種苗 法 読み方。 種苗法改定案が今国会に上程!自家増殖(採種)一律禁止になり、違反すると10年以下の懲役1000万以下の罰金共謀罪の対象!? 日本の農業政策の未来にあるのは強欲アグリビジネスの支配体制!

種苗法改定が農業や食にもたらす問題とは

どこまで影響するのか わかりませんが、 個人でできることをやるだけです。 ニュース• 自家増殖で海外に持ち出されてしまった、こうしたことはあってはならないと思います」 無制限に自家増殖を許せば、新しい品種を作る5年、10年の努力が担保されないとして、「不要不急の法律というが、権利を守ることについては、一刻の猶予もならない」と訴えた。 国会請願署名ですので、フルネーム、自筆でお願いします。 その後、1991年のUPOV条約改正を受け、1998年(平成10)に種苗法が改正された。 合わせて読むと 「種苗法改正案」の 理解がより深まると思います。

>

柴咲コウさんの懸念で注目 種苗法改正案が衆院委で可決:朝日新聞デジタル

今回の法改定の目的を農林水産省は日本の農産物の海外流出を防ぐためだとしています。 葉が強い再生力をもつものでは葉挿しを行う。 米は84%、みかんは98%、りんごも96%で、登録品種は多くはない。 ほうれん草やニンジンなどを 「種や苗」から 勝手に増やした場合、 罰金1000万円となります。 【登録品種の扱いを厳格化】 今回の改正案では、グローバル化が進む中で種苗法が本来の役割を果たせるように、登録品種の扱いが厳格化される見込みです。 今までは、購入した種をまいて植物が成長したら、実から種を取ってまた植える事が出来ました。

>

種苗法改正は改悪か、農家と消費者の視点から考える【種苗法改正を考える緊急連載 第1回】

食料の種苗については、稲、麦の育成権者は都道府県と国で現在80%を占め、野菜や果実を含めても50%が都道府県と国とのことである。 この主張は、現在の種苗法改正をめぐる議論においてまっとうな指摘だ。 やはり 担当のかたも そのとおりです。 改正案は、日本国内で開発され、国に登録された高級果実などの種や苗木について、海外への無断での持ち出しを禁じる。 「陳情を繰り返した農協青年部などの努力が報われない」 「韓国にイチゴをパクられたときはみんな怒っていたのに」 「農家の方がずっと切望してたんです。 ただ、「登録品種」の自家採種はそもそも難しい。

>

種苗法改定が農業や食にもたらす問題とは

こうした食と農を巡る国際的な動きや研究も本企画では解説していきます。 意図的に ずらしている気もします。 ネット上では、感染拡大への対応ぶりに注目が集まる陰で、政府が論議のあるいくつかの重要法案を国会で通そうとしていると、話題になっている。 農業を発展させるための改正ですので、農業崩壊はしないと考えています。 ・日本の種子の海外流出を理由に国内農家の自家増殖(自家採種)を原則禁止にしていくことで、農民の種子への権利が制限される。 在来種や 品種登録されたことがない品種、 品種登録期間切れの品種が 新たに品種登録される可能性があります。 この改正案が 可決されると 真面目に作物を作っている「農家」が 毎年 苗や種を購入する、 もしくは 育種権利者から 許諾を得る必要がでてきます。

>

種苗法改正案読み方

その背景には、野菜の種子はほとんどがF1品種という自家採種できない種子が多く種苗メーカーもほとんど登録していないことがある 図3・参照。 7億人が肥満の状況にあります。 つまり、中国などの法制度により日本の農家の権利を守れとしていた。 そうした被害をなくすために、種苗法を改正し、一定品種について登録し知的所有権を認め、自家採種を制限し国外持ち出しを防ごうとしている。 種苗法改正で問題視されているポイントは、「種苗の知的財産権」が強化される一方で、農民の「自家増殖の権利」が制限される動きが進行している点である。 この法制度のおかげで戦後は地域に合った多様な品種の開発や安定供給がなされ、農家は種子が足りなくなる心配はなかったのですが、同法律は維持を求める多くの声にもかかわらず2018年に廃止されてしまいました。

>

【日本の解き方】種苗法改正反対の「お花畑」議論 日本の農業守る取り組みを中国の法制度に委ねるのか (1/2ページ)

柴咲コウの「種苗法」改正案への警鐘がもつ意味 拙速な国会審議は問題だ 松平尚也 - Yahoo! 時事通信• 中国やブラジルは78年条約、EU、米国、ベトナムや韓国そして日本は91年条約に加盟している。 ところが家族経営のような農家は、大企業が強くなればなるほど競争に負けてしまう恐怖を抱えているのではないでしょうか。 一般品種の利用は、改正があろうとなかろうと、変わらない。 今,その種苗法の改正法が審議されているとのことで,その内容について解説します。 そう、「現在」です。

>

種苗法「改定」中止署名に協力下さい(2020年3月23日 第1401号)

しかし、不稔 ふねん 性作物や単為結果(種子ができずに果実が発達すること)するものでは種が利用できない。 これらを種物 たねもの とよぶ。 農水省は、種苗法改正の背景として、優良品種が海外に流出し、日本からの輸出に影響し農林水産業の発展に支障が生じる事態が生じているとしている。 は旧法において新品種のとその育成者のを目指した名称登録制度を抜本的に改善したもので,新品種を創出した人にその種の販売などについての独占権を与えることとなった。 ぜひ、種苗法改定反対の署名にご協力ください。 この主張には、国際条約で保護されているこれまで種子を育成してきた農民の種子への権利の抑制を意味し問題がある。 採決に先立ち、この日の委員会では、野上浩太郎農水相が「知的財産を守り、地域の農業の活性化に資するものだ」と意義を強調した。

>

柴咲コウさんの懸念で注目 種苗法改正案が衆院委で可決:朝日新聞デジタル

引用元: とあります。 アユは人工種苗も得られるが、主体は天然種苗である。 「プロが作った種で品質が下がるのを止めることが可能で、むしろ産地形成にプラスになります。 育成者に義務付けられるのは、国内利用や地域内(都道府県)での利用に限定するなどの条件があれば、登録時に明確にすること及びその表示です。 ぜひ、お読みください。 加えて、国際的な種苗会社が注力するのはF1種の普及だ。

>