江南 区 バス。 バス路線について|江南市公式ホームページ

江南区区バス運行情報 新潟市江南区

亀田袋津郵便局(袋津五丁目)• ふれあいドーム• 両川地区は旧市域南西側に位置しており、西側を信濃川、南側を小阿賀野川が流れている。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 万代シテイバスセンター - 小国 - 飯豊 - 山形線()• 阿賀野川浄水場(横越上町一丁目)• 阿賀野川浄水場は1974年通水開始。 同日以降、亀田地区への送水は竹尾配水場から行われている。 両者とも下り側に用の駐車場・駐輪場が設けられている。

>

路線図ドットコム/愛知県/一宮・江南地区バス路線図

曽野木ルート• この地名は、曽野木団地・ニュータウン(前述の曽野木一・二丁目)でを施行する際にも新地名の候補として挙がったことがある。 その後、江南区のコミュニティバス「」が春から正式事業化され、から曽野木地区を経由してに至る路線が開設されたことにより、公共交通の便は改善されている。 信濃川漁業協同組合(平賀) 第二次産業 [ ] 製造業 亀田地区ではかつて「亀田縞」と呼ばれる織物が盛んに製造されていた。 木津簡易郵便局(木津三丁目)• 横越体育センター(二本木三丁目)• 明治初期までは農民の副業として織られていたが明治以降に織物業として成立、最盛期には660余りの業者が亀田縞を織っていた。 横越地区住民バス「横バス」 [編集 ] 前述の2007年度の社会実験では収支率が不調に終わり、区バスとしては正式事業化に至らなかった横越地区だが、地区内には公共交通の無い空白地域が多いことなどから2010年(平成22年)、地元商工会と地区住民が中心となって住民バスの導入に向け検討を進め、同年11月1日から1年間の試験運行を実施することになった。

>

路線図ドットコム/愛知県/一宮・江南地区バス路線図

横越総合体育館(いぶき野一丁目)• その後市はスポーツ施設の移転計画などを立案したものの、これらも実現には至らなかった)、造成当初は水田の中に宅地がぽつねんと存在するというロケーション。 曽野木地区 信濃川右岸側にある曽野木地区の大部分は水田で、信濃川右岸側や旧道(現、県道16号の旧区間)など幹線道路に沿って集落が続く。 横越出張所(横越中央一丁目)• 曽野木郵便局(天野二丁目)• 横越地区住民バス「横バス」 [編集 ] 北ルート路線図 横越地区で運行している住民バス「横バス」は、亀田駅東口と区役所横越出張所を基点に、横越・大江山地区の住宅地や集落を巡回するルートで運行している。 1960年代後半から市内中心部の住宅難解消を目指し、曽川乙の北東側を占める田畑の約109,000を埋め立てて宅地開発が進められ、現在の曽野木(そのき)一丁目にあたる「曽野木団地」の宅地開発が開始された。 新潟市江南区区バス・前期試験運行(2007年5月7日 - 8月2日)• 新潟市江南区区バス・前期試験運行(2007年5月7日 - 8月2日)• この2回の実験で路線の採算性や既存バス路線の収支への影響を検証した上で、2008年度から本格運行を開始する予定であった。 サクラパックス 新潟工場(木津工業団地)ダンボール・紙器• 土曜については社会実験として運行され、2017年5月現在も継続中である。

>

江南区区バス運行情報 新潟市江南区

横バス試験運行(2010年11月1日 - )• 日本セロンパック 新潟工場(亀田工業団地一丁目)プラスチック容器・紙器、包材• 酒屋バスストップ• 市が2007年(平成19年)3月に策定した「新・新潟市総合計画」で示された区の将来像は『緑と調和した、賑わいと安らぎのあるまち』。 曽野木ルート• (西町一丁目)• 1933年(昭和8年)に通水を開始した、市内でも古い歴史を有する浄水場のひとつで、場内にある高架水槽は有形文化財に登録されている。 亀田駅や区役所などを軸として、地区の中央部に商店街や住宅地が広がり、幹線道路沿いにも集落が続いている。 ページ番号1003898 更新日 令和2年3月31日 現在市内には、名鉄バスと大口町コミュニティバスが運行しています。 平成30年12月21日より、松竹広場に名鉄バス利用者用の駐輪場を設置しました。 また、11枚綴りの回数券 小・中学生用は現金を持たせないことを目的としているため、10枚綴りで割引は無い や定期券が販売されている。 両川連絡所(酒屋町)• 地区北部の駒込(こまごみ)、うぐいすは大江山地区の丸山、茗荷谷などに接しており、生活圏も近しい。

>

横越地区住民バス「横バス」 新潟市江南区

休日と年末年始は全便運休となる。 江南区役所-亀田駅前(西口)-亀田駅東口-砂岡団地-三條岡-横越出張所-木津-二本木• 令和2年1月より、KTXアリーナの駐輪場を整備し、名鉄バス利用者も駐輪できるようにしました。 亀田駅前(西口)-江南区役所-アスパーク亀田前-虫見堂-中谷内-酒屋車庫-舞潟-曽野木ニュータウン-新潟市民病院• 1975年(昭和50年)から運用を開始し、現焼却炉は1997年(平成9年)4月に稼動開始。 バス [ ] 路線バス [ ] 江南区内を発着する路線バスは、全てと同社の地域子会社であるにより運行されている。 運行には黄色塗装の中型バス車両が用いられている。 現在は北区豊栄地区(岡方地域)の一部となっている細山(ほそやま)の一部と十二前(じゅうにまえ)、現在も江南区横越地区に属する阿賀野(あがの、旧焼山)などがそれにあたる。 名鉄バス• - 新潟市江南区 - WARPによるアーカイブ• 流域ではコイやフナ、モクズガニなどが漁獲される他、サケの養殖にも取り組んでいる。

>

江南住区センター|足立区

曽野木ルート• 飛地 [ ] 大江山・横越両地区には阿賀野川右岸側にが存在する。 それまで市内4箇所に分散していた青果市場、魚市場、生花市場、園芸市場が一箇所に集約され、現在では「新潟の台所」としての機能も担いつつある。 道路 [ ] 高速道路 [ ]• 運賃は大人150円均一(3歳 - 小学6年生100円、3歳未満は無料)であった。 亀田郷農業水利事業建設所(亀田本町二丁目) 経済 [ ] 第一次産業 [ ] 農業 区域は宅地・集落を除けば多くは水田で、稲作が盛んである。 当初はが現在の中央区から、に程近い同区に移転する2007年(平成19年)秋の本格運行開始を目指していたが、新潟交通の既存路線とルートが重複する区間が多いことや、前述のカナリア号との兼ね合いもあって調整が難航し、他区に比べ計画が大幅に遅れた。

>