レイカーズ 対 シクサーズ。 ロサンゼルス・レイカーズ

無礼なシクサーズファンに大人の対応を見せたウエストブルック

フィラデルフィア・セブンティシクサーズ ( シーズン順位:6位、43勝30敗)• 1982年にはジェリー・ウェストがジェネラルマネージャーに就任、をドラフト1位で獲得し、ジョンソンを中心とした華やかな速攻は「 ショータイム」と呼ばれた。 188センチ、83キロ。 (1991-01) 外部リンク [ ]• 01年当時のコービーは身体能力こそ全盛期にあった。 これは、や10秒ルールなどが適用され、試合のテンポを早める工夫がされる前である。 この強い絆が失われることはないのだから」 2010年以来となるレイカーズの優勝に尽力したハワード。 ナショナルズはにプロバスケットボールリーグ NBL National Basketball League に参加した。

>

2000

一時は噂が途絶えたが、06-07シーズンが開幕して間もない上旬にフロントがアイバーソン放出を明言し、結果が残せなかったチームは再編を迫られることになった。 663 ディビジョン決勝勝利 NBAファイナル敗退 レイカーズ 4, 3 4, レイカーズ 2 1963-64 42 38. 19 :1949-1959 C• はコービーがわずか6試合、ナッシュが15試合しか出場にできなかったこともあり、ロサンゼルスにフランチャイズ移転以降初めて30勝以下となる、27勝55敗でシーズンを終えた。 619)を誇る。 15勝1敗でプレーオフを制したことで、レイカーズは当時のプレーオフにおける歴代最高勝率(93. その後はイグダーラを中心に再建を図っている。 :2008-2011 C• そこで俺は、今必要とされているのはこのチームなんだと思ったよ。

>

シクサーズ移籍のドワイト・ハワード、レイカーズへ別れの言葉を送る「優勝を果たせたのは満たされる思いだった」

第1戦 [ ] 107, OT 101 得点: 48 リバウンド: 16 アシスト: 9 Steals:アイバーソン 5 得点. ガソルとバイナムはまぁ良いとして、メタとフィッシャーの酷さは異常です。 8シーズン続いていたプレーオフ進出も途切れることとになった。 : 2005-2012• にはセルティックスを下してファイナルへ進出、しかし新人の活躍によりシクサーズは2勝4敗で優勝を逃した。 :1997-2001 , 2008-2009• 2008-09シーズン、ファイナルでを破り7季ぶり15回目の優勝を果たした。 待ちに待ったプレーオフがいよいよ始まります! しかし通常のシーズンに比べると、かなりスケジュールが変わってしまってプレーオフのスケジュールがどうなっているのか気になります。

>

【NBA】シクサーズ新HC就任 ドックの古豪〝再生オペ〟に期待

フレッド・シャウス 1960-67, 1962-63, 1965-66• 683 1回戦勝利 カンファレンス準決勝勝利 カンファレンス決勝勝利 敗退 シクサーズ 3, 1 シクサーズ 4, 3 シクサーズ 4, 3 4, シクサーズ 1 2001-02 43 39. 勝率5割をきっていた彼らには高すぎるハードルだった。 732 1回戦勝利 カンファレンス準決勝勝利 カンファレンス決勝勝利 勝利 レイカーズ 4, 1 レイカーズ 4, 1 レイカーズ 4, 1 レイカーズ 4, 2 通算勝敗 3333 2282. : ()• バックスは、、らのの活躍で15年ぶりに地区優勝を飾った。 体を酷使している影響は少なからず出ているかなと感じます。 その他に1回の優勝がある。 だが、その後も低迷が続き、トレード期限日にカーター=ウィリアムスに見切りを付ける に放出 という不可解なトレードを敢行するなど最後まで迷走し、最終的には10連敗を喫しリーグワースト3位の18勝64敗という散々な成績でシーズンを終えた。 44 :1960-1974 C 50• 更にから地元出身のを獲得するなど、積極的に動いたが、前シーズンからの悪夢は続く。 481 ディビジョン準決勝勝利 ディビジョン決勝敗退 ナショナルズ 3, 0 4, ナショナルズ 1 1961-62 41 39. (英語)• : 2019-• 1996-2016:コービー・ブライアントの時代 [ ] シャック&コービーの王朝 [ ] シャキール・オニール(左)とコービー・ブライアント(右)は3年連続のNBAチャンピオンをチームにもたらした。

>

レイカーズはコビー、シクサーズはAI…全30球団の“オールドラフトチーム”を米メディアが発表!【Part.1】|ニフティニュース

606 ディビジョン準決勝勝利 ディビジョン決勝敗退 ナショナルズ 2, 1 3, ナショナルズ 1 1952-53 47 24. マイカンはレイカーズがミネアポリスに本拠地を置いていた時代のエース。 :1973-1975• 今季はチームの柱であったデュラントがチームを去った事により、昨季以上にスタッツが伸びるのではないかと予想されているウエストブルック、精神面も成長した彼の奮闘を大いに期待したいものです。 ブラウンヘッドコーチは、スパーズ時代、ヘッドコーチの下、選手育成コーチ時代に、その後スパーズのビッグ・スリーを担うこととなる2001年入団の、2002年入団のらの育成にも貢献しており、ここでも新人育成の手腕を発揮し、ドラフト11位指名からを新人王へと導いている。 プロであれだけオープンショット外し続ける選手がスターターって、ほとんど3対5で戦ってるようなモノですね。 他の選手がより積極的にオフェンスにかかわった結果、シクサーズは当時NBA史上最高の68勝13敗の記録でシーズンを終えた。

>

2000

ダラス・マーベリックス (シーズン順位:7位、43勝32敗)• :1978-1989 C• 今年は西の名門レイカーズが優勝して盛り上がりましたから、シクサーズもリバースHCの下で躍進してほしいものです。 オフに選手の大幅な入れ替えを行ったヒートとマジックは、シーズン前半に連敗を繰り返したが後半には持ち直し、それぞれ前季とほぼ同水準の勝率を収め、マジックは1シーズンぶりにプレーオフに復帰した。 ヘッドコーチの手腕によっては勢いで優勝の可能性も十分にありえます。 :1978-1986 C 1980年代 プレイオフ進出:9回 ファイナル進出:3回 優勝:1回• : 2017-• : 2018• 2013年に球団社長兼GMに就任した はあからさまに将来のドラフト指名権で上位を得るために級の選手しか揃えず、向こう数シーズンを「」 わざと負け続けること しているのではないか疑われ、勝利への姿勢を疑問視されているのだが、実際に前シーズンに続き連敗という形で出てしまった。 :1966-1971 C 50• これから先もその気持ちは変わらないし、僕らはずっとチャンピオンさ。 (英語)• 特に76ersが猛反撃を見せた時間帯に10本のシュートを立て続けにミスしたことが敗因に繋がった。 プレーオフを逃したこともわずか10回(2019年時点)しかない。

>