Vi コマンド 一覧。 CentOS viのコマンド一覧

仕事で使うLinux/UNIXコマンド一覧

s カーソル位置の単語を置換する。 複数ファイルを編集している場合、全ファイルを保存せずに終了する。 dw カーソル位置から指定した文字の位置まで削除する。 txt 「New File」と表示されているので、新しくファイルが作成されるという事がわかります。 インサートモード中でも使用可能。 Xやddで削除したものも貼り付けできる。

>

vi の基本コマンドの一覧 (Solaris ユーザーズガイド (上級編))

「G」 or 「]]」 画面の最下行の左端へ移動する。 例えば、x 1文字削除 に数値を付けて、2xなら2文字削除という具合。 )に切り替える。 1 スポンサードリンク. ヘルプの終了は「:q」。 単語数 1語 指定された回数の置換を行う。 1G 1行目に移動します。

>

よく使う Vim のコマンドまとめ

yw カーソル位置の単語をコピーします。 けど独特な上に量が多すぎて覚えにくいんだなー 嘆 とりあえず、重要そうなキーを太字にしてみました。 仕事の効率化にご活用ください。 行数 1行 カーソルのある行から指定した行数分が対象となる。 説明 less view more cat vi vim 概要 ・テキストファイルを高速表示するため便利。 新規ファイルを何も書かないで「ZZ」コマンドを使うと、ファイルは作成されない。

>

UNIXコマンド

カーソル位置が単語の途中の時は、その単語の末尾へ移動する。 連続して変えたい場合は、「」。 2005-03-23 1行だけ下へスクロールする。 2005-03-23 字 同じ行内のカーソル位置より前で、 指定された文字がある場所の1文字後ろへ移動する。 キー 動作内容 :w Enter 内容を上書き保存(viは終了しません) :wq! さらに「」「」で次へ移動する。

>

vi コマンドリファレンス

目次 使い方 コマンド コマンドモードと入力モードを切り替える• 以下は、自分でもメモ書きとして残しておこうと思いました。 cmd シェルを呼び出す。 0 カーソルのある行の左端へ移動する。 viの主なコマンド: コマンド 動作 備考 文字入力モード a カーソル位置の右から入力 A 行末から入力 i カーソル位置の左から入力 I 行頭から入力 o カーソルの下の行に、行を挿入し入力 O カーソルの上の行に、行を挿入し入力 ファイル操作 vi ファイル名 ファイルを開く ファイルが存在しない場合、新規作成 vi -r ファイル名 破損ファイルの修復 :w ファイル名 名前を付けて保存 :w ファイルを上書き保存 :wq ファイルを保存して終了 :q viを終了 :q! 再度qを入力することで終了する。 ただし、左端が空白の時は空白ではない所まで右へ移動する。 大文字と小文字は区別される 2005-03-23 カーソル位置の文字のASCIIコードを表示する。 viコマンド一覧 viでは、入力モードとコマンドモードを切り替えます。

>

vi コマンド一覧

モード 編集モード タイプした文字がそのまま反映される。 行頭のタブを削除する。 指定した回数分進む。 2005-03-24 挿入 インサートモードになる。 2005-03-23 変更 リプレースモードになる。 yw カーソルのある行の上に貼り付ける。

>