香焼 工場 売却。 三菱重工・小澤取締役、香焼売却へ「交渉継続」

三菱重、長崎の主力造船所売却検討 大島造船と協議

「高い技術を求められ、誇りのある仕事だった。 生産性の権化 ドック1基でこれだけの建造を行うためには、かなりの生産性が求められます。 大島造船所は、造船国内3位の専業メーカーで、鉄鉱石や石炭を運ぶばら積み船を建造している。 奇しくも同年、三菱重工業は香焼島造船所跡地を取得し、これが香焼工場となる。 革命委員会を設置し、戒厳令を敷いて三無主義政策を実行に移す計画であったが、2度に渡って延期しているうちに、1961年12月12日に警視庁公安部に一斉検挙され未遂に終わった。 最新のコメント by すぐる at 23:53 by かたさん。

>

三菱重工 長崎造船所の香焼工場 5月末に売却契約で調整

更に100万トン級を建造可能とする研究が進み、その中で三菱重工香焼工場、石川播磨重工業知多工場は、100万tタンカー工場として完成した。 このように 生産性を上げるためにはドック回転率を上げなければならず、その為には船体ブロックを大型化することが重要です。 ところが、川南工業の躍進も終戦とともに潰える。 だが、巨額赤字を出した大型客船事業からの撤退を決定したほか、足元で液化天然ガス(LNG)運搬船の受注環境が悪化していることもあり、長崎の造船所売却の検討を迫られたとみられる。 1936年に資本金500万円に増資して株式会社化。

>

三菱重工、創業地の造船工場売却か LNG船分野は撤退:朝日新聞デジタル

重要な問題は、人件費などのコストが劣位にあることです。 弥太郎は長崎造船局を借り受け、長崎造船所と命名して造船事業を本格的に開始。 ………… 日本の経済成長をけん引してきた「重厚長大」を代表する大企業の屋台骨がぐらついている。 (徳増瑛子、華山哲幸、野村大輔). 三菱は長崎で客船修繕事業の拠点化構想を推進している。 三菱重工の造船部門は不振が続いており、製造能力を縮小してコストを削減する。

>

三菱重工、創業地の造船工場売却か LNG船分野は撤退:朝日新聞デジタル

一方、大島造船所は、地元で生産拠点が増えることになる。 三菱重工は造船事業の見直しを進めてきた。 さすがに客船やLNG船などを手掛けるのを大島は考えていないと思います。 三菱重工は造船事業の見直しを進めてきた。 三菱重工、長崎の国内最大級造船所「香焼工場」売却を検討 2019年12月12日 読売新聞 三菱重工業が、長崎造船所の「香焼(こうやぎ)工場」(長崎市)を、造船大手の大島造船所(長崎県西海市)に売却する方向で検討していることが12日、わかった。 今治や名村と提携関係にある三菱にとって、もう香焼の新造船設備は不要なのかもしれません。

>

三菱重工・小澤取締役、香焼売却へ「交渉継続」

今後に期待です。 要はクーデターである。 他方,設備投資や組織のスリム化,構造改革なども講じつつ40年余継続してきたが,昨今の情勢から抜本的対策を余儀なくされたという。 売却されるのであれば、さみしいですね」。 無理して受注を取る考えはない。

>

(2ページ目)三菱重工が長崎造船所香焼工場を売却 元オーナー川南豊作がたどった数奇な運命

かつて、川南工業が香焼島造船所を取得した際、松尾造船から施設を引き継いでいるが、三菱重工業は川南時代の施設を引き継ぐことなく新造して1972年に香焼工場を開設している。 香焼工場は長崎造船所を構成する生産拠点の一つ。 1964(昭和39)年、3社が合併して三菱重工業長崎造船所となる。 三菱重工グループでは,立神工場および下関造船所の工場設備の新鋭化などを進め,優位性を維持しつつ付加価値を高められる船舶に経営資源を集中し,造船事業の持続的発展を図る方針。 一方、中国国営2社の統合や韓国造船業の再編などが日本造船業に圧力をかけていることは間違いありません。 実現すれば、三菱重工は液化天然ガス(LNG)の運搬船の建造から事実上、撤退する。

>

長崎)三菱重工香焼工場、売却検討 地元「雇用配慮を」:朝日新聞デジタル

それでは!. 本工場は江戸幕府が建設した「長崎鎔鉄所」が始まりで、第2次世界大戦中には戦艦武蔵を手掛けた。 国内5カ所の新造船事業所の建造手法やデータなどを統一し、コスト競争力を強化する考え。 ちなみに、大島造船は本社ドックで4隻同時建造してます。 きょうの日経など、各紙が「三菱重、主力造船所を売却、業界再編が加速」などと報じている。 長崎市の田上富久市長は同日、報道陣の取材に応じ、「長崎の造船を支えてきた企業の決定ということで、大変重く受け止めている。

>