石油 天然 ガス 金属 鉱物 資源 機構。 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構の年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)|エン ライトハウス (9350)

石油天然ガス・金属鉱物資源機構

タクシーで帰宅することもよくあります。 なお2012年9月より、災害時の石油・石油ガス(LPガス)供給計画の実施支援、石炭・地熱資源開発に係る支援、産投出資の資源開発への活用、海洋での金属鉱物調査の深度制限の見直しの業務が変更追加されている。 4 第一項及び第二項の規定により機構の業務が行われる場合には、第十二条第三号中「並びに同項第七号、第八号、第十四号、第十五号、第十八号及び第十九号に掲げる業務」とあるのは「、同項第七号、第八号、第十四号、第十五号、第十八号及び第十九号に掲げる業務並びに附則第四条第二項の業務」と、第十三条第一項中「それぞれの勘定」とあるのは「それぞれの勘定及び附則第四条第一項の業務に係る勘定」と、第二十五条第二号中「第十一条第一項から第三項まで」とあるのは「第十一条第一項から第三項まで並びに附則第四条第一項及び第二項」とする。 (役員及び職員の地位) 第十条 機構の役員及び職員は、刑法(明治四十年法律第四十五号)その他の罰則の適用については、法令により公務に従事する職員とみなす。 本部が入居する虎ノ門ツインビルディング 正式名称 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構 英語名称 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation 略称 JOGMEC 組織形態 本部所在地 〒105-0001 二丁目10番1号 西棟2階、13階~20階 予算 1兆8,977億4,070万円(2019年度支出実績) 資本金 9,381億円(2019年4月3日現在) 負債 9,269億8,580万4,967円(2015年4月1日現在) 人数 604人(2019年1月1日現在) 理事長 設立年月日 2004年2月29日 前身 石油公団・金属鉱業事業団 所管 拠点 海外事務所(13拠点) ウェブサイト 概要 目的(3条) 及びの探鉱等並びにの探鉱に必要な資金の供給、石油及び可燃性天然ガス資源並びに金属の開発を促進するために必要な業務、石油及び金属鉱産物のに必要な業務を行い、石油及び可燃性天然ガス及び金属鉱産物の安定的かつ低廉な供給を資するとともに、金属等によるの防止に必要な資金の貸し付けその他業務を行い、国民の健康の保護及び生活環境の保全並びに金属鉱業等の健全な発展に寄与すること。 JOGMECは平成30年度に、試験海域付近からドレッジ(注2)で採取したクラスト試料を用いた選鉱(注3)・製錬(注4)試験を実施しています。

>

機構概要 : 組織について

十六 金属鉱業等鉱害対策特別措置法(昭和四十八年法律第二十六号)第七条第三項の規定による鉱害防止積立金の管理を行うこと。 2 機構は、第十一条第一項から第三項まで及び前項に規定する業務のほか、旧事業団法第十八条第一項第三号に掲げる業務(これに附帯する業務を含む。 今回の掘削試験は、JOGMEC所有の海洋資源調査船「白嶺」を用い、JOGMEC職員(調査団長:五十嵐 金属海洋資源部長)が試験を統括し、大学等の外部有識者から構成される海洋鉱物資源開発検討委員会やワーキンググループのご指導・ご助言を踏まえ、JOGMECから委託を受けた三菱造船株式会社、住友金属鉱山株式会社および三菱重工業株式会社からなるコンソーシアムが中心となって、産学官の連携体制で実施しました。 毎日新聞(2017年9月26日)2017年9月26日閲覧• 評価制度: 完全な年功序列で2年~3年に1回のペースでジョブローテーションをします。 正式名 独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation 代表者 理事長:細野 哲弘 役員 副理事長:和久田 肇 理事:西川 信康、浅和 哲、江波戸 俊和、霜鳥 洋、岩原 達也、廣川 満哉 監事:峯 幹雄、高田 淳子• 2 機構は、通則法第十六条の規定にかかわらず、機構の成立後遅滞なく、政令で定めるところにより、その設立の登記をしなければならない。 (国家公務員共済組合法の適用除外) 第二十三条 国家公務員共済組合法(昭和三十三年法律第百二十八号)の規定は、機構の役員及び職員には、適用しない。 中南米• 経営統合後に、HDが、国際石油開発と帝国石油を同時に吸収合併し、事業会社化している) が新たに発行する黄金株との等価交換によって同社の黄金株を国が保有する形になっている。

>

石油天然ガス・金属鉱物資源機構

アジア• - 金属鉱業事業団と共に石油天然ガス・金属鉱物資源機構へ事業移管。 - 国家業務の追加に伴い、石油公団に改称。 十八 金属鉱業等による鉱害の防止のための調査及び指導を行うこと。 概要 かつて、のを保有していた法人であり、公団廃止にともなって、名義で国の保有に変更され、さらに、かつてのとの経営統合に伴って発足した国際石油開発帝石ホールディングス(現在の、。 )の規定は、鉱害防止事業基金の運用について準用する。 3 第一項の規定による債券の債権者は、機構の財産について他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受ける権利を有する。 3 機構は、第一項の業務に係る経理については、その他の経理と区分し、特別に勘定を設けて整理しなければならない。

>

独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構の年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)|エン ライトハウス (9350)

ただし、第二十二条及び附則第六条の規定は、公布の日から施行する。 内田友申(前JX嘉入石油基地株式会社代表取締役社長 出資・債務保証事業 [編集 ] JOGMECは・の探鉱・開発プロジェクト、及び金属資源の探鉱・開発プロジェクトに対する融資事業・出資事業・債務保証事業を行っている。 三 海外における石油等の探鉱及び採取(これに附属する精製を含む。 (区分経理) 第十二条 機構は、次に掲げる業務ごとに経理を区分し、それぞれ勘定を設けて整理しなければならない。 掘削試験の実施にあたっては、事前に周辺環境への影響を検討し、深刻な影響が生じないことを慎重に確認しました。 4 第一項第三号に規定する債務の保証は、当該保証に係る債務の履行が確実であると認められる場合に限り、行うよう努めるものとする。 2003年9月には7バレルのGTL合成油の生産に成功している。

>

機構概要 : 組織について

)並びに同項第二号、第九号及び第十三号に掲げる業務並びにこれらに附帯する業務並びに同条第三項の業務 三 前条第一項第五号及び第六号に掲げる業務(金属鉱物に係るものに限る。 実験室での試験の結果、クラスト試料からコバルト、ニッケル、銅を個別の金属として回収できることを確認しました。 経済産業省下の独立行政法人なので、法令遵守や労働環境等、対外的にはまず完全にブラックでないと言えます。 この場合において、旧事業団法第二十条の十一第一項、第二項及び第六項並びに第三十四条中「事業団」とあるのは「独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構」と、第二十条の十一第一項、第二十条の十三第一項及び第二十条の十四第一項中「精密調査又は広域調査」とあるのは「独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構法(平成十四年法律第九十四号)附則第四条第二項の業務」とする。 (債務保証) 第十五条 政府は、法人に対する政府の財政援助の制限に関する法律(昭和二十一年法律第二十四号)第三条の規定にかかわらず、国会の議決を経た金額の範囲内において、機構の長期借入金又は債券に係る債務(国際復興開発銀行等からの外資の受入に関する特別措置に関する法律(昭和二十八年法律第五十一号)第二条の規定に基づき政府が保証契約をすることができる債務を除く。

>

入札・公募情報 : 入札・公募

)に係る債務の保証を行うこと。 (鉱害防止事業基金) 第十九条 機構は、第十一条第一項第十七号に掲げる業務及びこれに附帯する業務に関して、鉱害防止事業基金を設け、金属鉱業等鉱害対策特別措置法第十二条第一項(同条第三項において準用する場合を含む。 三 第十九条第二項において準用する通則法第四十七条の規定に違反して鉱害防止事業基金を運用したとき。 )による鉱害の防止のための措置に必要な資金の貸付けを行うこと。 資源開発事業が成功し、商業化が行われた後は順次株式を売却していく方式をとっている。

>

世界初、コバルトリッチクラストの掘削試験に成功~海底に存在するコバルト・ニッケルの資源化を促進~ : ニュースリリース

副理事長• (注3)選鉱 鉱石から有用鉱物を選別するための破砕、不用鉱物の分離などの一連の処理を指す。 5 機構は、経済産業大臣の認可を受けて、債券の発行に関する事務の全部又は一部を銀行又は信託会社に委託することができる。 4 前条第四号に掲げる業務に係る勘定(第七項において「第四号勘定」という。 35歳程度で課長代理になるため、そこからは上がりますが、いうても600万を超える程度であり、同業他社の石油・金属企業からするとかなり安いです。 石油・天然ガスの探鉱・開発プロジェクトに関する出資事業に関してはJOGMECが新株発行の引受けという形で資金を供給する。 また、試験海域において掘削試験中に環境モニタリング、掘削試験後に濁りや再堆積、騒音といった環境データの回収を行い、併せてクラスト掘削による環境への影響を評価します。 (長期借入金及び石油天然ガス・金属鉱物資源債券) 第十四条 機構は、第十一条第一項第二号及び第十二号から第十四号までに掲げる業務に必要な費用に充てるため、経済産業大臣の認可を受けて、長期借入金をし、又は石油天然ガス・金属鉱物資源債券(以下「債券」という。

>