ツイン パワー。 ツインパワーSW[TWIN POWER SW]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ

【インプレ】20ツインパワーを実際に使ってみた率直な感想。|釣りあび!

Xプロテクト(スピニング) 【中小型の汎用リール】 より軽い回転が求められる中小型汎用スピニングには、回転軽さを損なわないよう非接触式構造にこだわりました。 実際にステラなどを使っている私が20ツインパワーを使用しても飛距離が落ちるという印象は全くなく、安定してルアーが飛ぶのでノンストレス。 08ツインパワー 08ツインパワーの画像 スプールは黒で、2つの細い溝。 その他にもシンペンやヘビーミノーを投げました!重いルアーを巻くとラクですね! ツインパワーの必要性は? 僕がまだ中学生だった頃 20年近く昔 ツインパワーというリールは憧れのリールでした。 【プラスチック=弱い】というイメージが先行していますが、樹脂の中にはカーボンのようにアルミより硬く、剛性の高い材質も存在します。 20ツインパワーには他にもシマノの最新技術がたっぷり盛り込まれています。 8点 16ヴァンキッシュにそっくり。

>

ツインパワー 歴代モデルの画像

【特徴】 使用モデルは3000MHG。 私自身15ツインパワーも使用していますが、いまだに現役で巻き心地もとてもスムーズです。 メインフレームから。 実用ドラグ力• 普通に魚狙って、普通に釣りあげるならストラディックで十分。 。 20ツインパワーの主な特徴についてはこんな所で、ここから先はより詳しいインプレッションを進めていこう。 20ツインパワーは先程も書いたように18ステラと同一です。

>

シマノ「20ツインパワー」をリールマニアがインプレ。賛否両論の軽量化はいかに!?|TSURI HACK[釣りハック]

で、一応ここで20ツインパワーの巻が進化したのは ヌメヌメしたシルキーな巻き心地って事にしておきます。 8-110、10-90、12-80• 11ツインパワー• 軽いリールは操作性が良く、使い易いのは間違いないです。 10ツインパワー 10ツインパワーの画像 スプールはシルバーとゴールド、ゴールドの2本の横の溝が入る。 使用するラインの号数によってスプールシャフトのワッシャー枚数を調整すれば、非常に快適に釣りができるはず。 20ツインパワーのドラグノブは19ストラディックの物と同じでした。

>

ツインパワーSW[TWIN POWER SW]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ

フロロ糸巻量 lb-m• 防水性が向上 15ツインパワーで用いられていたコアプロテクトから、18ステラや19ヴァンキッシュと同じXプロテクトに進化しています。 僕のような素人が想像できるような不具合はあらかじめ想定されているだろうし、あまり気にしていません。 ならもっと巻き取りが少ない4000PGでも良かったんじゃない!?って事もありそうですが… まぁ、あれこれ妄想した結果管理人は今回も無難に4000MHGとなりました笑。 というか 19ヴァンキッシュが欲しい笑。 これによってキャスト後半でもスプール径が小さくなり難く、飛距離がワンランク伸びるというもの。

>

シマノ「20ツインパワー」インプレ!その性能は実釣で初めて分かる

つまりステラの一つ下に位置するグレードのリールです。 低摺動タイプのシール部材で海水の侵入経路を物理的に断つことで、回転抵抗を押さえつつ高い防水性能を実現しました。 実用ドラグ力• 動画では結果的に全員が正解したけれど、これはグリスが馴染んでいない20ツインパワーと、馴染んでいる18ステラを比べているという部分も大きくて両方が同じ馴染み具合であれば正解率は一気に下がると思います。 ベアリングはミネベアのものを1000円前後で調達可能です。 これがまた高いんですよ… もしくは、この2代を売って、ステラかバンキッシュ どっちかを買おうかな笑笑。 私自身も15ツインパワーを手放し、20ツインパワーへの乗り換えを考えました。

>

2020 ツインパワー TWINPOWER

20ツインパワーはもちろん 「ロングストロークスプール」を採用しています。 09ツインパワー 09ツインパワーSW 5000HGの画像 出典 — スプールはシルバーとゴールド、ゴールドの2本の横の溝が入る。 5-320・2-270シングルハンドル本体及びスプールは、アルミ製で、6個のベアリングとローラベアリング1個で計7個搭載されていますので、回転は、非常に滑らかな巻き心地です。 また、飛距離ですがしっかりと比較した事がないのでわかりません。 グリスが馴染んできたのか巻き感もよくなってきているし、金属ローターのおかげか 感度が良い?慣性がセルテートよりも小さいのか 巻きがより繊細?そんな感じがしてきました。 コアソリッドシリーズのハイエンドは有名なステラ、クイックレスポンスシリーズのハイエンドはヴァンキッシュです。 今日解説するツインパワーはコアソリッドシリーズの二番手。

>