東京 都 区 市町村 コロナ 感染 者 数。 東京都区市町村別新型コロナ感染者数ランキング

東京都区市町村別新型コロナ感染者数ランキング

23区でも、区内の感染者数をホームページで独自に公表する動きが広がっている。 9月から東京都は、保健所未設置の各市町村からの情報提供についての要望を踏まえ、週単位で患者の年代、性別、療養状況等についても各市町村に情報提供することとしました。 [元記事:東京新聞 TOKYO Web 2020年4月2日]. 引き続き「3つの密(密閉・密集・密接)」を避けるなどのご協力をお願いします 東京都内では、新型コロナウイルス感染症の患者の発生は増加傾向にあります。 年齢や住んでいる地域などは公表しない。 下記のPDFファイルを参照してください。 新型コロナウイルスの感染者急増に伴い、東京都は1日、区市町村別の感染者数の公表を始めた。 当初は、東京都では感染症患者数の累計数のみが公表されておりましたが、7月29日分より、既に退院等をされた方の数が公表されることとなりました。

>

【多摩地域30市町村】新型コロナウイルス感染症情報まとめ(12月9日更新)

9月以降の月別の集計 年代・性別• 実態を知ってもらうため年代を載せた」と話す。 感染拡大を防ぐには、皆さまの感染予防などが大変重要です。 最新情報や過去の市内患者数、都内他自治体の患者数は、下記「東京都新型コロナウイルス感染症対策本部報(外部サイト)」をご参照ください。 医療提供体制についての総括コメントは「体制強化が必要であると思われる」のままでした。 港、中野区も近日中の公表準備を進めている。 関係団体における発生情報• 東久留米市は東京都多摩小平保健所の所管区域にあるため、市がホームページでお知らせする発生状況は、東京都の公表を基に作成しています。

>

【多摩地域30市町村】新型コロナウイルス感染症情報まとめ(12月9日更新)

都内における患者の発生状況など 都内における患者の発生状況や最新の報道発表の情報等については、次の外部リンクをご覧ください。 引き続き、「3密(密閉・密集・密接)の回避」「ソーシャルディスタンスの確保」「手洗い・咳エチケット(マスク着用など)」の徹底をするなど、感染拡大防止策にご協力をお願いいたします。 世田谷区は4月1日から、区民でPCR検査が陽性だった人数と退院者数の午後3時までの合計を、毎日、午後5時までに公表することにした。 患者の療養の状況 入 院 中 宿泊療養 自宅療養 調 整 中 12月8日時点 5 2 2 5• 入院患者数は1,629人、重症患者数は59人と、どちらも増加しており、重症患者のうち53人は60歳以上となっています。 江戸川区の担当者は「正確な情報を伝えることが感染拡大やデマを防ぐことになる」と説明。 原則、土曜日、日曜日及び休日は更新しておりません。 これを受け、市においても提供された情報に基づき公表することとしました。

>

東京都区市町村別新型コロナ感染者数ランキング

感染拡大防止の取組の徹底にご協力をお願いします 東京都からの公表日と府中市内の患者数 公表日 新たに発生した 患者数 累計患者数 累計患者数のうち、 退院等をされた人数 12月9日(12月8日時点) 2人 403人 378人 12月8日(12月7日時点) 1人 401人 367人 12月7日(12月6日時点) 5人 400人 364人 12月6日(12月5日時点) 1人 395人 364人 12月5日(12月4日時点) 6人 394人 363人 12月4日(12月3日時点) 3人 388人 363人 12月3日(12月2日時点) 4人 385人 359人 12月2日(12月1日時点) 2人 381人 359人 12月1日(11月30日時点) 2人 379人 351人. 市町村 新型コロナウィルス関連情報 八王子市 立川市 武蔵野市 三鷹市 青梅市 府中市 昭島市 調布市 町田市 小金井市 小平市 日野市 東村山市 国分寺市 国立市 福生市 狛江市 東大和市 清瀬市 東久留米市 武蔵村山市 多摩市 稲城市 羽村市 あきる野市 西東京市 瑞穂町 日の出町 檜原村 奥多摩町 関連リンク 不要不急の外出を控え、感染の拡大を防いでいこう 自分の住む自治体情報だけではなく、隣接する自治体情報も参考に、夜間・土日の不要不急の外出を控え、一人ひとりの行動で新型コロナウイルスの感染拡大を防いでいきましょう。 感染状況の総括コメントは、最も深刻な「感染が拡大していると思われる」のままでした。 患者数の公表は、保健所を所管する自治体は独自で行えますが、保健所を所管していない府中市では、独自に行えないため、東京都(保健所)からの情報をもとに、市内の患者数を公表しております。 さらに10月12日以降は、患者の発生に合わせて、年代、性別、療養状況等を情報提供するように変更されました。 その後、市町村からの情報提供の要望を受け、7月29日からは退院等をされた方の人数を、9月1日からは患者発生状況(年代別・性別・接触歴等)について、毎週1回(火曜日、祝日の場合は翌営業日)週報として、10月12日からは日報として各自治体に情報提供されることになりました。 退院者は9人に上る。 区市別患者数 東京都が12月1日に公表した11月30日時点の区市別の患者数を、人口10万対で比較した表です。

>

新型コロナ、都が区市町村別の感染者数公表 各区の独自公表も広がる 「感染拡大やデマ防ぐため」(東京すくすく)

区内では3月18日までに3人だった陽性者が、4月1日時点では45人に達した。 保健予防課の担当者は「感染者は年配の人、というイメージがあった。 なお、国が提示している7つの指標に当てはめた場合、5つの指標でレベル3、1つの指標でレベル4、1つの指標でレベル2となっています。 祝日・年末年始も翌営業日以降での更新となります。 また金~日曜分の東京都から市町村への情報提供は月曜夜となるため火曜日の更新となります。 12月2日時点で、宿泊療養者は716人、自宅療養者は966人、入院・療養等調整中が653人となっています。

>

新型コロナ、都が区市町村別の感染者数公表 各区の独自公表も広がる 「感染拡大やデマ防ぐため」(東京すくすく)

一日も早く通常通りの生活ができるように、日々祈っております。 市の公共施設における発生情報 東久留米市の患者情報について都が公表しているのは区市町村別患者累計数と既に回復された方の内数のみですが、市内の小中学校、保育園や幼稚園、高齢者及び障害者への介護サービス提供施設等の職員や利用者等に感染者等が発生した場合は、保健所が市及び関係機関と情報共有しながら緊密に連携して積極的疫学調査や感染拡大防止対策に当たっています。 東京都全体では、新規陽性者数は直近の7日間平均で443人に増加、検査の陽性率は6. 年齢別の内訳では、20代~30代の感染者が全体の43%を占め、重症化リスクが高い60代以上が占める割合が20%に増加していることに注意が必要です。 31日現在、累計20人に上る患者のうち30代は2人、20代が1人、10歳未満は1人いる。 杉並など、プライバシー配慮のため年齢と性別伏せる 30日に公表を開始した杉並区は、プライバシーに配慮して年齢や性別、発生エリアは公表しない。

>

新型コロナ、都が区市町村別の感染者数公表 各区の独自公表も広がる 「感染拡大やデマ防ぐため」(東京すくすく)

これ以前、感染者数を公表していたのは江戸川、渋谷の2区のみ。 東京都においては、感染経路の確認に支障が及ぶこと、また、プライバシー保護等の観点から、各市町村別の患者の職業や感染経路、居住地の情報は公表しておりません。 「感染リスクがあることを胸に刻み、自己防衛に努めてほしい」としている。 市内の新型コロナウイルス感染症患者数(12月8日時点の累計:123人) 日報について 東京都の公表日 新たに発生した患者数(人) 新たに発生した患者の年代と性別 新たに発生した患者の感染経路等 これまでの累計患者数(人) 既に退院等をされた方の数(人) 12月8日(12月7日時点) 4 60代・女性 80代・男性 60代・女性 30代・女性 接触歴等4 123 109 12月6日(12月5日時点) 1 80代・女性 接触歴等 119 107 12月5日(12月4日時点) 4 60代・女性 60代・男性 60代・女性 70代・女性 接触歴3・調査中1 118 105 12月4日(12月3日時点) 1 30代・女性 接触歴等 114 105 12月3日(12月2日時点) 0 113 103 12月2日(12月1日時点) 1 20代・男性 接触歴等 113 101 12月1日(11月30日時点) 1 20代・男性 調査中 112 101 接触歴等:確定患者との接触歴のある方で家族感染なども含まれます。 公表にあたっては感染者の同意を条件にしている。 千代田区も1日、3月23日からの1週間の感染者数を公表した。 。

>