バウ シンガー 効果。 (3

バウシンガー効果と繰り返し軟化の違いについて教えてください。...

様々な 加工硬化則により後続降伏曲面を表現する。 この疲れを塑性疲れあるいは低サイクル疲れという。 等方硬化材料であれば、変形経路に依存して降伏応力が低下する現象は発生しない。 バウシンガー効果を表現することができる。 対称的と言えるでしょう。

>

ミーゼス・トレスカの降伏条件と降伏曲面

塑性変形すると転位がフランクリード機構により増殖し、すべり面上で集積します。 引張-圧縮試験のをみてみよう。 1971 1• 本ウェブサイトに記載されているシステム名、製品名等には、必ずしも商標表示( R 、TM)を付記していません。 「相当大きな圧縮残量応力」があると認められるでしょう。 硬化特性に等方硬化則を用いると、バウシンガー効果とは全く反対の特性を与えることになるので注意が必要である。 繰り返し軟化は加工硬化を受け、大量の転位が発生した材料が繰り返しの一定な大きさの変形 実際は塑性ひずみ制御 を受けると変形に必要な応力はだんだん下がることから軟化と言います。 Ansysにおける取扱い• 金属材料が塑性変形するとき、内部では転位が運動している。

>

バウシンガー効果とは

繰り返しと共に転位が移動し、数ミクロンの大きさの網目状の 網糸に相当する部分に転位が並ぶ。 降伏応力が小さくなる現象ではなく、バウシンガー効果は一度塑性変形を与えると圧縮の残留応力の存在で、塑性変形する応力が下がり、繰り返し軟化は一定の塑性ひずみを与えるのに必要な応力が繰り返しと共に下がる現象です。 この関数が応力空間に描く曲面を 降伏曲面という。 また,この塑性ヒステリシスを繰返して受けると材料には疲れ現象が生じる。 1972 1• 金属材料では塑性加工に伴って変形抵抗が増加する、 加工硬化 またはひずみ硬化 という現象が発生する。

>

ミーゼス・トレスカの降伏条件と降伏曲面

1970~1979 9• これが加工硬化の一因になる。 CAE用語辞典移動硬化則 (いどうこうかそく) 【 英訳: kinematic hardening rule 】 移動硬化則とは、降伏曲面の形状は変わらずに、中心位置が硬化と共に移動する硬化則のことです。 トレスカの降伏条件 材料の最大せん断応力が一定値に達すると降伏するという条件を、 トレスカ Tresca の降伏条件または 最大せん断応力説という。 これがバウシンガー効果のミクロな発生メカニズムと考えられる。 バウシンガー効果を調べるのには、薄肉中空円筒のがもっとも適している。 しかし実際の材料はひずみ経路に依存する異方硬化挙動を示す。

>

鋼材におけるバウシンガー効果について。

数式の取り扱いが容易で利用しやすいが、を表現できないなどといったデメリットがある。 負荷経路やひずみ量によっても異なり、これを数式で表現することは容易ではない。 バウシンガー効果とは ある方向に予変形を受けた材料に対し、一度除荷したあと再び同じ方向に負荷を与えた場合、再負荷時の降伏応力は除荷前の応力とほぼ同等になる。 引張と圧縮のサイクル負荷を受ける材料の応力-ひずみ挙動は、下図のように表されます。 一たん引張変形した試料を徐荷して放置しますと、その試料は徐々に縮むのです。 降伏条件とは 材料が降伏する応力を決定する式を 降伏条件 yield criterion という。

>

(3

また、このように転位の堆積に起因して発生する反力を 背応力 back stress という。 nCode is a trademark of HBM nCode. 対称的でなくなります。 塑性変形をしている物体は、常に降伏条件を満たす応力状態をとり、任意の応力状態となることはない。 ミーゼスの降伏条件式は 図示すると下のようになる。 このとき、転位の運動方向は逆方向になる。 一たん引張変形した材料中には「相当大きな圧縮残量応力」が存在し、圧縮方向負荷に際してその残留応力の寄与があって圧縮変形が促されるとの説明がなされております。 よく用いられる代表的なものに、 トレスカの降伏条件と ミーゼスの降伏条件がある。

>