて、ネビルはこのコンパートメントを見た瞬間に出て行こうとしたほど。 ちなみに映画では、ルーナはシックな暗いピンクの色合いながら、フリルのいっぱいついたふわふわのドレス(原作ではスパンコールのついた銀色のローブ)、ハリーはダークなシャツとネクタイにローブでした。 また、よく比較されるジニーが、ハリーと両想いになる前に「恋多き女」であることも影響しています。

>