オブ ラディン 号。 オブラディン号の帰還 ネタバレ有り|yamashiro1944|note

個人的に今年1番ハマったインディーゲームといえば?

サウンドエフェクトと音楽そして言語だ。 中には極めて小さなでしか解けないもある。 ですが、調査をすすめていくうちになんだか愛着がわいてくるんですよね。 終盤のウィリアムにもそれなら納得がいく。 だけど、古い白黒の映像なのに、初めての感情を呼び起こされた。 私もてっきり、解き明かしていく最中で「物語」の提示があるのだろう……と考えていたけど、これはなし。

>

「Return of the Obra Dinn/オブラディン号の帰還」は、現代最先端の廃墟スポット(ネタバレなし)|南 光裕|note

途中ミスリードでどん詰まりしたこともあり、想像以上に時間がかかってしまいましたが、プレイスタイルによっては10時間を切ることも可能なぐらいの程よいボリュームとなっています。 「嵐がくるぞ」っていうことを言ってて、たしかに雨が降ってきたりして。 雰囲気の良さはわかるが雰囲気も作業中は邪魔だ。 ピーターのおふくろさんに伝わるといいね。 そんな船の中にいた彼らのストレス発散はやはり酒であり、飲酒することは認められていた。 あまりにシンプルすぎて、ボリュームが心配になる人もいるかもしれませんが、「メメントモーテム」があることによって、複数の時間軸に飛ぶことができるので、舞台が狭いにもかかわらず、乗員乗客60名を特定するだけの十分な情報が詰まっています。

>

ゲーム感想 オブラディン号の帰還|とらつぐみ|note

このゲームはクリア直前の場所まで来てから次々と戻り攻略することからが本番なのだ。 オブラ・ディン号は突然、ファルマス港に姿を現す。 サポートがなければ何も貴様は理解などできてはしないと叩きつけてくる。 先ほど臨場感があって良いと書いたばかりだが、こういった負の側面も強調される。 というあらすじで、実際のオブラディン号も白骨死体があちこちで転がっているような環境なので「ホラー作品か?」と思う人もいるかも知れないけど、ホラー要素は一切なし。 あくまで主人公は乗員の安否を特定するのが仕事とはいえ、少々もやもやが残ります。

>

『Return of the Obra Dinn』死者の残留思念を通じて漂着船の数奇な運命を解き明かす、思わずノートにメモしながらプレイしたくなる傑作推理ADV

自分なら人魚を捕まえることはしないだろうが。 死の直前に残した言葉、荷物のくずれる音、ロシア語、中国語の怒号を整理して、どこから手をつけていいのか、無謀とも思える60名のリストを、かすかな糸口から埋めていく。 特に、 「調査が進展。 明らかに異常なカニが襲ってきても特に何も対策をしているところはなく、結果的に優秀な部下たちの力でこれを撃退することに成功したと言える。 今回のオブラディン号に豚や牛といった新鮮な食料が豊富に積まれているのもそう言った船の食料事情が改善されつつある時期の出来事という感じがある。 最期の瞬間で人物を画面中央に合わせてズームすると、その人物の顔と一致するスケッチ資料が自動で表示されたり、どの時系列で初出し、いつ死んだかもわかるようになっています。 まぁ本当はプレイヤーが書き込めるリアル版『 オブラ・ディン号の帰港』を商品として出してくれれば最高なんですが(作者本人も欲しいらしい)。

>

オブラ・ディン号の帰港(Return of the Obra Dinn)のネタバレなし感想&攻略ヒント

じわりじわりと蝕むような絶妙な不便さとリアルすぎる気分の悪くなる音を繰り返すことで、プレイヤーは心が重く縛られ呪われていく。 殺人の罪をなすりつけたり窃盗誘拐やりたい放題か。 全部で何曲あるのかはわかんないんですけど20曲くらいはあるんじゃないかな…。 ウクライナ旅客機誤射で窮地に陥ったイラン 日経ビジネス電子版• 多少プレイ時間は延びるかもしれませんが、PCのみでもまったく問題なくクリアできます。 考えれば考えるほどに奥が深い。 かなり苦戦したが推理ゲームというものの真骨頂を味わえた気がする。 正直手記の送り主が本当にこの人なのか、乗員の誰かに殺されて成り代わってるんじゃないのか?そもそも本当に生きているのか?と怪しんでたけれど素直にそうだった。

>

オブラディン号の帰還は推理テストの時間|名無しさん|note

-- 名無しさん 2019-01-06 14:26:35• 今風の高品質な映像にすると、逆にこの世界観特有の風合いが出てこない。 。 このゲームは消息を絶ち、そして乗組員が全員いない状態で帰ってきたオブラ・ディン号について保険調査員である主人公が調査するというゲームだ。 com• サントラ発売はよ。 私のゲーム感想はいつも長くなりがちだけど、今回はさらっとした内容にします。 最後に死んだトーマスはピーターと命綱を結んでいて彼を助けようとしたもののピーターは爆散し死んでしまった。 私は探索を続行することにした。

>