ラフロイグ クオーター カスク。 【ウィスキー日記】ラフロイグ・クォーターカスク 48% 現行品-whiskylink

ラフロイグ クォーターカスク 700ml 48度

スコッチ・ウイスキー史上最初の女性の蒸留所所長となったベッシーにより、現在のラフロイグの製造プロセスが確立された 独自のフロアモルティングと品質を保持しつつ生産性を高めることに成功し、またテネシー産の樽が導入される。 甘さや樽の影響が強く感じられます。 コアファンを獲得している要素だろう。 そんなレーズンバターをラフロイグに合わせるとラフロイグの個性と調和して、まるでデザートを味わっているかのような風味になります。 キルン(麦芽の乾燥塔)の屋根にある特徴的なパゴタ型の煙突(ラフロイグ蒸留所) 創業者のジョンストン兄弟はドナルド氏族に属し、もとは「マッケイブス」と名乗っていたが、蜂起に失敗した後に名前を変え、1810年ごろにアイラ島のラフロイグに定住した。 サントリーを退社した後は自らの会社でウイスキー造りを行うべく、北海道余市町にニッカウヰスキーの前身となる大日本果汁株式会社を設立しました。

>

「ラフロイグ クオーターカスク」数量限定新発売 2019年3月12日 ニュースリリース サントリー

ほかのラフロイグに比べると、やや力強さはおさえられて飲みやすくなっている。 スパークリングゴールドの色合いも美しく、ロックはもちろん、フルーツの香りと酸味が生きるハイボールもおすすめの飲み方です。 この強いクセこそが根強いファンが世界中にいる理由なのです。 この記事を読んで、ラフロイグが気になった方はぜひ飲んでみて下さい。 人目につかない岩陰でピートのきいたモルトを醸し、小さな蒸留器で蒸留し、座礁の危険も顧みず小舟で英国本土まで密輸していました。 ラフロイグ18年はその名の通り、18年樽熟成させてあるウィスキーです。

>

ラフロイグの味や種類/10年・18年・25年・セレクト・クオーターの違いを解説

その製造工程は、すべて昔のままです。 橋口孝司『ウイスキーの教科書』(新星出版社, 2009年12月)• いつの間にか変わっていた、クォーターカスクのニューラベル。 またここに、チョコレートとウィスキーのマリアージュについての記事を載せておきます。 ハイボール(ソーダ割) 個性の強いラフロイグを気軽に楽しみたいという方は、ソーダで割ってハイボールにしてみたり、ジンジャーエールで割ったりすることをおすすめします。 レーズンをフライパンで乾煎りして水気を飛ばす• 熟成に使用する樽は、ファーストフィルのバーボン樽のみ使用。

>

アイラモルトの王「ラフロイグ」から、数量限定の「クオーターカスク」が今年も登場! | ガジェット通信 GetNews

ジョンストン兄弟の子孫が経営を引き継ぎましたが、1887年に経営権がハンター家に移ります。 1954年にオーナーのイアン・ハンターの遺言により、イアンのマネージャーの、ベッシー・ウィリアムスという女性へ譲渡されました。 従来のバーボン樽で熟成した原酒を ファーストフィルバーボン樽を解体して造られて クオーターカスクに入れ替えて熟成されます。 アイララフロイグ蒸留所アイララフロイグクォーターカスクのラフロイグウイスキー ラフロイグ クォーターカスク ラフロイグの中でもこのクォーターカスクは一度標準的なオーク樽で熟成させた後、バット(500L樽)の 1/4の大きさのバーボン樽でフィニッシュさせているのでこのネーミングになっている。 しかし、ラフロイグを好む人は「そこがいい」と思っているようである。

>

ラフロイグの味や種類/10年・18年・25年・セレクト・クオーターの違いを解説

ラフロイグ「セレクトカスク」は色んな樽で寝かせた原液がヴァッティングされているため、ラフロイグ10年よりも丸くて柔らかい風味があります。 ウイスキー愛飲家でさえ大好きか大嫌いか両極端に分かれる極めて個性の強いモルトであり、ラフロイグのテイストはとっつきにくい。 あらかじめご了承下さい。 1回り小さな樽に入れたことで、通常より30%多い割合で樽と接触し、樽の個性がよりウィスキーに浸透し、大樽で熟成されたものとはまた違った味わいが生まれたのです。 ここでは、「ラフロイグ クォーター カスク」が高騰している理由を紹介してみよう。 小さい樽であり、熟成が早まる。

>

終売で価格高騰!「ラフロイグ クォーター カスク」の魅力と買取相場

ですから、ラフロイグ クォーターカスクは昔ながらの造り方をしました~と言えるのかもしれません。 お気に入りのラフロイグを見つけよう! いかがでしたか?ラフロイグは個性が強いウィスキーではありますが、種類や飲み方によって色んな味わい方があることを分かって頂けたのではないでしょうか。 この独特のスモーキーさは、はじめての人には驚きがあるが、慣れるとクセになりほかでは物足りなくなってしまうほどだ。 しかし、この強烈な風味はバーボン樽が持つ甘さによって和らげられる。 ラフロイグはクセの強さが取り上げられがちですが、元々そこまで荒さの無い酒質。 小さい樽に入れることで原酒がより多く樽と接し、熟成が早く進むといわれています。 ラフロイグを炭酸水割りにすると、ラフロイグとは思えないような爽やかなハイボールに仕上がります。

>

終売で価格高騰!「ラフロイグ クォーター カスク」の魅力と買取相場

またチャールズ皇太子も愛飲され、シングルモルトウイスキーとしては初めて「ロイヤルワラント(英国王室御用達)」の称号を受けていることでも有名です。 サントリースピリッツ(株)は、スコットランドのシングルモルトウイスキー「ラフロイグ クオーターカスク」を6月2日(火)から全国で数量限定新発売します。 2014年、がビーム社を買収、ビーム社はと改称した。 ラインナップ(日本向け) [ ]• バット樽・パンチョン樽(容量約500L)に対し、4分の1のサイズ(容量約125L)になる。 蒸留所で使われているピート内容物に高い比率で苔を含み、これがラフロイグにあの独特のフレーバーを与えていると言われる。 銀行振込にてご注文の場合、入金確認出来次第、出荷致します。

>