富士通 japan。 富士通 国内新会社「富士通Japan」を10月1日に発足 主要グループ会社を統合し1万1000人規模に

富士通

富士通Japanソリューションズ東京株式会社• FCENAご利用のお客様各位 最終更新日:2020年10月1日 富士通Japan株式会社 新会社「富士通Japan株式会社」への統合に伴うご案内 平素より弊社製品・サービスをご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。 産業分野別に見ると、金融では業績にばらつきが見られた。 ソリューション営業やシステムエンジニアと、商品の企画開発部門が連携し、製販一体で活動することにより、お客様に最適なICTソリューションを提供しています。 6%、従業員約43万人になる。 複数の関係者の話から筆者の見方をまとめた。 当社は国内ビジネスにおいて「富士通Japan」を中核とする新たなフォーメーションで、日本が抱える多様な社会課題解決や、イノベーションによる地域活性化、Society 5. 富士通Japanソリューションズ九州株式会社• 2 富士通エフサスと富士通ネットワークソリューションズの営業機能を統合(2021年4月予定) ICTインフラの構築・運用・保守サービスに強みを持つ株式会社富士通エフサス(注5)、ネットワーク領域をコアに事業展開する富士通ネットワークソリューションズ株式会社(注6)の2社についても、2021年4月を目途に営業機能を「富士通Japan」に統合し、グループとして最大価値を提供できる体制を目指し、フォーメーションの最適化を進めていきます。 まずは10月1日付で、準大手や中堅・中小企業を担当する富士通マーケティングを富士通Japanに統合。

>

富士通、新会社「富士通Japan株式会社」発足

御用聞きの営業も不要だ」と、くぎを刺す。 また2021年4月には、インフラ構築・運用・保守サービスの富士通エフサスとネットワークの富士通ネットワークソリューションズの営業機能も統合する予定。 「新会社の社名は、やはりJapanだよね」。 当社の以下の国内ビジネス部門を「富士通Japan」に統合• 代表取締役社長には、富士通マーケティング代表取締役社長の広瀬敏男氏が就任。 第二新卒の採用も積極化する。 様々な社名案が出た中で、富士通の時田隆仁社長は富士通Japanという案を推していた。

>

富士通 国内新会社「富士通Japan」を10月1日に発足 主要グループ会社を統合し1万1000人規模に

事業内容(2021年4月1日時点) : 自治体、医療・教育機関、および民需分野の準大手、中堅・中小企業向けのソリューション・SI、パッケージの開発から運用までの一貫したサービス提供。 富士通 代表取締役社長の時田隆仁氏 「IT企業からDX企業への変革」は、時田氏が2019年6月に社長に就任して以来、掲げている富士通のテーマだ。 新会社には、2021年4月まで段階的に富士通とグループ会社の国内事業の機能を集約する計画で、まず10月1日時点で準大手、中堅・中小企業向け事業を主力とする富士通マーケティングと、流通・ヘルスケア・自治体分野などの事業を強みとする富士通エフ・アイ・ピーを新会社に統合する。 富士通は7月17日、国内事業新会社「富士通Japan」を10月1日に発足させると発表した。 さらに、そうした取り組みを全員参加型かつエコシステム型で推進していくための態勢づくりについて、次のように述べた。 関連キーワード ,• A division of Japan Corporate News Network. 2020年度(2021年3月期)の経営方針においても、それを遂行するための取り組みが中心となっている(写真1)。

>

2019年ITサービス上位5社は、富士通、日立製作所、NTTデータ、NEC、IBM─IDC Japan

10月 - 株式会社富士通マーケティング(FJM)に社名変更。 富士通マーケティング(FJM)が担当する中堅企業に加えて、自治体や教育機関、医療機関向けの組織を統合し、おそらく市販のITサービスや部品を組み合わせたソリューションなどのパッケージ型ビジネスを展開するのだろう。 社員数は10月1日時点で約5400人、21年4月1日時点で約1万1000人になる見込み。 9月 - 富士通の完全子会社化。 これらの活動を通じて、富士通自身のDXを一層加速させていきたい」(図1参照) 社内DXのさらなる推進における主な施策(出典:富士通の資料) この取り組みにおいて要となるのが、DX人材への転換を図るための手法となる「デザイン思考」だ。 営業からシステム構築、パッケージの開発、運用まで一貫した事業体制をつくる。 田中会長が富士通社長時代に推進したものの、経営体制の変更とともに宙に浮いた形になっていたグループの統合・再編が、ここにきて大きく動いた。

>

富士通の組織再編、背景にアクセンチュアへの脅威?

新会社「富士通Japan株式会社」について(予定) 発足:2020年10月1日 代表取締役社長:広瀬 敏男(現 株式会社富士通マーケティング 代表取締役社長) 社員数:発足時は約5,400人,2021年4月1日時点で約1万1,000人。 情報ネットワークサービス• アジャイルなど開発手法も従来とは異なる。 グループ会社の機能を段階的に「富士通Japan」に集結• No reproduction or republication without written permission. 9月 - 東京証券取引所1部指定。 しかし新型コロナウイルス感染拡大による自治体や医療機関の影響を考慮し、統合を延期していた。 4月 - 石井通信工業株式会社を設立。 富士通Japanの社長には、当初の新会社の計画どおり、広瀬敏男・現FJM社長が就任する。

>

富士通の組織再編、背景にアクセンチュアへの脅威?

また,AIやクラウドサービス,ローカル5Gなどを活用したDXビジネスの推進。 [画像のクリックで拡大表示] ワン富士通で日本一を確立 2020年10月の富士通Japan発足時の社員数は5400人の見込み。 事業内容(2021年4月1日時点):自治体、医療・教育機関、および民需分野の準大手、中堅・中小企業向けのソリューション・SI、パッケージの開発から運用までの一貫したサービス提供。 とりわけ富士通の時田隆仁社長がJapanを推した。 米Microsoftはが、日本の「りんな」を含むチャットbot関連事業を分社化すると発表した。 (本多和幸、日高彰). 営業の方が経営へのアプローチに長けているとの見方もあるが、ある富士通関係者は「顧客のトップを接待したり、表敬訪問したりする営業や役員は必要ない。

>

富士通の組織再編、背景にアクセンチュアへの脅威?

富士通の国内事業であるJAPANリージョン部門長を務める窪田雅己執行役員専務は、富士通Japanの位置付けをこう説明する。 口座名義の変更について(FCENAメールサービスご案内 2020年9月8日付) 2020年10月1日以降、貴社から弊社へのお支払いに関して口座名義の変更をお願い致します。 富士通サービスなど英国に約2年間、駐在した時田社長は、欧米IT企業との違いが分かってきたこともあるだろう。 そうした中で、富士通は大型SIと地域、デジタルの3社体制で製販を一体化し、営業のあり方も変える。 自治体、医療・教育機関を担当するビジネス部門(2021年4月1日付) 全国地域のお客様におけるICTの高度化や地域が抱える様々な社会課題の解決、新ビジネス創出を加速させるため、自治体、医療・教育機関を担当する当社ビジネス部門を新会社に統合します。 5社の社員が2段階で集まる 富士通は2段階で再編・統合を進める。 時田氏はこの点について、「13万人がDX人材となるべくデザインシンキング(以下、デザイン思考)やアジャイルマインドの教育を進め、多様性を重んじた風土への転換を図っていく」と説明した。

>