アトレティコ マドリード。 アトレティコマドリードvsユベントス分析【チャンピオンズリーグ】

またもや“あの男”が活躍…アトレティコがレバンテに勝利で3位の座を固める

アトレティコ マドリード

クラブを愛するがゆえに…アトレティコ、214人ものクラブ会員が年間シート代の返金を拒否! サポーターが熱狂的なことで知られるAマドリードだが、彼らのクラブ愛はこの新型コロナウイルスのパンデミック下でも表明された。 なんとソシオ(クラブ会員)の214人が、年間シート代の返金を拒否したのだ。 スペイン『マルカ』が報じている。 今季残り試合が無観客で開催されることになり、アトレティコは年間シートの代金の20%分を返金することを決定していた。 しかしシート保有者の214人がクラブの財政的な打撃をおもんぱかって、返金を拒否。 アトレティコはそうしたソシオに感謝を表すためスタジアムツアーに招待し、さらにはユニフォームとマフラーをプレゼントしている。 『マルカ』はアトレティコに対する無償の愛を示したソシオの一部を紹介。 その内の一人は、5人の子供が生まれた際にまずしたことが、アトレティコのソシオに登録することだった。 彼の家族全員となる7人が今回の返金措置に対して首を横に振っている。 そのほかサラゴサや、アメリカ在住のソシオも返金を拒否し、距離をも越える愛情を示したのだった。 なおラ・リーガは、今季はもちろんのこと来季も観客を入れて試合を開催できるか不透明な状況だが、アトレティコは来季の年間シート購入を希望するファンがすでに500人を突破するという異常な事態となっている。 (Goal. com) サンスポ 2020.

次の

【ウイイレアプリ2020】FPアトレティコマドリード(2/10)のレベマ総合値ランキング

アトレティコ マドリード

4-4-2の守備ブロックを形成するチームが多数を占めたロシアW杯。 限られた時間の中で確実に形にしたチームが多かったが、やはり細部まで詰めるには限界がある。 今現在、世界で最も強度の高い4-4-2守備ブロックを有しているチームはアトレティコ・マドリードだろう。 それは5大リーグにおけるリーグ戦最少失点という数字にも表れている。 今回は17-18シーズンEL決勝をベースに、アトレティコの守備戦術について分析する。 17-18シーズンEL決勝のカードはアトレティコ・マドリードvsオリンピック・マルセイユ。 スタメンは下図の通り。 基本的にはマルセイユがボール保持から敵陣突破を図り、アトレティコが受けてショートカウンターに持ち込むという展開でゲームが進んでいく。 この試合でひたすら際立ったのがアトレティコの守備の完成度だ。 アトレティコの守備は「構造の質」を問う段階を通り越し、「駆け引きの質」を問う段階まで成熟している。 カバーシャドウの駆使とバックパスに合わせた寄せでGKまでボールを押し返すと、仕上げにコスタがGKにプレスをかける。 この時点で、丁寧に繋ぐとなるとパスコースはCHのザンボ1択となっている。 これを察知したのが、この試合終始ボールを刈り取って回っていたガビ。 ガビは逆のCHサンソンに付いていたが、「 サンソンとザンボの直線上を移動することでサンソンを消す」カバーシャドウ。 結果的にコントロールミスに即座につけこむことが可能となり、先制点に繋がった。 アトレティコはピッチに13人選手が立っているのでは?と錯覚してしまうような守備を見せるが、その要因は運動量だけではない。 カバーシャドウを駆使することで数的不利でも対等に渡り合っている。 カバーシャドウの弱点は3人目を介したパス回し(や)。 マルセイユ視点で見るとコスタに消された左CBにザンボが叩くことができれば、プレスの空転に成功していた。 マンダンダのボールの質、ザンボのコントロールミスとマイナス要素が重なってしまったが、狙いとしては悪くなかった。 こういった状態で確実にプレスを空転させられるCH、アンカーがいるチームはスムーズなパス回しが可能となるだろう。 CHの守備の特徴 CHの守備の特徴は2点。 1つ目がサイドへの誘導だ。 2トップの脇、HSから前進させるビルドアップは対4-4-2のセオリーだ。 そんな敵に対し、 アトレティコのCHはFW-SH間のラインまで飛び出していく。 それはCHザンボとサンソンの距離間だ。 ここを起点に様々な仕掛けを見せるマルセイユ。 これに対してアトレティコが守備で回答していく。 上のツイートをシーンごと見ていく。 回答:サウール、ヒメネス、コケが穴を塞ぐため中央に絞り、サイドに誘導する。 回答:左CHコケが穴を塞ぐため中央に絞り外へ誘導。 回答:バックパスでCBに渡る時点で既にパスコースはSB一択。 コレアのプレス、穴を空けないガビのスライド。 回答:中央を切りつつ時間を稼ぎ、ゴール前に人数を集める。 様々な攻撃に対して柔軟に対応する守備はまさしく鉄壁である。 おわりに アトレティコの守備は、守備構造の質を問う段階を過ぎ、駆け引きの質を問う段階まで成熟している。 2トップはパスコースを完璧に塞ぐというよりも、敵選手に「パスコースが切られた」と思わせるに必要な位置までプレッシャーをかける。 パスコースを切ることは「目的」ではない。 あくまでボール奪取が目的で、そのために限定をかけて蹴らせている。 つまりは「手段」であるわけなので、「パスコースが切られた」と思わせ選択肢から除外させることができれば十分。 そして、その「どこまで寄せれば限定できるのか」の駆け引きが絶妙なのだ。 省エネであると共に、次のプレーに関与しやすくもなる。 先制シーンやサイド誘導後の中央への展開の阻止のように、「成功すればチャンス、いなされればやられる」という勝負どころでの駆け引きも秀逸だ。 勝負に出るときは力を集中させ、「奪い切る」、「展開させない」を確実に実行する。 一度引くという判断を下した場合は態勢を整え、機を待つ。 穴のない守備で駆け引きの質を突き詰める段階まで来た鉄壁の盾を持つアトレティコがELを制したのは納得の結果だったと言えるだろう。 […] ウイングを張らせる意味~グアルディオラによるリスクを排した4-3-3戦術~偽サイドバックをはじめ、様々なアイデアを落とし込みピッチで表現させてみせるペップ・グアルディオラ。 彼が率いるマンチェスター・シティが18-19シーズンCLグループリーグ第2節で対戦したのは、新進気鋭の若手指揮官・ナーゲルスマン率いるホッフェ…birdseyefc. com2018. 勝ち点差4で迎えたセリエA34節、首位ユベントスvs2位ナポリの一戦はクリバリの劇的なヘディング弾でナポリに軍配が上がった。 ウノゼロ。 結果だけ見ると最少得点差であるが、内容を見てみるとナポリが王者ユベントス…birdseyefc. com2018. 30 世界一の強度を誇るアトレティコ・マドリードの4-4-2守備戦術の分析4-4-2の… […].

次の

世界一の強度を誇るアトレティコ・マドリードの4

アトレティコ マドリード

ご注意ください。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 ・配送は佐川急便でお届けいたします。 ・ご注文確認(前払いの場合はご入金確認)の翌日発送を こころがけておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合は メールでご連絡致します。 ・また、時間指定もうけたまわります。 指定できる時間帯は[午前中][12:00〜14:00][14:00〜16:00][16:00〜18:00][18:00〜21:00]です。 ・配送はヤマト運輸でお届けいたします。 ・ご注文確認(前払いの場合はご入金確認)の翌日発送を こころがけておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合は メールでご連絡致します。 ・また、時間指定もうけたまわります。 指定できる時間帯は[午前中][12:00〜14:00][14:00〜16:00][16:00〜18:00][18:00〜20:00][20:00〜21:00]です。 ヤマトメール便、レターパック500での配送も承ります。 ただし、この配送方法は、厚さ制限がございますので、発送できる商品が限られます。 目安として、【ユニフォーム1枚】、又は【パンツ1着】、又は【ソックス2足】 程度です。 ボール、ジャージ、ポスター、ビブスなど厚みが3cmを超える物の発送はできません。 いずれも紛失保証はございませんが、追跡調査は可能です。 メール便は投函を持って配達終了。 レターパック500は対面受け取りを持って配達終了です。 営業時間帯について プライバシーについて ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

次の