申し訳 ない 御社 を つぶし た の は 私 です。 「申し訳ない、御社をつぶしたのは私です」の書評をまとめてみた。コンサル業界の闇が書かれてて面白い。

「申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。」のオーディオブック

というわけで、 かなり粗探しですけど、 こんな感じです。 上司と部下(そして同僚間)のコミュニケーションこを、業績の向上には欠かせない手段だ。 そしてとうとう。 同じ空間に居られるって、いいものです。 おわりに 00:02:27 20 20/21 申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

>

『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。」前代未聞のビジネス書!

付録 00:12:09 21 21/21 申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。 マッキンゼーとかBCGとかは、 いまだに超人気です。 説明 20050708090000 2 は、山崎の戦いから始まって、秀吉の天下取りの時代を描く 20130405010158 私はマニュアルの効用を完全に信じている。 (事務所サイトに。 社員がなりふり構わず目標を達成するように我々コンサルタントが仕向けてしまったのだ。 特に28ページ。

>

カレン・フェラン「申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。」大和書房

ジェミニコンサルティング、 という会社のお話です。 つまり人間重視、対話重視のコンサルティングを展開しているのである。 I'm Sorry I Broke Your Company When Manegement Consultants Are the Problem, Not the Solution by Karen Phelan c 2013 by Karen Phelan Japanese electronic audiobook published by arrangement with Berrett-Koehler Publishers, Inc. ・<グーグルによる「優れたマネージャーの8つの習慣」> ・「このあいだ私た指示書だけど、ちょっとわかりにくかったかな、と思って。 優秀なコンサルタント人材が、 揃っていながらも、 このような結果を招いたのは、 皮肉すぎてなんとも言えないなあと。 いつかはうまくいくはずだという魔法のような気持ちは思わないこと。

>

カレン・フェラン「申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。」大和書房

よくある一見適正な能力評価・開発制度により「有能な社員は昇進・異動の結果無能な中間管理職に落ち着き、無能な社員は無能なまま。 【なにを得たかったか】 コンサルタントの手法・アプローチとどのように付き合うのがよいか。 残念だ。 でも、共通の要素とかないっしょ。 海堂得意の桜宮サーガのバチスタ・シリーズに乗せた政権批判小説だった。 受講者同士のつながりが出来るのも、また良し。

>

1560夜『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。』カレン・フェラン

。 まあでもそのイメージを、 今回は見事に裏切ってくれました。 ・ガードナーは「リーダー」が「マネージャー」とは異なる点を6つ上げている。 しかし、そんなわけがない。 個人的には従業員を無理に数字で評価しようとすると、 従業員は評価基準だけに合わせ、 しばしば評価基準を操作しようとする、 という部分が印象に残りました。 ただどこまで評価して、どう学ぶかの話だけ。

>

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。とならぬための「聞く」。

確かにネットビジネスに、 共通する部分はありますし、 学びになるところもちらほら。 p280. 実はもうひとつ同義なものがある。 ・指標スコアカードは自動車のダッシュボードと同じ。 我々のもうひとつの勘違いは、それもおそれく傲慢さのせいだろうが、 従業員はおとなしく目標に従い、罰を受けても精度に逸脱した 行動をとることはないと思っていたことだ。 長くなってしまっても、「ポロっと」を引き出すためには良いのです。

>

本、読み終えた。カレン・フェラン『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。コンサルタントはこうして組織をぐちゃぐちゃにする』

・企業がこれほどまでに数値評価基準を好むのは、数値評価は本物で信頼できるデータだと勘違いしているからだ。 本を摘読することと着替えることとは、まったく同義のことであるからだ。 第5章【1】 00:21:59 12 12/21 申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。 第2章【2】 00:28:03 7 07/21 申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。 この本はコンサルタントの筆者が、 コンサル業界を徹底的に、 批判しまくるという本です。

>