イーグルス 名曲。 デスペラード(イーグルス)の歌詞を和訳して歌ってみたら、やっぱり名曲だった!

イーグルスのおすすめ5曲!世界で1番アルバムが売れたバンドの名曲を紹介

。 彼はこれを不服として、解雇取り下げを求める訴訟をバンド側に対して行う。 6 暗黙の日々• ロックのスターダム、絶頂期へ [ ] 1975年、大ヒット・アルバム『 』を発表。 1995年 Hell Freezes Over Tour 11月9日 、11日,12日,20日,21日 、14日,15日 、18日• 原題: 1994• イーグルスは『ホテル・カリフォルニア』で、ロックの世界で常態化していた過剰さと自傷行動を捉えようとした。 全英チャート4位を記録しました。

>

イーグルス『ホテル・カリフォルニア』知られざる10の真実

2007年10月31日に、久々の新作『 』(19曲+ボーナストラック1曲入り、2枚組)を発売した。 CAN: プラチナ• 次の"ホテカル"は 好きな人ごめんなさい 当時、暗いな~! DOOBIEは問答無用で楽しめるけど、EAGLESは何かひとこと言わないといけない雰囲気。 1974年 The Best Of My Love (1位)• メンバーのグレン・フライが、当時同一のアパートに居住していたのと共作した「」が、1972年にデビュー曲でいきなりシングル・ヒットを記録。 かと言って他に適切な訳も思い浮かばないので、私は「デスペラード」という名前のヒトなんだと勝手に認識している。 <収録曲>• () 1975年にリリースされた名盤『呪われた夜』に収録、シングルカットされて全米チャート4位を記録した大ヒット曲です。

>

Eagles(イーグルス)のアルバム一覧

Records — 3• 2016年3月、解散。 コンサート・ツアーを終えると、次のアルバム制作に取り掛かる。 Released: 2005年• この曲はシングルカットされていないが、ファンの人気は高く、1994年の『ヘル・フリーゼズ・オーヴァー』再結成ツアーのハイライト曲であった。 3月10日、ドン・ヘンリーが解散を表明した。 なので、「let somebody love you」は直訳すると「誰かに愛される」という意味になります。 金やセックス、ドラッグでは癒やすことができない重苦しい停滞感が、バンドや音楽業界、国全体まで覆い尽くしていた。 再結成以降 [ ] 1994年に、第1期最終メンバーによって再結成。

>

イーグルスの作品

4曲の新曲とライブ収録曲を併収した変則アルバム『 』を発表し、以後世界規模でのツアーを繰り返し展開。 1975年 『』 One Of These Nights (1位)• ファンの間で人気の高い曲であり、イーグルスのオリジナル・メンバーにして初代ベーシストのランディ・マイズナーさんがリードボーカルを担当した楽曲の中でも、代表的なナンバーです。 一言にまとめるなら『イノセンスの終焉:第1章』といったところかな」 それでは、この大ヒット作の知らざれる裏話を振り返ってみよう。 1977年 Life In The Fast Lane (11位)• 1980年 Seven Bridges Road (21位)• このことはテンプチンの将来の経済面を大きく左右することになった。 ビバリー・ヒルズは僕らにとって、未だに架空の都市としてあり続けていた。

>

イーグルスの楽曲一覧

最高で全米チャート22位を記録しました。 全米チャート1位を記録し、全英チャートでも18位を記録しました。 1979年 『』 The Long Run (1位)• Label: Asylum Records 41 — 36 39 — —• UK peak position from 1988 orig. 2 ニュー・キッド・イン・タウン• 1974年 Already Gone (32位)• 10月20日より名曲「ホテル・カリフォルニア」の1976年のロサンゼルス・フォーラムでのライヴの配信もスタート、なお、iTunes Storeでアルバムを予約者はその場でこの曲のダウンロードが可能となる。 しかも、この5曲がとても素晴らしい。 全米チャート8週間連続1位を記録し、同年度のグラミー賞最優秀レコード賞を受賞しました。

>

イーグルス『ホテル・カリフォルニア』知られざる10の真実

1972年 『』 Eagles (22位)• The Very Best of the Eagles The Very Best of the Eagles 2001年に発売されたイーグルスのベストアルバムです。 10 過ぎた事(ライヴ)• 元々の音楽的ルーツとしてカントリー・ロック志向が強い4人であったため、前作のレコーディングとプロモーションにはかなりの労力が注がれたが、セールス的には失敗といえる有様であった。 4 ジェームス・ディーン(ライヴ)• 1976年 New Kid In Town (1位)• これに、、、の4名が顔をあわせ、後に彼らは独立して、1971年8月にバンドを結成することを思いつき、ロンシュタットが所属していた(拠点・)から イーグルスとしてデビューした。 タイトル曲「」をはじめとし、、ベストポップボーカル賞を獲得した「」、がボーカルをとる「」と3つのヒット曲を生んだ。 2011年3月1日からにかけて、実に7年ぶりとなる5度目の来日ツアーを東名阪ドームで実施した。 Contents• 70年代後半になると、無邪気で浮かれた夢物語はビジネスや名声からくるプレッシャーに侵害され、かつてのイーグルスにあった「ピースフル・イージー・フィーリング」はすっかり遠のいてしまった。

>

Eagles(イーグルス)のアルバム一覧

原題:• 原題:• Released: 1980年11月7日• 1 Surround Sound• 5 地獄の良き日(ライヴ)• ヘル・フリーゼズ・オーヴァー Hell Freezes Over 1994年11月8日 に発売されたイーグルスの2枚目のライブアルバムです。 呪われた夜 One of These Nights 1975年6月10日に発売されたイーグルスの4枚目のアルバムです。 5 時は流れて(リプライズ)• ぜひ、ライブ音源も合わせてチェックしてみてください。 「僕にできたことはたくさんあったはずなんだ、ベイビー。 全英チャート8位を記録しました。

>

EAGLES

また、バーニー・レドンの紹介で、彼の親友でアマチュア時代のバンドメイトであった出身のギタリスト、元 フロウ( Flow )のが収録曲中2曲において参加し、ロック的色彩を強めることとなった。 原題:• そしてリリースされた『 』においては、ハードロック、バラードさらにディスコ・チューンにまで多様な音楽性に挑戦するが、製作ヴィジョンが曖昧で展開するサウンドにもっぱら主張や一貫性はないなどと批判された。 Eagles Catalog CD Album Box 2005年に発売された、イーグルスのアルバムボックスセットです。 2 ニュー・キッド・イン・タウン• 2 テイク・イット・トゥ・ザ・リミット(ライヴ)• 1980年 『』 Eagles Live (6位) --- ライブ盤• 2007年 『』 Long Road Out Of Eden (1位) ベスト・アルバムなど [ ]• イーグルスの代表曲として真っ先に挙げられるのが、この『ホテル・カリフォルニア』です。 Schmit vo, cho, b担当 1947年10月30日 - 1978年から在籍 出身• イーグルスはもう何年も採り上げることのなかった「サタデイ・ナイト」「ドゥーリン・ドルトン」「今朝発つ列車」といった曲も演奏している。

>