本能寺 の 変 黒幕。 織田信長【本能寺の変】の謎と最新説を考察!信長を殺した黒幕は誰?

【戦国時代】どう考えても本能寺の変の黒幕は毛利家だろ???

大脇喜八• 「明智軍に包囲された本能寺へ、どのように入ることができたのか」• 本能寺の変前日には1万3000の兵を揃えさせ、亀山城を発し、篠村八幡宮で重臣達に謀反を表明しました。 つまり信長は、日本国を統一した後は、 朝鮮半島でまた戦を繰り返し、 天皇より上に立とうとしてると言う事です。 直前までの状勢 [ ] 本能寺の変が起こる直前までの織田家諸将および徳川家康の動向を以下にまとめる。 そんな中、もっとも警戒すべき相手は 同盟相手で有る徳川家康です。 元親がこれを拒否すると、信長は四国征伐を決定します。 そののち仰向けにひっくりかえるかもしれない。

>

本能寺の変の黒幕は家康だった?解き明かされる歴史のミステリー

そこに、光秀ごときが一人で織田信長を討つリスクを冒すわけがない きっと黒幕がいたのだ、いや、共謀者がいたのだという 陰謀論が入り込む余地もあるのです。 (山城国の)山崎堅家は安土の館に詰めていた。 しかし義昭の救援依頼を義景が拒否すると、義昭は織田信長に救援を依頼します。 【 天正10年(1582年)6月3日夜~4日未明】、「本能寺の変」の翌日、秀吉のもとへ、とてつもない知らせが届きます 【織田信長が明智光秀の謀反により、本能寺にて討ち死に】 これを聞いた秀吉は【 6月4日】に毛利家と和睦。 スポンサーリンク 徳川家康説 変の後に甲信地方を獲得 (出典 Wikipedia) 黒幕を考える時に重要な要素のひとつに、 変の後に利益を得た人物、というのがあります。 の『光秀行状記』によると、この場所はであったという伝承があるそうである。

>

【本能寺の変:真相諸説】なぜ明智光秀は織田信長を討ったのか

それからほどなくして開かれた軍議で、初めて重臣らに謀反のことを告げます。 事件当時、天下統一まであと一歩という状況にあった信長。 この説では、秀吉が、毛利氏と和睦し、現在の岡山市にある備中高松城から数日で京都に戻り、明智光秀を破ったいわゆる「中国大返し」はあまりに不自然であり、本能寺の変が起こることを知っていたからこそできたのではないかと言われています。 家康は、信長が計画していた事を参考にしながら、朝廷への政策を行ったのです。 以下のリンク記事をよろしければご参考までにお役立てくださいませ。 小和田は「日本史の謎」と表現している。 そこで朝廷は、甲州征伐の戦勝を機に祝賀の勅使として(誠仁親王の義兄)を下し、晴豊は信長が凱旋した2日後の天正10年4月23日に安土に到着した。

>

本能寺の変に意外な黒幕説~まさかあの人が???|終活ねっと

信長事の外、御立腹有て、予が下知にても、聞間敷とや、推参なりと被 レ仰、髻を取て、二三間突走らかし給へば、其儘御次の間へ退出す。 これらの公卿は信長と交流があったことで知られ、特に近衛前久とは共に鷹狩を楽しむなど、かなり仲が良かったとされる。 神戸二郎作• 確たる情報がない上に、それぞれが周辺に敵を抱えているので 動くに動けなかったのです。 。 25日にを攻略してが切腹。 【 同日】、「明智光秀」戦死。

>

本能寺の変の黒幕は存在したのか? 可能性のある人物を7人をピックアップ

本能寺の変、その後 本能寺の変の後、明智光秀は近江を平定、安土へ城入城します。 謀反の真相とは…… 戦国時代における最後の下剋上といわれる本能寺の変ですが、光秀が信長を討った理由は明らかではありません。 賀藤辰、• 秀吉のタヒ後にオランダ船リーフデ号(東インド会社 が漂着…はたして偶然か?. 「本能寺」には、信長の部下たちの焼死体が数十体もあったと考えらます。 家康は本能寺の変の時は堺見物をしていました。 織田信長様には、感謝しなくてはいけない」 光秀は、「明智軍法」という自分が作った法律の中で、そのように表明しています。

>

本能寺の変「朝廷黒幕説」 ~ 信長は天皇にも恐れられた?

いずれにしろ「諸人がその声ではなく、その名を聞いたのみで戦慄した人が、毛髪も残らず塵と灰に帰した」 としめている。 もしも家康が黒幕であるなら、「伊賀越え」という危機を事前に回避できたはず。 は光秀の立場を「織田軍団の近畿軍管区司令官兼近衛師団長であり、CIA長官を兼務していた」 と書いている。 安部龍太郎さんは、著書「信長はなぜ葬られたのか」で、数多くの要因が重なって「本能寺の変」がおきたという、いわゆる「複合説」を唱えておられました。 先鋒の斎藤利三は、市中に入ると、町々の境にあった木戸を押し開け、潜り戸を過ぎるまではや旗指物を付けないこと、本能寺の森・の木・竹藪を目印にして諸隊諸組で思い思いに分進して、目的地に急ぐように下知した。

>

本能寺の変「秀吉黒幕説」 ~ 天下人秀吉が犯人か?

しかし信長は、朝廷や正親町天皇の保護者だったという説もあり、信ぴょう性に乏しいです。 暗闇の中の行軍!増幅した怒りによる突発的な犯行 明智光秀は、「本能寺の変」を起こす直前の《 6月2日未明》、居城であった「丹波亀山城」を出撃します。 フロイスの『日本史』には 信長自身が酒を飲まなかったとあり、信長が酒を嗜まなかったという話は同時代の医師の書簡にも見られるので事実と考えられており 、信長が酔って絡むといった話はそもそもあり得ないことだった。 なんと「朝になるまで待ってから襲撃した」のです。 酒席での逸話 [ ] 年間に書かれた 雑話集『』 に、の際に小用で黙って退出しようとした光秀が、酔った信長から槍を首筋に突きつけられ「如何にきんか頭何とて立破るぞ」と凄まれる話がある。 この手紙の存在は「川角太閤記」に記載されているのですが、原本は残っていません。 清玉上人は、「明智軍」が本能寺を襲撃するまえに、火葬していた信長の家来たちと遭遇。

>