佐藤 鉄工 所。 佐藤鉄工株式会社【会社概要:概要】

企業情報 角丸機械・紙管プラコアカット機械の佐藤鉄工所

私たちは、「モノづくりの総合力」を強みに、お客様からのさらなる信頼をいただけるようたゆまぬ努力をいたす所存です。 佐藤鉄工も事業を通じてこうした要請に的確に応え、産業界はもとより社会の発展への貢献を続けていきたいと考えています。 環境活動 弊社は、自然環境保護を志し、節電など身近なところからの取り組みを実施しています。 1mm単位で任意に設定 バリが出ない条件設定を構築 多少の変形にも対応 エッジ、角を処理する機構の精度が高い 安全対策のレベルが選べます。 上記に関する一切の事業 主要設備 NC付スケアシャーリング、NC付折曲機、折曲機、NC付ユニットワーカー、ベンデングロール、パワープレス、ポンチングマシン、コピーニブリングマシン、セットプレス、パイプロシアー、シャープカッター ご連絡先. 「高硬度」「高靭性」「高耐耗性」により、切れ味が良く、長切れが期待できます。 さらに、各種プラント 設備なども手がけ、広く産業界の発展にも貢献してきたと自負しています。 さらに、各種プラント 設備なども手がけ、広く産業界の発展にも貢献してきたと自負しています。

>

佐藤鉄工株式会社【会社概要:概要】

500円・教材費別途掛かります。 お問い合わせはコチラへ!. 工業敷地内に船を接岸できる岸壁設備及び100tonの天井クレーンを備しており、重量物・大型構造物の製作及び搬出入が可能です。 高齢化社会の本格化に伴い、ホームエレベーターへの需要も高まりを見せています。 会社名 有限会社 佐藤電機鉄工所 代表者 代表取締役 佐藤智孝 本社住所 〒984-0014 宮城県仙台市若林区六丁の目元町8-15 設立 昭和33年2月 資本金 1,000万円 従業員数 16名 業務内容・主要分野• 1951年 (昭和26年) 佐藤赫が名古屋市港区九番町にて佐藤鉄工所を自営 1961年 (昭和36年) 「株式会社 佐藤鉄工所」に法人組織変更 1967年 (昭和42年) トレーラー部品部門事業拡大のため、「日本トレーラ部品工業 株式会社」を設立(現「株式会社 ニットレ) アルミニウム設備部門事業拡大のため、「藤為工業 株式会社」を設立 1969年 (昭和44年) 富山工場(大門町)を建設 1972年 (昭和47年) トレーラ部品部門音羽工場操業開始 1974年 (昭和49年) SATOHグループ総合事務所完成(名古屋市港区) 1976年 (昭和51年) 山形県酒田市にて酒田工場操業開始 1987年 (昭和62年) 「日本トレーラー部品工業 株式会社」を「株式会社 ニットレ」に社名変更 1988年 (昭和63年) 大型加工品工場として音羽工場操業開始 1993年 (平成05年) 音羽萩工場完成操業開始 1999年 (平成11年) 低圧射出成形部門充実のため、「エルピーエム 株式会社」を設立 2002年 (平成14年) 佐藤安弘がSATOHグループ全社の代表に就任 2008年 (平成20年) 「株式会社 ニットレ」酒田部品センター開設 2009年 (平成21年) 「株式会社 ニットレ」製造部門を酒田に移転 2011年 (平成23年) ISO9001認証取得 2014年 (平成26年) JISQ9100認証取得(音羽工場). 佐藤鉄工は1910年の創業以来、一世紀にわたって『利他自利』の経営理念のもと、橋梁や水門の建設事業 に携わり、道路建設や電源開発などわが国の社会資本整備の一端を担ってきました。 加工技術や新製品の開発だけに留まらず、モノづくりの生産技術力をもしっかり革新して行かなければなりません。 御社の安全対策レベルに合わせた設計、環境作りを協考します。 経済のグローバル化の進展と高度情報化が進むなかで、これまでの大量生産・大量消費型の経済システムから脱却し、地球環境の保全や資源循環型社会の構築が人間社会にとって急務となっています。

>

佐藤鉄工株式会社【会社概要:概要】

レカンフラワーとは=すぐれた乾燥技術と 変色防止技術による最先端のドライフラワーです。 受講料¥1. 代表取締役 小山 恭彦 絶え間ない精度の追求 当社は、緑に包まれた豊かな自然環境の中で、未来を見つめてきました。 佐藤鉄工所 紙、プラコア切断機械の特徴 これまでのお付き合い頂いた業界の方々の要望を全て取り入れました 紙、プラコアを超スピードで高精度に、半自動、全自動で処理します 0. 沿革 2020年10月 リサイクルフィルム分別簡易装置「巻取り君」発売開始 2020年1月 ビッグサイトにて高機能展示会で残原反処理装置を発表 2017年10月 ビッグサイトにてジャパンパック展示会 L溝加工ダンサレスコア加工機械を出展 残原反処理機械を出展 2017年2月 フォーワン事業部発足 2016年11月 紙管・プラコア事業部を発足 本社事務所、大阪工場移転 2015年 佐藤友昭が代表取締役に就任、佐藤鉄工所株式会社に社名変更 チャック付き袋専用自動角丸機が完成 手動角丸機を開発し販売開始 2007年 リューター角丸1連機を開発し販売開始(ラミネート・アクリル用) 2003年 中綴じ穿孔機を開発し販売開始 2001年 角丸2連機を開発し販売開始 1999年 角丸1連機を開発し販売開始 1988年 滋賀県北比良に開発工場建設 1993年 ギザ刃断裁機(見本帳)を開発し販売開始 1987年 紙揃え用エアー抜き装置を開発し販売開始 1966年 佐藤俊二が代表取締役に就任 1952年 印刷機械の製造・断裁機メーカーとして創立. 多数の特許を持ち世界的押し花作家 「杉野宣雄」の技術です 「イオン県央店」パンドラハウス3Fにて 「レカンフラワー」教室を遣っています。 500円・教材費別途掛かります。 安全対策された刃物周辺のセンサーを5種類からお選びいただけます。 社員一人ひとりが重要な役割をもち、新しい技術で世界を切り拓く力に 1951年の創立以来、常に一歩先行く技術集団を目指し、技術革新の歩みを進めてきました。 立体駐車場の種類や立体駐車場設備工事の際の注意点などについてまとめました。

>

紙管カット自動切断機 未来発想機械メーカー 佐藤鉄工所

これが私たちの誇りとするところです。 精密板金、製缶の設計・製作並びに据付工事• その能力を研ぎ澄ますには、私たち一人ひとりが今まで蓄積した技術からさらに向上する新しい技術の意識を常に持ち、その歩みを止めないことが必要です。 佐藤鉄工所 紙、プラコア切断機械の特徴 これまでのお付き合い頂いた業界の方々の要望を全て取り入れました 紙、プラコアを超スピードで高精度に、半自動、全自動で処理します 0. 今後としましては、高度成長期を支え第二次産業によって発展したMade in Japanのモノ作りを こだわりつつ安定した部品供給を追求する為に『超精密部品加工』や『アッセンブリー』が 出来る工場を新築し製品加工を通して社会に貢献していきたいと思っております。 受講料¥1. そして、強い「モノづくり力」を支えてくれる人材を大切に、今後も人材育成と満足のいく製品づくりに、手綱を緩めず取り組むことが、グローバル企業への道だと考えています。 揚排水機器設置工事とは、揚排水ポンプなどを設置する機械器具設置工事のことです。 私たちが置かれている産業界の経済環境は、めまぐるしく変化しており、その環境にいち早く対応できる適応能力が必要とされています。

>

佐藤鉄工株式会社【会社概要:概要】

製品の表面処理について セラミックコート フッソ・シリコンコート ゴムコート などの処理により、品質の良い製品を製造しています。 そして、強い「モノづくり力」を支えてくれる人材を大切に、今後も人材育成と満足のいく製品づくりに、手綱を緩めず取り組むことが、グローバル企業への道だと考えています。 近年、私共を取り巻くビジネス環境は大きく変わろうとしています。 どうかご指導の程、宜しくお願いいたします。 御社の安全対策レベルに合わせた設計、環境作りを協考します。 レカンフラワーとは=すぐれた乾燥技術と 変色防止技術による最先端のドライフラワーです。 近年、私共を取り巻くビジネス環境は大きく変わろうとしています。

>

会社を知る|SATOH GRUOP

昨今、近隣諸国の産業の発展や円高等の世界情勢より、海外生産が進む中 『ハイクォリティー・ロープライス・ハイスピード』こそが今すべき事と考え 海外に負けない製品作りに精進させて頂いております。 このホームページが弊社の概要をご理解頂く上で手助けとなれば幸いです。 いずれにせよ、まず現場の状況を正しく把握することからスタートします。 その為に従業員一同、日々の業務に全力で精進してまいります。 その能力を研ぎ澄ますには、私たち一人ひとりが今まで蓄積した技術からさらに向上する新しい技術の意識を常に持ち、その歩みを止めないことが必要です。 素材について 製品の素材となる鋼(はがね)には、それぞれの刃物に適した 特殊刃物鋼を使用しています。 工業敷地内に船を接岸できる岸壁設備及び100tonの天井クレーンを備しており、重量物・大型構造物の製作及び搬出入が可能です。

>