虚構 推理 評価。 『虚構推理』を全話見た感想

アニメ「虚構推理」第3話が話題!感想・反応まとめ【城平京・片瀬茶柴】 : つぶちゃん~Twitterまとめ~

評価はギリギリ「良い」。 ヒロインが可愛いと思える人は楽しめるかもしれません。 とくに宮野さんは、九郎のような「掴みどころのない飄々とした青年」を演じるのは珍しく、耳新しい感じでしたね。 明らかに構成のバランスがおかしい。 しかしこの作品にはトリックなど存在しないも同然。 アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• これがアニメだと非常に長く感じました。

>

マンガ「虚構推理」の感想。都市伝説 × 推理の今までに無いミステリー │ あにそさ

…とか言って調子乗って色んな神話を調べようとすると、すぐ挫折するんだけど 笑。 彼女は2年近く彼を思い続け、1話の5分足らずで 「結婚を前提に付き合ってほしい」と告げる。 虚構は虚構に戻れ。 怪異たちがその答えに納得すればいい。 しかしこの作品では、全くバディものらしい面白さを引き出せていない。 面白かったです。

>

《評価77点》アニメ「虚構推理」全話ネタバレ感想│シマヨシブログ

あとはずっと 琴子が淡々と推理するだけ。 監督:後藤圭二 ・黒子のバスケ ・となりの怪物くん ・ゴールデンカムイ など多数 「ほんとにあった怖い話シリーズ」や「地獄少女」などで脚本を務められた方なので、怖い演出を求められる怪異物である「虚構推理」は、大得意の作品なのでしょう。 というのも、ストーリーに変化も発展性もない。 さらには大したトリックがあるわけでもないのが、苦痛を助長させた要因でもある。 その他• ずーっと「彼女はこうであーででこうだったからこうだったのだ」というのを 見せられっぱなしの終盤だ。

>

アニメ「虚構推理」第3話が話題!感想・反応まとめ【城平京・片瀬茶柴】 : つぶちゃん~Twitterまとめ~

特に終盤はやや冗長に感じるシーンも多く、 解決に必要なシーンと台詞なのはわかるものの、 1クールの8割ほど同じ事件の解決に奔走してしまっている。 3話以降の事件に関しては「推理」というよりも、完全に言葉遊び、どちらが言葉を使って巧みに世論を動かすことができるか、という別のベクトルに変化してしまっていた。 主人公は病院で男に出会う。 その虚構自体は面白いものの1つ1つが長い。 琴子は「九郎の今カノだ」とアピールして殴られるが、色々あって協力体制はとることに。

>

『虚構推理』の1話を見た感想

コナンのアニメで「前編・中編・後編」と3話構成になっていても長く感じてしまうのに、10週分毎話のように同じ展開を見せられた側としては、たまったものではなかっただろう。 また、城平京さん原作なので、アッと驚くようなギミックがあるだろうとストーリーにも期待しています。 このエピソードのお陰で、鋼人七瀬編では、 虚構推理の世界観にすんなり没入できるというメリットもあるでしょう。 そのために必要なのが、七瀬かりんの死に関する警察の捜査情報。 しかし七瀬かりんはそれをかわそうともせず、そのまま。

>

【2020アニメ】「虚構推理」アニメレビュー

ブログ 検索• とんでもない会話劇だ(笑) 見ている側も何が真実で何が虚構なのか、 主人公が語った推理が本当なのかがわからなくなる。 だが、そんな絵面的な地味さを可愛らしい主人公と、 「虚構推理」という要素の面白さで貫き通したような作品だ。 単純な推理モノでなく、アニメオリジナルな事件を作るのも難しいのは承知していますが、やはり1事件4話構成くらいにして、もう1つ何らかの事件があった方が良かったと思いました。 unbind "mouseleave", onMouseLeave ; eventHolder. つまり、 「鋼人七瀬は亡霊である」という噂よりも魅力的な「鋼人七瀬は亡霊ではない」という物語をに提示すること。 落ち込んだ様子で工事現場に来た七瀬かりん。

>

アニメ「虚構推理」第3話が話題!感想・反応まとめ【城平京・片瀬茶柴】 : つぶちゃん~Twitterまとめ~

アニメ制作のブレインズベースは元々、『夏目友人帳』『デュラララ! あくまで「鋼人七瀬」というネット上の噂の怪異に興味をいだいた大衆でしか無い。 三話までの雰囲気が肌に合い、作品をどうしても声付きで見たいというのであれば 最期まで見る意味があるだろう。 警察の捜査資料をもとにした七瀬かりん死亡事件の整理。 xaxis, xmin, xmax ; updateAxis s. 主人公自身が警察なわけでもなく、殺人を目撃したわけでもない。 琴子は病院で出会った 桜川九郎(さくらがわ・くろう)に一目惚れし、交際の機会を2年間虎視眈々とうかがい、満を持してアタックを始める。 たとえ真実が違っても、怪異が納得できる推理であれば それは怪異にとっての真実だ。 終始ゾクゾクしっぱなし……息もつかせぬ物語とはまさにこのことだと思います。

>