Excel フィルター かからない。 結合セルがあってもOK! Excelでフィルターをかけ、並べ替えするウラワザ解説

Excel(エクセル)でフィルターがかからない時の原因と解決法2つ

拙い説明ではございますが、よろしくお願いいたします。 。 当サイトでは過去に SUBTOTAL関数 について記事をアップしているので、興味のある方はそちらをご覧ください。 そうすると、印刷プレビューには、印刷範囲を無視した状態のデータが表示されます。 内容からデータ型を自動判別します。

>

結合セルがあってもOK! Excelでフィルターをかけ、並べ替えするウラワザ解説

下図のとおり、集計方法に対応した引数で指定する値が決められており、これを第 1 引数に指定します。 Step2 のところでご紹介した集計の種類の一覧には、1 ~ 11 だけがまとめられていましたが、実は、引数として指定する計算の種類を表す数字は、101 ~111 という桁数の異なる種類も存在します。 『犬種別登録頭数』からユーザーごとに、必要な条件で、必要な項目を、リスト全体から選び出すことが可能なんです。 (5)再度「A支店」で絞り込みをすると、結合したセルで絞り込みによって、想定通りの結果が得られました。 Excel(エクセル)って頭がいいですよね。

>

Excel のフィルター機能で空白セルがある途中までしかフィルタリング出来ない場合の対処法

周囲の別のパソコン(ver. ・テキストフィルター サブメニューを選択すると[オートフィルタ ーオプション]画面で「比較条件」は指定済みです。 ) これで中途半端な位置までのフィルタで困ることはなくなりますね。 データが抽出され選択した以外のレコード(行)は折りたたまれ非表示になります。 真ん中あたりに『並べ替えとフィルター』グループ• 実際にフィルタを掛けてみると11行目までが対象となっているのが分かります。 項目がまったくフィルタされない• 下図の「個数A」「個数B」には、表の [項目] 列の「データの個数」が、「合計A」 「合計B」には、表の [数量] 列の「合計」が、数式によって算出されていますが、 [項目] 列の「A」でフィルターを実行すると、個数も合計も A と B に違いがでます。 A1 セルを選択し [セルの書式設定] からロックを有効にする 3. ・作業グループが指定されている場合 ・シート、ブックが保護されている場合 まずは、1つ目の「作業グループが指定されている場合」の原因と対処法を詳しく解説します。

>

エクセルでフラッシュフィルができない時の理由と対処

下の画像は「東京本店」で抽出したものです。 先ほど数値フィルターとでたところが、プードルなどの文字が入っている列なので、テキストフィルターに変わっています。 保護を解除すると、画像のように「シートの保護の解除」が「シートの保護」と変更表示され、「ブックの保護」にはグレーがかかっていない状態へと変化します。 設定後、[フィルター オプションの設定]ダイアログの下部の[OK]ボタンをクリックします。 その場合は、次の手順でブックの計算方式を「手動」に変更しましょう。 印刷が終わったら、再度、[印刷範囲を無視]をクリックしておきます。

>

Excel のフィルター機能で空白セルがある途中までしかフィルタリング出来ない場合の対処法

そして、下図でいうところの 「非表示」というのは、手動で設定した行の非表示やグループ化の折りたたみによって非表示になっているデータのことを指します。 メニューから『数値フィルター』にホバー• セル値はD列のような感じです。 試してみてください。 早速、行ってみます。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 DATE関数・条件付き書式 エクセルでカレンダーを作成する方法を解説。

>

フィルター(オートフィルタ)でデータが引っかからない?:エクセル2013基本講座

対処法 原因のセクションでも紹介した通り、フィルターオプションを利用する場合は、元のリストの列名と検索範囲の列名が一致している必要があります。 「11行目」だけ抽出され、「12行目」は無視されているのが分かります。 「 空白より上がデータの最下行である」と認識されたのであれば、空白セルはフィルタの中に含まれていないことになります。 たとえば、普通は合計なら SUM、データの個数なら COUNTA というように集計方法によって関数そのものを使い分けるのですが、SUBTOTAL 関数は引数に集計方法を指定できるため、1 つの関数で集計方法を選択して利用できます。 完了フラグの列に「済」を入れるだけでその行のセルの色を変えることができる、コレとても便利。 対処法は、作業シートの選択を1つだけにすることです。 これは、データの個数と合計を求めるときに使用している関数に違いがあるからです。

>