ロ 短調 ミサ。 バッハ:ロ短調ミサ

バッハのミサ曲ロ短調

氏は、また盛岡バッハ・カンタータフェライン、仙台宗教音楽合唱団の指揮者もつとめており、私も氏の指揮でこの2団体合同の「ロ短調ミサ」演奏会で合唱を歌った。 他の独唱曲、重唱曲は専門のソリストによっている。 6 Gratias 1731年作のカンタータ29番の第2曲のパロディーです。 死の翌年1749年バッハは、、を補充した 「ミサ曲ロ短調」全曲を完成した。 2011年5月14-17日、ベルリン、イエス・キリスト教会での録音。 1曲目 10:33。 Et expecto. 「なんじゃこりゃ〜??!」って、最初とまどって 次に「つまんないし難しい」「うまく弾けない」「楽しくない」って思い 何度もやり直しされて、弾き込んで、慣れるに従って 「バッハってすごい!これ面白い」と、のめり込むようになったと。

>

ミサ曲 ロ短調

コルボは以前にも1979年(ERATO)、1996年(Virgin)に録音している。 難しいのに歌ってても面白くないし苦痛(苦笑)です。 46 20 Confiteor unum Baptisma Coro 5:06 4:31 4:33 4:04 3:55 4:55 6:22 3:54 3:53 6:01 3:57 1. 12 Credo in unum deum ルネサンス音楽的な趣のフーガの主題はまさにグレゴリオ聖歌から引用したものです ただし少し変形しています。 二曲 目以降で長調となるといかにも 自然体なレオンハルトらしい表 現が続きます。 9月最初のプロムスは、レザール・フロリサンとクリスティーによるバッハの大作1曲のみ。

>

クリスマス・イヴに J.S.バッハ「ロ短調ミサ」

2004年3月、ロイトリンゲン・ゲッティンゲン、福音教会での録音。 Et resurrexit. 第25曲 オサンナ() 4部合唱 いと高きところにオサンナ 第23曲の(繰り返し)です。 クリスティーはハープシコードを弾きながらの指揮。 SACD Hybrid。 最後のシメの曲に、冒頭やこれまでの曲を回帰させる手法は一般的に使われており、これで、あり得ない規模のこのミサ曲は、音楽的にも一貫性、統一性をもち〝つながる〟わけです。 だが、現代の視点において全く問題ないと筆者は考えている。

>

クリスティーのロ短調ミサ

6年前の演奏とは比較にならない。 つまりこのディスクはこの合唱団のデビュー録音ということになる。 クレンペラーは1932年にベルリンで初めてこの曲を指揮したが大編成オケと250名の合唱による演奏結果に全く不満足だった。 その後、後奏が主調 ト短調 ではなくハ短調で入るところも意表を突いています。 以来この曲の演奏には小編成でなくてはならない、というのが彼の持論だったらしい。 アーリン・オージェ、ユリア・ハマリ、 アダルベルト・クラウス、 ヴォルフガング・シェーネ、ジークムント・ニムスゲルン SONY。

>

【曲解説】俗世の世渡りのために作られた、史上最も偉大な聖楽。バッハ:ロ短調ミサ BWV232 (1)『キリエ』

バッハはその全文にわたって作曲したので、演奏に2時間近くかかる大作になりました」と音楽ライターの片桐卓也さん。 もちろん、もう一度全部聞き比べて回答するべきなのでしょうけれど、さすがに時間がかかりすぎるので、これは保留します。 合唱団やオーケストラの規模はデータの記載が無く判らないが比較的小規模である。 64 18 Et resurrexit Coro 4:27 3:41 3:53 3:47 4:27 4:20 5:00 4:03 4:02 4:16 3:51 1. ここでコープマンによれば「自身の合唱団を持つ必要を感じて」アムステルダム・バロック合唱団を組織した。 「ミサ曲はカトリック教会で用いるミサの通常文に曲をつけたもの。 1曲目 9:32。 1曲目10:31。

>

カトリックでないバッハのカトリック音楽

彼らが有名になってだいぶ経つが、ようやくこの曲を録音してくれた。 指揮バイエルン放送交響楽団・合唱団 ヘレン・ドナート、ブリギッテ・ファスベンダー、クラエス・H・アーンシェ T ローラント・ヘルマン Br 、ローベルト・ホル Bs EMI。 これでEt resurrexitのバス・パートソロを合唱に歌わせてくれれば最高だったのに。 この曲もカンタータBWV 191の冒頭に再利用されている。 収録曲は、Kyrie2曲、Gloria、Gratias、Qui tollis、Credo、Patrem、Et incarnatus est、Crucifixus、Confiteor、Sanctus、Osanna、Dona nobis pacem。 (これはカラヤンも同じ) ヘルムート・リリング指揮シュトゥットガルト・バッハ・コレギウム、シュトゥットガルト・ゲヒンガー・カントライの演奏 上の2つはかなり早い時期に入手していた。 ロ短調のテノールパートを歌って楽しかったという人に会ったことがありません。

>

音楽の森 バッハ:ミサ曲ロ短調 歌詞対訳

彼らならではのバッハをしみじみと味わうべき。 「クリスマス・オラトリオ」「カンタータ147番他」との3点セットボックスで入手したが、分売でも出ている。 さて、五味建氏指揮、アンサンブル・ヴォーチェの演奏は?. 1999年3月録音。 「バッハの遺品の中にはコーヒーポットやカップ類が含まれており、彼もコーヒー党であったといわれています。 こちらは 「Soli Deo gloria(神にのみ栄光あれ)」の略でした。 おまけに3連符がリズムの基礎になっています。

>

音楽の森 バッハ:ミサ曲ロ短調 歌詞対訳

このCDは録音が1977年で、楽器はモダン楽器で割りに色々と凝った表現をしているという感じの演奏で、テンポも遅めのものが多い。 声楽陣は、第1ソプラノ2名、第2ソプラノ2名、アルト2名(うち1人はカウンターテナー)、テノール2名、バス2名。 最後の勤務地となるライプツィヒ時代、とだけからなるをドレスデンのカトリック王に献呈した (1733年)。 エリック・エリクソン指揮ドロットニングホルム・バロック・アンサンブル、エリック・エリクソン室内合唱団 バーバラ・ボニー、モニカ・グループ、クラス・ヘトルント、ギュンナー・ルンドベルク VANGUARD。 「マタイ」の録音を11月28日に完了したクレンペラーは、フィルハーモニア合唱団から68名(S24,A16,T12,B16)のみを選抜して、ロ短調ミサの録音に取りかかった。

>