タチアオイ。 タチアオイの花言葉や誕生花・特徴・由来・英名など一挙紹介!

ムクゲ(槿 木槿)・フヨウ(芙蓉)・タチアオイ(葵)の違い・特徴

【栽培メモ】 'サマーカーニバル' という品種を秋播きにして、冬は不織布を掛けておいたところ、春になってよく咲いてくれました。 室町時代に観賞されていた記録があることから、古くから栽培されていたとのこと。 葉のようす 葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。 まさにいいことづくめの花といえるでしょう。 昔から、「美しい人のたとえ」に用いられている花で、美しくしとやかな顔立ちのことを「芙蓉の顔」ともいいますよ。

>

タチアオイ(ホリホック)の育て方|ヤサシイエンゲイ

植え替え・植え付け タチアオイは一度植えてしまうと、植え替えを行うことができない植物です。 種小名のロセアは「バラ色の」の意で、おそらく花色に由来します。 鉢植えにする場合は赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜた土を使いましょう。 ハイビスカスよりも切れ込みが深いです。 耐寒性: 耐寒性は比較的強いです タチアオイの育て方 日当たりと水はけのよい場所に植えます。

>

ムクゲ(槿 木槿)・フヨウ(芙蓉)・タチアオイ(葵)の違い・特徴

葉には葉柄が有り、葉形は円形で5~7浅裂した掌形をしており鋸歯縁、茎に互生して付きます。 苗が小さいときでも葉を食べられることがあり、生育に大きな影響を受けますので注意します。 ただし、一年草タイプは、冬場、不織布を掛けておくと、春先に充実した株になってよく花が咲いてくれますし、開花も早まります。 主な開花期は梅雨頃から夏で、どことなくハイビスカスに似た花を穂状にたくさん咲かせます。 また多年草種の花後の夏越しもやや難しいです。 すまぬ。 タチアオイの育て方背が高くなるのですが、かといってその重い身を支えるほどは茎が強くないので、支柱をしなくてはいけません。

>

立葵(タチアオイ)の花言葉|花の季節や開花時期、種類は?

地上部が枯れてもで翌年も咲くことがあります。 日常の管理 花茎が長く伸びますので、風雨で株が傾いてしまうことがあります。 つぼみのようす 次ぎ次ぎに花が開いていきます。 ・ 一年草・二年草・多年草があります• 基本情報• 花期後半は茎てっぺんにぽつんと花がある不格好な姿となるため、花見は花期初めのうちが良い。 タチアオイ 立葵 の育て方で注意すべき病気・害虫 かかりやすい病気 タチアオイがかかる病気には、斑点病や炭そ病などがあります。 タチアオイを移植した方のブログをみると、移植後1か月は大丈夫だったようですが、2か月過ぎたころには自然に株が消滅していったと書かれていました。 郷愁を誘う田舎の雰囲気がよく似合います。

>

タチアオイの育て方

丈夫でそのほかの条件はあまりこだわりません。 英名のホリホックでも親しまれていますが、これは葉の形がヒイラギ(ホーリー)に似ており、茎の節がくるぶしのようにぼこっと節くれ立つ(ホック)様子に由来します。 できれば風通しのよい場所に植えたいです。 寒地では春播きにします。 こぼれダネでも増える丈夫な花ですが、アオイ科らしくイモムシ等の害虫の被害にあいやすいです• その他の画像• 立葵 アオイ目/アオイ科/タチアオイ属 花期/ 結実期/6月末~7月中旬 学名/ Alcea rosea L. 初夏に入るころから花茎が高く伸び始めて、一番下の花から順に上に向かって開花していく。

>

タチアオイ

一年草タイプは3月~4月にタネをまくとその年の夏に花が咲き、9月頃にまくと翌年の初夏~夏に花が咲きます。 古くからある花で和風の庭にも合わせられないことはありませんが、基本的には洋風の庭に合います タチアオイの主な品種 1~2年草種、多年草種など多数の品種があります 「サマーカーニバル」 1年草扱いに出来る秋まき翌年開花の品種。 発芽率はやや悪く、育苗は比較的楽です。 種まき タチアオイの種まきでは、3つのタイプ 春に種を蒔く一年草・秋に種を蒔く一年草・二年草 に分類され蒔く時期が異なります。 春蒔き一年草のタチアオイの場合は、種まき時期は3〜4月です。 韓国の呼び方「無窮花(ムグンファ)」またはムキュウゲ」が変化して「むくげ」となったとも。 手のひらみたいに横にも広がっています。

>

タチアオイの育て方

しかし、こちらのタチアオイはダメだったようです。 花の大きさは、「フヨウ」が少し大きめ。 花茎の長さは品種により様々です。 一年草タイプは春まき夏開花ができると言われていますが、開花が安定しないうえ花も小さくなりやすいので秋まきする方が良いでしょう. 長く直立した花茎に、6~10㎝ほどの花を穂状につけます。 英名コモン・ホリーホック(Common hollyhock)からホリホック(ホリーホック)とも。 シャベルで掘り起こしてみると、なるほど、直根性だというのがよーくわかりました。

>