Mpm スター スクリーム。 MPMスタースクリーム レビュー

トランスフォーマー マスターピース

(日本未発売) 『マシンウォーズ』ではスカイクウェイクの仕様変更品として発売(日本未発売)。 第7話のラストでも取り憑いている。 台詞は、『 ジェネレーション2011 VOL. アニメ版のデザインにかなり近づいた。 『』第12話「不思議の国のダニエル」におけるウェイター姿も再現可能。 ランディングギアは収納式。 翼の合いも良い感じ。 MP-3G スタースクリーム ゴーストVer. MP-23 エグゾースト 2015年2月発売。

>

スタースクリーム (すたーすくりーむ)とは【ピクシブ百科事典】

敵に背を向け、は時に仲間さえも見捨てて戦場から去ってゆくことすらある。 声優 原語版と日本語版で大きく声質が異なることでも知られる。 開発担当は国弘高史、版は江島多規男。 なので それまでのスタースクリームの集大成、とも言える。 メガトロンに至っては 「スタースクリームの統率力はガキと同じ」と揶揄するほど。 MPM-02 2010年12月発売。 メガトロンのすぎる対応には海外のファンもネタ…というより疑問視しており、トランスフォーマーのファンでもあるNostalgia Criticはスタスクがデ軍に継続勤務できる理由として 「奴の作るクッキー(アメリカにおけるお婆ちゃんの味的な?)がめちゃんこ美味いから」と推測してるほど(当然ジョークだが)。

>

トランスフォーマー マスターピース

メガトロンの怒りを買い、場外に落とされてしまった。 このエピソードから、転じてスタースクリームという単語が 形容詞であることが発覚し、以降愚か者の代名詞としてファンの間で広まるようになる。 アドベンチャー CV:ビリー・ボブ・トンプソン/吹:鶴岡聡 ディセプティコンの幹部格の一人で、シーカーズのリーダー。 日本未放送のシーズン3『 Beast Hunters(ビーストハンターズ)』(第53話から第65話)では、各地に散ったオートボット追跡の指揮を任される。 終盤では最後までガルバトロンに尽くし、仲間を鼓舞した。

>

EEEARG!トランスフォーマー マスターピースムービーシリーズ MPM

カラーリングは濃い青で、USAエディションのスタースクリーム同様汚し塗装がしてあるなど、実機に近いテイストになっている。 海外で発売されたリーダークラススタースクリームの塗装変更品で、より本物のに近い塗装になっている。 MP-12 2012年10月発売。 「一番の武器はこのオツム」と自負する通り、策略にかけては殊に才能を発揮するが、詰めが甘いので失敗が多く、自分の策が自分へ跳ね返る局面もしばしば。 相手を倒すために態勢を整えて必要なパワーを再びチャージする…はこれを第一と計算しているのだ。

>

スタースクリーム

付属フォースチップは「セイバートロン(デストロン)」。 いわゆるの気があるのかもしれない。 正義感溢れるナンバー2、というマイ伝版とは違う意味で漢を示した好人物である。 (日本未発売) 1993年に始まったG2では初代玩具色替え したスタースクリームとラムジェットが発売され、ナルビームの部分が新規変更された他、ライト・サウンドギミックのバックパックを背部に搭載することが出来た。 MP-18S シルバーストリーク 2014限定版。

>

MP

旧作同様にプライドが高く野心家であるが、正々堂々とした真っ向勝負を好む、パートナーのマイクロンたちを大事にしマイクロンからも慕われる、卑劣な行動を嫌ったりするなどといった若々しい武人としての側面が付与された。 顔立ちも歴代のスタースクリームとは異なっており、コンボイの顔立ちに近い(他のスタースクリームの顔に鼻があるのに対し、彼のみマスクがある)。 右手はスイッチを引くと装甲を割ってガトリングガンがせり出すギミックが。 アメリカでは『』レーベルにて、カラーリングがアニメ版に準拠したものが、2007年秋にで限定発売され、日本ではアメリカの玩具基準によって改修された部分を元に戻したものが「USAエディション」として2008年2月に発売された。 クラシックプリテンダーの玩具CMではビクター・カロリーが担当。 版スタースクリームに付属しているファイルカードには、メガトロンの「野心を煽ると実力を発揮する」という旨のコメントが記載されており、また劇中では「だからいつまで経ってもナンバー1にはなれんのだ」とのセリフが登場し、これらのことから、メガトロンから「優れた実力を持っているが、ナンバー2止まりの男」と評価されている模様。

>