Ra 協議 会。 リサーチ・アドミニストレーター新任研修2020(webセミナー)|イベント情報|リサーチ・アドミニストレーター協議会

RA協議会第6回年次大会でKURAの研究支援活動を報告しました(2020年9月17、18日) | 京都大学 学術研究支援室

信州大学も文部科学省「リサーチ・アドミニストレーター URA を育成・確保するシステムの整備」に採択され、競争的資金の獲得や産学官連携の支援などで非常に高い評価を受けています。 RA協議会の会員ではない方• 詳細は、以下の「リリースノート」をご覧下さい。 セッション概要 プログラム RA協議会第6回年次大会 J-1セッション 「」(2020年9月17日) セッション担当者・司会 松岡 信也:京都大学学術研究支援室 シニア・リサーチ・アドミニストレーター 上席 発表• また,研究機関向けの研究支援ツールとして,無料で利用できるコラボリーの新機能リリースについても発表があった。 なお、新任研修の目的の一つである他機関のURAとのネットワーク構築については、9月開催の年次大会等で機会を設ける予定です。 本賞は、大会参加者の投票により、リサーチ・アドミニストレーター業務に係る優秀な発表に授与されます。 「イベント情報」にある「RA協議会第6回年次大会」をクリック• 【2年連続】久保琢也助教が第6回RA協議会年次大会において個人発表表彰を受賞 2020. クローズ後の申し込みは行いません。

>

RA協議会第6回年次大会(開催案内)

KURAは今後も活動情報を学外にも発信し、共に議論することで日本のURA機能のレベルアップに貢献します。 RA協議会が2015年に開催した第1回年次大会以来、毎年の年次大会開催を通してRA協議会とURAの認知度が上がり、その結果、年次大会の参加者も年々増加しています。 パネルディスカッション 上記発表者5名 クスタース ハロルド(HaroldKusters):九州大学 研究・産学官連携推進部グラントサポート室 室長 小泉 周:自然科学研究機構 研究力強化推進本部 統括URA. こうした活動を通じて、HFSPのさらなる普及や、若手研究者の国際的・学際的な研究推進にむけた取り組みが日本の各大学に広く伝播してゆくことを期待しています。 さらに、来年(2020年)にはRA協議会が、アジア地域初のINORMSのホスト国を勤めることとなり、協議会としても新たなステージを迎えることになります。 後半のパネルディスカッションでは、研究者が海外留学や国際的研究の活躍の場に関して所属機関や国際研究を支援するファンディング機関に希望すること、ファンディング機関-URA-研究者等からなるネットワーク構築による連携の強化、アフターコロナ時代における国際的研究の進め方、等についてパネリストにより協議され、フロアからの質疑も含め、活発な議論が展開されました。 プログラムの前半では、URAによる海外ファンド支援の全体像の紹介に続いて、日本医療研究開発機構よりHFSPの紹介、国際HFSP推進機構の元Scientific Officerより、HFSPの成功を日本の研究土壌に還元するSiphaの活動について、報告されました。

>

第6回RA協議会年次大会において、海外ファンドを活用した若手研究者の国際化とHFSPの推進に係るセッションを開催

今年度の年次大会では、これまでの4回の年次大会でホスト校と会員の皆様が築いてきた基盤を大切にしつつも、RA協議会及びURA自身のさらなる発展と成長性を目指した大会の運営を目指します。 ご利用のブラウザ上に以前のサイト情報が残っていると、一部表示崩れ等が発生する場合がございます。 。 [お問合せ先] 研修内容について:RA協議会スキルプログラム専門委員 矢吹命大(横浜国立大学) Email: yabuki-nobuhiro-gw ynu. 近年、URAによる大学の研究力強化に向けた取組のなかで、学内外の研究動向に関するデータを収集し分析するIR(Institutional Research)業務の重要性が高まっています。 セッションの内容は若手研究者支援、研究の国際化、間接経費の運用、学内ファンド運営など多岐にわたり、学外のURAや関係者との議論を通じて課題と今後の活動に向けた知見・情報を共有する貴重な機会となりました。

>

第6回RA協議会年次大会において、海外ファンドを活用した若手研究者の国際化とHFSPの推進に係るセッションを開催

一方、文部科学省が主催する「リサーチ・アドミニストレーター活動の強化に関する検討会」では、URAの質保証制度の実施に向けた総合調整とキャリアパスや評価などの議論が行われ、URAの育成や定着、さらに能力開発などを通じて、学術研究やイノベーションの源泉となる知の創出への貢献が強く求められるようになってきています。 RA協議会が2015年に開催した第1回年次大会以来、毎年の年次大会開催を通してRA協議会とURAの認知度が上がり、その結果、年次大会の参加者も年々増加しています。 具体的な目標としては、リサーチアドミニストレーション人材の育成・能力向上、課題の共有・解決のための検討等について情報交換を行うことを通じ、我が国の大学等の研究力強化に貢献し、学術及び科学技術の振興並びにイノベーションに寄与することであり、RA協議会として年に1度の年次大会を開催して、上記目的の具現化に努めています。 久保助教は本発表において誰でも高度な分析が可能な環境を構築することの意義と重要性、及びその実践方法を報告しており、会員から高い評価を受けました。 詳細は、以下の「リリースノート」をご覧下さい。 メンバーが、ロールモデル、インフルエンサーとなって周囲に波及させることで相乗効果を図り、その結果として中長期的にHFSPの応募者や採択者が増加するために活動を行っています。

>

【2年連続】久保琢也助教が第6回RA協議会年次大会において個人発表表彰を受賞|お知らせ|SUIRLO(サイロ)

信大長野 工学 キャンパス内の三つの会場では、関係省庁からの来賓の講演、6大学の学長・研究担当理事による特別セッションに加え、会員大学やトムソン・ロイター・プロフェッショナル株式会社などの協賛企業による32セッションが開催されました。 京都大学学術研究支援室(KURA)のリサーチ・アドミニストレーター(URA)が、9月17、18日に開催された (主催:金沢大学)に参加し、KURAの研究支援活動を報告しました。 参加登録の手続きを行ってください。 ご理解ご協力いただきましてありがとうございました。 学生の方は、宛に個別でお問い合わせください。 協賛する科学技術振興機構(JST)は、URAの研究支援活動に活用できる科学技術情報サービス「researchmap」「ジャパンリンクセンター(JaLC)」「J-GLOBAL」「JSTプロジェクトデータベース」「J-STAGE Data」を紹介する。

>

【2年連続】久保琢也助教が第6回RA協議会年次大会において個人発表表彰を受賞|お知らせ|SUIRLO(サイロ)

本年度は下記の通り新型コロナウィルスの感染拡大を受けてWebセミナーとして開催します。 セッションの最後に,徳島大学 荒木寛幸特任准教授からJST情報資産を用いた産学マッチングシステムの紹介とともに,researchmapへの今後の期待が表明された。 また,エルゼビアのデータベースサービスについて,清水毅志ソリューションマネージャーから講演があった。 お知らせ 2020年9月9日 イベント 2020年9月17日(木)RA協議会第6回年次大会 JSTセッション 「科学技術情報サービスを活用した研究力強化支援」にJaLC事務局が参加します。 リサーチ・アドミニストレーター URA:University Research Administrator の新たなネットワークを構築するため今春、設立された「リサーチ・アドミニストレーター協議会 RA協議会 」の第1回年次大会が9月1-2日の両日、信州大学長野 工学 キャンパスで開かれ、全国から約450人が参加しました。

>