神戸 市バス 4 系統。 神戸市共同運行路線|路線バス|神姫バス株式会社

4系統停留所一覧

営業所 [ ] 現行営業所・操車場 [ ]• これは、市街地路線を中心に、「」の廃止路線に代わって「神戸市 バス」路線を開設してきたことによる。 なお、2005年に廃止された須磨営業所は、廃止されるまでは西部地区に属していた。 なお、他事業者の昼間用乗車券は休日に限り終日利用可能のところが多いが、神戸市バスでは休日であっても利用時間帯は9時30分~16時となっている。 途中港湾部の工業地帯を経由し、ほとんど住宅地がないため、朝夕のラッシュ輸送に特化している。 なお、近郊区から普通区に乗り入れてくるバスは、整理券が発行されているので、近郊区のみの乗車でも受け取る必要がある(逆に普通区から近郊区に乗り入れるバスの場合、近郊区に入ってからの料金境界の関係で、普通区内でも整理券を発行する区間と発行しない区間がある)。 学校データ…ノートルダム女学院中学高等学校 読売新聞• 南:中央南営業所• これは、神戸北町では神戸北町操車場と車道に直接面した住宅が建ち並んでいる関係で降り場のバス停が設置できない他、大原3丁目の降り場の位置が神戸北町と至近距離 神戸北町と三宮行きの大原3丁目の間にある になっているためである。

>

神戸新聞NEXT|総合|神戸市バス休止路線なんと4割超 京都、大阪に比べ突出 「廃止」にしない理由とは

担当系統…2• しかし、2015年より三が日は運行を休止する。 700番,800番,900番台:日野(松原・垂水・西神[玉津]) 2001年度より入札制度による車両購入に変更されてからは、新車導入時の営業所ごとの連番となっている。 行先が同じでも系統が異なる場合は、それぞれの系統別に分かれておりますので、合わせてご覧いただくようお願いいたします。 (以上の内容は、関連文献「神戸市交通局八十年史」を参考にしたものである。 詳細はを参照のこと。

>

神戸新聞NEXT|総合|神戸市バス休止路線なんと4割超 京都、大阪に比べ突出 「廃止」にしない理由とは

開設年月…2020年11月1日• では、「深緑色」(ローン・グリーン)と説明されている。 停車バス停一覧• 開設年月…2018年8月1日• 1990年代初頭に廃止された。 小児料金は、大人料金の半額で、5円の端数は10円に切り上げる。 特に、魚崎と石屋川の間では頻繁に行われている。 29系統 [ ] 運行区間• 場所…神戸市芦原通5丁目1-31• このほか、1977(昭和52)年には、短縮された急行1系統に代わって浜手側を運行する旧・急行10系統(吉田町一丁目 - 神戸駅 - 栄町 - 三宮)も新設されている(その後急行運転をやめ、現在は廃止)も存在した。 鷹取団地前経由便は、誤乗対策として方向幕は青地に白文字だった。

>

病棟看護師

場所…神戸市弓木町1丁目2-1• 開設当初は、いすゞ・三菱ふそうが混在していた。 (ハイブリッド車やMT車、初期型のAT車、ふそうのAT車は特に対象になりやすい。 また、当初は神戸駅前まで運行されていたが、2014年の路線再編で兵庫駅止まりとなった。 現在はほとんどがノンステップバスで運行されている。 html 1)17系統の路線変更 これまで起終点であった「駒ヶ林公園前」停留所を廃止し、新たに「二葉町」停留所を起終点とした路線に変更いたします。 開設年月…• 市バス向けの乗車カードとしては、「市バス専用カード」と「市バス昼間専用カード」の2種類がある。

>

神戸市バス 4系統 兵庫駅前

譲渡先のバス会社は以下の通り。 料金体系は、「 普通区」と「 近郊区」に大きく分けられる。 バス乗換路線• ダイヤおよび停留所 循環運転が主体となっており、右回り・左回りともに8時台後半から17時台までの運行で、1時間におよそ1本程度。 大人1人の支払いは、現金・市バス専用カード・NewUラインカード・ICカード・定期券いずれも可能。 ダイヤ及び停留所• なお、新規の発売は中止されたものの、既に購入していたり出回っているカードについては引き続き利用が可能である。 臨時系統は2系統のルートと同じ区間ではあるが、系統表示は「臨」となっている。 また、利用者数が多いこともあって、神戸市バスの展開する路線の中でも路線収支は好調な方で、2013年度のは80、2014年度の営業係数も13年より悪化はしているが82であり、黒字路線の1つである。

>

神戸市:神戸市バス 系統一覧

(神姫バスに業務委託)• 詳しくはから閲覧できる各停留所の時刻表を参照のこと。 2009年3月の新聞報道によれば、神戸市バスの運転手の平均年収は980万円であり、「バス事業の累積赤字の拡大も人件費の掛かり過ぎによる一因ではないか」と指摘する声もある。 近年、市バス事業および交通局全体の赤字経営体質や累積赤字の増加などが問題となっていることから、様々な経営改善策を実施している。 これは1973年2月25日に、前乗り(車掌添乗車を除く)後(中)降り先払いを基本とする方式から変更されたものである。 交通局では、市域拡張の際にこれらのエリアにもバス路線を開設したが、近年、赤字経営が続いていた神戸市交通局・市営バス事業の経営改善策の一環として、一部路線(主に、垂水区・西区から、明石駅 ・西明石駅・大久保駅に乗り入れていた路線)を神姫バスや山陽バスに譲渡した結果、現在の営業エリアとなっている(この結果、明石市内への乗り入れは明舞線 の一部区間のみとなった)。 18:JR六甲道 - 阪急六甲 - 摩耶ケーブル下 概要 18系統は、の六甲道駅から、摩耶ケーブル下を経て三宮駅までを結ぶ路線である。 このうち神姫バスと阪急バスは神戸市バスの路線撤退に伴う車両の余剰化による転属のみ。

>

神戸市バス系統一覧表

2乗車目が同一系統や逆方向への利用でも適用され、短時間の用務や買い物であれば片道運賃で往復が可能である。 300番,400番,500番台:いすゞ(中央・須磨・有野)• 利用時には、運賃支払い時(すなわち下車時)に、乗務員である運転手に「エコファミリーです」と申告する必要がある。 土曜・休日は概ね1時間に2本で、全時間帯で平日よりも本数が多く設定されている。 松:松原営業所• 天井川 - 須磨水族園間は往路と復路で経路が異なっていた。 バス乗換路線• この他、「」が在籍している。 転属 [ ] ダイヤ改正ごとに担当営業所が変更された場合、営業所間で車両の転属が行われる。

>