世界 一 貧乏 な 大統領。 「世界一貧しい大統領」と呼ばれたムヒカ前大統領の日本人へのメッセージが素晴らしすぎる

「泣いたのは初めてです…」“世界一貧しい大統領”ホセ・ムヒカ85歳の言葉に日本人通訳が嗚咽した日

でも傷が痛いからじゃない。 国を代表する者同士、人類が必要であろう国同士の決議を議決しなければならない素直な志をここで表現しているのだと思います。 なぜ「世界で最も貧しい大統領」と言われたのか 大統領になった時にも、給料の約9割を社会福祉へ寄付し、ウルグアイの平均年収と同じにして月10万円程で生活し、「世界で最も貧しい大統領」と言われるようになりました。 その後もコンスタントにリリースとライブ活動を展開。 でも、それは試合を捨ててしまうことです。

>

ムヒカ大統領の衝撃的なスピーチ【世界で最も貧乏な大統領】|よしみん@ボノボリアン|note

さらには大統領報酬の90%程度を貧しい人々や零細企業向けのチャリティに寄付して、自身は月に1000ドル程度で生活するという徹底ぶり。 ウルグアイ国内の腐敗する政治経済に対して襲撃・誘拐に携わり、6発の銃弾を受け、4度の逮捕、2度の脱獄を経験する。 ムヒカの言葉と相まって、懐かしい景色・抱えていた心情・誰かと過ごした時間… 忘れかけていた「uzu」のような想いを、体の中から思い出させてくれるような楽曲です。 ここに招待いただいたブラジルとディルマ・ルセフ大統領に感謝いたします。 国営石油会社も経営破綻寸前に追い込まれ、9億ドルもの公的資金の投入が議論されているのです」(先の女性) 結局、祖国にとってムヒカ氏の功績とは、 「ウルグアイの名を広めたこと。 幸せな人生を送るには重荷を背負ってはならないと思うんだ。 私の国には300万人ほどの国民しかいません。

>

「泣いたのは初めてです…」“世界一貧しい大統領”ホセ・ムヒカ85歳の言葉に日本人通訳が嗚咽した日

私の国は食べ物の輸出国です。 皆様に聴いていただくのがとても楽しみです。 発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。 多数の人と同じ生活をしなければいけないんだ。 本当のリーダーとは、多くの事柄を成し遂げる人ではなく、自分をはるかに越えるような人材を残す人だと思うから ムヒカ前大統領は種を蒔き、花を育てるように次の世代への教育を行っているのかもしれません。 学生の質問・・・愛が(愛する女性を手に入れるために)闘争や貧困を生み出すのではないでしょうか? 「あなたは好きな女性を自分のものにしたい。

>

「世界一貧しい大統領」ムヒカ氏、コロナで政界引退へ:朝日新聞デジタル

ここに来たのは日本から学びたいと思ったからです。 快適とはいえない旅だったが、南米の風土、気質を存分に味わえた。 命よりも高価なものは存在しません」 という言葉が一番胸に響きました。 息をするための酸素がどれくらい残るのでしょうか。 だが、ウルグアイ在住の20代男性は、 「ムヒカのスピーチが日本でブームになるなんて冗談かと思いましたよ。 働き者の我が国民は、毎日一生懸命に8時間働きます。

>

映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』公式サイト

2005年に結婚した妻は元マンボロスの ()上院議員(現・副大統領)で、読書家で愛読書はの『』。 私のスピーチの中には耳が痛くなるような言葉がけっこうあると思いますが、みなさんには水源危機と環境危機が問題源でないことをわかってほしいのです。 幸福が私たちのもっとも大切なものだからです。 逆に、人類がこの消費社会にコントロールされているのです」「残酷な競争で成り立つ消費主義社会で『みんなの世界を良くしていこう』というような共存共栄な議論はできるのでしょうか?」 として 「私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。 地球の反対側にある南米は日本人にとって異世界で、スペイン語やポルトガル語しか通じない。

>

【世界一貧しい大統領インタビュー】「富を求めるよりも人生には大切なことがある」「広島へ行くのは日本人へのリスペクトです」…(1/11ページ)

ある小国の大統領が環境問題を考える国際会議で行ったスピーチが書かれていますが、とても考えさせられる内容でした。 昔ながらの日本人だった。 ということは、10万時間持つ電球を作れるのに、1000時間しか持たない電球しか売ってはいけない社会にいるのです!そんな長く持つ電球はマーケットに良くないので作ってはいけないのです。 ツパマロスと治安組織の抗争の激化、や職人組合の政治経済への反発といった時代のもと数々の、にたずさわる中で、ムヒカは6発のを受け、4度の(そのうち2回は)を経験する。 消費が社会のモーターの世界では私たちは消費をひたすら早く多くしなくてはなりません。 民政移管後は政治家となり、大麻や中絶、同性婚の合法化などの政策でも注目された。 若さを奪われてはいけないよ。

>