神原 康 弥。 ぼくはエネルギー体です

筆談の詩人 神原康弥さん|2017年|にんげんクラブ

また、このコミュニケーション方法は、母親が流奈くんに行なわせていた 「ドーマン法」と呼ばれるリハビリの一環でもあったが、これ自体に科学的根拠がないとされる点も問題視された。 魂についての色鮮や かな描写や、死後の魂がどのような道を歩むかについての記述は、 かつての本にないほどわかりやすく鮮明。 『EIGHT STAR』Vol. 見ているうちに少しずつ透き通っていき、夜空が見えた。 15年以上がたつ。 夜明けの日 わたくしは 一生のお願いをした。 宇宙へ上るということです。

>

筆談の詩人 神原康弥さん|2017年|にんげんクラブ

6歳、母と「筆談」というコミュニケーション法を会得し(その後、「指談」へ)詩を書き始める。 もちろんファンタジーとして捉えてもいいと思いますし、全面的に受け入れられてもいいと思いますし。 人間の求める幸せとは何か。 先々週は、筆談の詩人 の取材に行ってきました。 日時: 2017-01-26 16:43. こうして「宇宙根源」と出会ったり、昔の偉い人や、著名人の声も聴いた。 「筆談の詩人」というくらいだから、文字は書けるのだと思っていたが、そのような動作は一切ない。

>

ぼくはエネルギー体です

感情オーラも同じように観ていきます。 それに伴って、病気も増え、環境 の変化に適応できずに、亡くなる人も増えるだろう。 厄介なやつが来たなと。 ね、ね、見てごらん」とぼくに何度も声をかけた。 魂と会話することを「リーディング」という。 私たちは誰しもエネルギ ー体であることを伝え、心を浄化してくれる一冊。

>

ぼくはエネルギー体です

それで初期の頃は「筆談の詩人」と言われたりしていたようだ。 東京全体が大パニックにおちいっている。 そんなことを人に話すと、「へえ、そうなの」と聞いてくれる人が増えた。 そして、 それが広がると、 人の価値観も変わっていく。 いつか、 きちんとした本として出したいと思っている。

>

ホリスティックレッスン第5講座 長堀優&神原英子&神原康弥「幸せに生きるための東洋哲学「善悪不二」」 オンライン配信

「日本はこれから大変な時代を迎える」「でも日本は大丈夫、とにかく元気を出せ」「死ぬこと以外はかすり傷」「2025年に人類は滅亡する」「いまは第三次世界大戦前夜かもしれない」「これを食い止めることができるのは日本だけ」……。 災害や主催者側の都合によって、イベントが中止になった場合、受講料はご返金いたします。 メール設定により弊社からのメールが届かない場合がございます。 僕は浮いたまま、上へ上へと、昇って行った。 3 人気記事(全期間)• 2歳半、脳症と告げられ、生死をさまよい、重度障がい者となる。 西洋の科学も東洋の哲学も、互いに補い合うべき欠くべからざる車の両輪である、このような想いを踏まえながら、今後の医療はどうあるべきか、について考えて参ります。 皆様は、お元気にお過ごしでしょうか。

>

「胎内記憶」医師の登壇中止でも立教大スピリチュアル・シンポが不思議でいっぱいだった件

これこそが、宇宙が求める豊かな生き方、真の人間の姿だ。 康弥氏は幼少から重度の障害を抱え、8歳の時に「特別支援学校の教員に体罰を受けたことがきっかけで、宇宙根源の存在に気づ」いたという(より)。 2歳半のとき、「脳症」と宣告された。 だんだん、宇宙のことや、地球や人間のことがわかってきた。 気付きが早まり、霊性を高めます。 だから、私が役場の福祉関係の職員なら、明確に康弥氏の意思表示がない限り、このような活動はやめさせたいと考えるだろう。

>

体が不自由で言葉が出せなくても、筆談で意志が伝えられる

もうダメ人間ではない。 幼少時に障害を負って、歩けないし、話すこともできないそうだ。 それ以外にも、普通の人には嘘か本当か判断がつかないようなスピリチュアル話が、神原氏の発言として多くあった。 人々は都会を離れ、新しい 暮らしを求め、地方都市というよりは、里山や山奥といった人口の少ない場所へと移動し ている。 世界的な気候の大変動だ。 すると、東京都内に大きな水害がもたらされている映像が見えた。

>