全て を 吹き飛ばす 闘志。 まったりゆったりドッカンバトル詳細解説: 【全てを吹き飛ばす闘志】超サイヤ人2ベジータ[性能&評価]

[すべてを吹き飛ばす闘志]超サイヤ人2ベジータ

悟空もベジータも変身及び強化でそれぞれ、に変化すると攻撃特化とバランス優秀型に切り替わる。 基本的にはシンプルに攻守に優れた、分かりやすい強さを持ったキャラクターです。 important;z-index:100002;visibility:hidden;background: fff;color: 333;border-left:none;border-bottom:none;display:table;box-shadow:0 2px 2px rgba 0,0,0,. 気玉3個以上で大きく強化する超サイヤ人2ベジータとしては連鎖力を高める虹気玉変化能力はありがたく、魔人ベジータになった場合は気玉6個取得で攻撃を全てガードする状態となるため、需要はかなり高い。 「短期決戦」もリンクできる点が更に強い。 。 ガンスリンガー系• 50倍 仮 必殺技 『ファイナルフラッシュ』 必殺技倍率 5. 「超サイヤ人2」カテゴリは強力なキャラが所属しているのが強みだが、所属キャラ数が少ないのが難点。 8em;margin:2px auto 12px auto;text-align:center;text-decoration:none;color: FFF;background: 4caf50;border-bottom:2px solid 1f6922;border-radius:4px;box-shadow:inset 0 2px 0 rgba 255,255,255,. ただ、実はVS得意属性の場合は攻撃も防御も変身前のほうが強い上に臨戦態勢が無くなって短期決戦になってしまっているので、ここが微妙な感じです。

>

【ドッカンバトル】『熱く奮い立つ闘志』超サイヤ人2孫悟空(天使)[超知]の性能と評価

35倍になるだけです。 フィールド• まあ、そんなに影響はありませんが。 足りない部分を「復活戦士」カテゴリキャラと混成して、強力なパーティを構築するのがおすすめだ。 要するによくあるDEFUP型必殺技持ちベジータとATKUP型必殺技持ち悟空の「ATKもDEFも割と正反対スキルでバランス取ったつもりで実装したら数値的に悟空を普通に超えてる」パターン。 8;background-color:rgba 255,255,255,. とという『2020年下半期UR』達は更に性能水準が1段上に引き上がりましたが、その前世代のURフェス限としてはトップクラスの実力を持っているでしょう。 リーダー評価:9. 「短期決戦」もリンクできる点が更に強い。

>

まったりゆったりドッカンバトル詳細解説: 【全てを吹き飛ばす闘志】超サイヤ人2ベジータ[性能&評価]

気力リンクの変化をカバーするのは面倒ですが、変身前の時点ですら圧倒的な基礎性能を持ち、変身後はそれを更に底上げして大いなる爆発力までもを持てるようになる、 間違いなく当たりと言える超強力なフェス限定キャラクターです。 全てのカテゴリが重複しているため、多くのパーティで一緒に編成できる。 4rem;background-color: f3f6f8;background: fff;border:2px solid 4caf50;padding:2px 1. ちなみに魔人ベジータ化すると 属性が 極系に変化する。 ちなみにベジータはバランスの取れた攻防優秀型に変化する。 この魔人ベジータに変身するとほぼ常時『全属性効果抜群』が発生してくれますし、追加効果のDEF上昇&高確率気絶も優秀ですから、ここは是非とも『連続攻撃』を伸ばしたいです。

>

UR[ドッカンバトル]全てを吹き飛ばす闘志 超サイヤ人2ベジータ

LR悟飯は変身すれば虹気玉を作ってくれるので、ベジータが気玉3個や6個以上獲得するチャンスにも繋がります。 ダンジョン• ダンジョン• 超サイヤ人3を隠していた手加減的な部分を表しているのだろうか。 まあ、同時登場の【熱く奮い立つ闘志】超サイヤ人3孫悟空 天使 やなど、問題解決出来る相手も居るのでその辺と使えばカバーは出来ますが、性能を全開にするためには『気玉6個取得』も必要であり、こちらもやはり気玉変換キャラなどが居なければ安定しないので、どうしても気力回りは『カバーしてくれる存在ありき』になりがちな部分はあります。 マジシャン系• 『臨戦態勢』『短期決戦』を両持ちしているキャラクターというのはかなり限られており、要するにこのベジータはどこで使うにしても、『変身の前か後で気力リンクに困りがち』という問題が発生しがちです。 また、『全属性に効果抜群』で攻撃するキャラなので、ATK値を1. フィールド• 2rem;box-sizing:border-box;overflow:hidden;text-align:center;text-decoration:none;line-height:1. メモリアルダンジョン• 1番手に置きづらいタイプなのでここも結構大きく、例えば『』なんかで使う場合、変身後はリーダーとは気力リンクも全く合わないし、先の悟空のようにうまくリンクが噛み合う相手を用意しておかないと使いづらさも感じてしまう所です。 ただし、必殺技発動後に限定されてしまうことから、敵の先制攻撃がある1番手には配置しないことを推奨する。

>

【全てを吹き飛ばす闘志】魔人ベジータの考察

やはり、必殺技後のDFを考えると連撃優先です。 特に『短期決戦』で繋がれる相手は限られるので、どのカテゴリで使うにしてもここは中々厳しい所です。 推奨の潜在スキル+スキル玉 連撃 15 会心11 銅枠 連撃Lv2 銀枠 連撃Lv5 金枠 会心Lv5 よって 連撃22 会心16になります。 また、復活戦士カテゴリも持っているおかげでファイターズの16号を入れられます。 技上げ. 互いに変身・強化した状態でも、気力リンクの「臨戦態勢」が共に「短期決戦」に変化するためリンクに影響せず、むしろ効果が向上する。 。 これは後出しで確実に評価を上げた所でしょう。

>

全てを吹き飛ばす闘志

この辺が揃ってくると相当な強さも発揮出来て来るでしょう。 どのリンクも比較的繋がるのでとても良いですね。 言わずもがな、解放適正は最高峰です。 しかし、この姿でいる時間は殆どないのでこの状態での特徴や評価はあまり役立たないことも多いだろう。 ここまでの強さですから文句無しでしょう。

>