ナカミチ カセット デッキ。 ハイファイオーディオ

カセットデッキ ナカミチCR

お見積ご連絡 お預り後、検査して2~6週間程度でお見積をご連絡いたします。 加えて当時はテープメーカーも魅力的な商品を全力で開発していましたが、現在では極限られたテープしか流通していません。 A ベストアンサー 明らかにナカミチの方が「音」として一枚も二枚も上の高級機だからでしょうね。 録音レベルの設定で音は決まります。 4kg センダスト RP-9E 周波数分散型 ダブルキャプスタン 1980年 1000ZXL 3ヘッド 550,000円 0. (昭和43年) - 、、へオープンリールデッキをOEM供給する。 消去ヘッドのケーブルがこの部分に接続されています。

>

DRAGON/Nakamichi

バージョン違いはありましたが、換装作業は可能でした。 テープ個々に対して全自動でアジマス、バイアス、イコライザー調整が出来、その優れた走行系を生かす為にカセットテープ本体のフェルトのパットを機械的にキャンセルするといったものでした。 そこで、基板にあるドルビー用のICを見てみると、合計4つ実装されているのが確認できます。 つまり、何というかアナログ時代の最高水準のカセットの音なのです。 KA5ES、KA7ESといった上位機種の存在と6万円台といった価格から制約が多すぎ 構成部品の簡素化、低コスト化で末弟機として差別化が図られています。 また、つい最近も、同じメーカのHDDレコーダの買い増しをしたら、性能も操作性も凄く悪くなっていて、驚かされました。 価格は確か50万くらいだったと思います。

>

ナカミチLX

これにより録音するテープをセットしてキャリブレーションスイッチをONにするだけで調整ができ、プレイボタンのインジケーターの点滅が終われば調整完了となります。 ナカミチの愛用者ですがDR-1は使用した事ありません、従って 一般的なテープデッキの使用法になりますが、既知の事でしたら 無視して下さい。 3です。 ゴムが緩んで、テンション緩んでいるので、ホイールの中心にゴムベルトが来ないことがあり、長時間走行させると摩擦熱(?)でよけい状況が悪くなるのではないでしょうか。 に移転する。

>

CR

他のデッキで録音したテープを再生する場合に、高音不足やドルビー利用時の不自然な音を感じたことは無かったでしょうか。 しかし、カセットデッキはヘッドの摩耗や駆動ベルトだけでなく、録音・再生・早送り・巻き戻し等の切り替えの為のメカも当然劣化します。 (CDレコーダーを使用しています。 No.1の人が言うようにキャプスタンの不具合も考えられます。 他社のカセットデッキでは磁気ヘッドに調整機能は盛り込んでいませんでした。

>

ハイファイオーディオ

2 NEC A-10(1983年10万円)この後TypeIVまで出ましたが、総合的にこのオリジナル機がベスト。 またナカミチ独自の「サイレントメカニズム」と書かれていましたが、他社製のメカですので、当然オリジナルではありません。 で普及機ですが(といっても中級機の価格帯ですが)おっしゃる通りで余りの差に愕然としました。 (予期せぬトラブルや配送混雑時などは、出荷が遅延することがあります) お取り寄せとなっている商品はYahoo! センダストヘッドは1978年にメタルテープが登場した時には、特性の良さと摩耗の少なさから各社に採用されました。 それが、真逆と思えるほどユーザーに寄り添う機能が満載されたのが、CR-70でした。 したがって、リファレンス・テープを使う限りは、チューニングの必要がないということになりますね。

>

ナカミチ Nakamichi ドラゴン DORAGON カセットデッキ

なぜか、くっつくようになってしまいます。 中でもナカミチは独自の独立3ヘッド、Wキャプスタン、高品位の録音・再生イコライザー、ラインアンプ等で驚異的なワウ・フラッターと周波数特性を出しました。 荒い作りだとその時思いました。 アジマスAUTOを手動で解除出来るようになっていれば幅広く使用出来たと思います。 このことは市販のミュージックテープ再生時にもあてはまります。 ) これも完全動作します。 どうも失礼致しました。

>

ナカミチLX

ワイヤーケーブルを利用したメカ。 (予期せぬトラブルや配送混雑時などは、出荷が遅延することがあります) お取り寄せの商品はご契約確認後、30日以内に出荷いたします。 意味が良くわかりません。 ナカミチに詳しい方でしたら、カーオーディオでNAAC搭載機のTD-1200のヘッドなら換装出来ると思われたかもしれません。 ところが、限られたカセットハーフでは、そのスペース確保が出来なかった。 現在は、特に問題もなく動作している。 2ミクロンの「RP-2G型」です。

>