国税庁 コロナ。 法人申告漏れ7802億円 コロナで調査数最少―国税庁:時事ドットコム

新型コロナウイルス感染症に関する対応等について|国税庁

つまり、この人事異動を境に新事業年度がスタートする。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、調査件数は法人税と消費税いずれも統計を取り始めてから最も少なかった。 国税庁では、昨今の新型コロナウイルス感染症の拡大状況等に鑑み、感染拡大により外出を控えるなど期限内に申告することが困難であった方については、期限を区切らず柔軟に受け付けることとしているほか、新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方には納税の猶予制度を案内するなどの対応を行っています。 ことし1月から半年間の地価の下落幅は、東京、大阪、名古屋の観光地や商業地の合わせて6地点で15%を超えましたが、全国平均では、住宅地が0. 当面の申告や納税などに関して寄せられた質問等をFAQとして取りまとめましたので、参考としてください。 猶予に関する質問やご相談 猶予に関する一般的な質問等については、以下のリーフレットやFAQをご覧ください。

>

国税庁、新型コロナに係る税務のFAQを公表

所得税に関する申告・納付期限、贈与税の申告・納付期限、個人事業者の消費税等の申告・納付期限、各税目の納付期限について詳しく解説されている。 印紙税の還付申請手続については、以下をご覧ください。 (所得控除)• 全国社会の記事一覧• FAQは令和2年3月18日現在の法令等に基づいて作成されたもので、6項目について全35問の設問で構成されている。 言ってみれば毎年 7月から12月ぐらいまでが税務調査の最盛期なのです。 調査選定作業が変わってくことで、目標とする年間調査件数に影響が出てくる可能性がある。 従来と変わる調査先の選定 しかし、今年7月からの税務調査は、例年とは少し違うことが予想される。 同庁は感染対策に全力を挙げるが、研修生からは「クラスター(感染者集団)が発生する危険を冒してまで、集合で実施する必要があるのか」と疑問の声が出ている。

>

富裕層の申告漏れ最多 コロナで調査減少も789億円―国税庁:時事ドットコム

消費税についても7万4000件(同22.6%減)を調査し、うち4万4000件で総額723億円を追徴した。 (全般的なお問合せ)• 国税OB税理士は、これまでの経験から「おそらく、通常より調査先を絞り込み、臨場する場合は、かなりの確率で申告漏れや非違を見つめられるケースに絞られる」と指摘する。 猶予制度のほか、国税庁における新型コロナウイルス感染症に関する対応等については、以下をご覧ください。 それまでは、人事異動後の挨拶回り、引継ぎが終わると8月のお盆休みとなり、お盆明けから調査が本格化するのが通例だった。 富裕層に対する調査は4463件が実施され、うち3837件で申告漏れが見つかった。 国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ 新型コロナウイルス感染症については、国内の感染拡大を防止するとともに、政府全体として、必要な対策を講じていくこととしています。

>

国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ

<令和2年10 月から再開> 先程もお伝えしましたが税務職員の定期人事異動が令和2年 7月 10日に実施されました。 追徴税額は65億円で、統計の公表を始めた15年以降で最多となった。 特別貸付けに係る契約書の印紙税の非課税• 「納税を猶予する「特例制度」」(令和2年6月26日). 特例猶予の要件と効果 令和2年2月1日から令和3年2月1日に納期限が到来する国税については、• 1 申告・納付等の期限の個別延長関係• とりわけ政治家から「今事務年度(令和 2年 7月から令和3年6月まで)は国民感情を考えると税務調査なんかやっている場合か!」 などと言われる場合もあるかと思いますので、このシナリオもないことはないでしょう。 贈与税に関する取扱い• 外国為替証拠金取引(FX)やインターネット通販など、近年増えているネット取引を行う個人に対しては、総額237億円の申告漏れを指摘。 今後の感染状況による影響に注視したい」と話しています。 一方で、阪神淡路大震災や東日本大震災のような自然災害時においては、 それぞれを所轄する大阪国税局管内の税務署や仙台国税局(一部東京国税局)管内の税務署では一定期間税務調査が実施されませんでした。 還付申告の取扱い• なかなか体が順応出来ません。

>

国税庁、新型コロナに係る税務のFAQを公表

制度の概要については、以下のリーフレット及びQ&Aをご覧ください。 《速報解説》 国税庁、法人税基本通達等の改正により コロナ被災の取引先支援に自然災害時の取扱いを適用する旨を追記 Profession Journal編集部 新型コロナウイルス感染拡大やそれを受け発令された政府の緊急事態宣言によって、経営の見通しが立たず苦境に陥る企業や事業者が多い中、国税庁は4月13日付けで法人税基本通達等を一部改正し、取引先支援を行った法人に対し災害時の取扱いが適用されることを明らかにした。 酒類事業者等の方へ 新型コロナウイルス感染症に関する対応等について(酒類事業者等向け情報)• ご覧ください。 通常税務調査官はこの異動直後から新規の税務調査事案に着手することになります。 富裕層以外を含む調査全体の件数は43万1000件(前年比29.4%減)で、うち26万3000件(同29.7%減)で申告漏れが判明。 住宅ローン控除の適用要件の弾力化• 同庁によると、全国の国税局などが7万6000件(同22.9%減)の調査を実施し、5万7000件で法人税の申告漏れを指摘。

>

申告漏れ所得12%減、国税庁 コロナで調査減少|静岡新聞アットエス

しかしながら例年ですと、7月から税務調査のスタードダッシュを切るため 納税者や税理士には6月下旬頃に、税務調査官から税務調査の事前連絡電話があるのですが、 今年に限っては感染者数の推移を見ながらではありますが、現状としては依然として様子を見る必要があることから、 季節的には秋が深まってから、すなわち令和2年10月ぐらいになって一斉に税務調査の事前連絡電話をしてくるのでは、と推測しています。 文化芸術・スポーツイベントを中止等した主催者に対する払戻請求権を放棄した観客等への寄附金控除の適用• 租税条約に関する取扱い• こちらの動画はへリンクし、別ウインドウが開きます。 今回のFAQは、当面の申告や納税などに関して寄せられた質問等を取りまとめたもので、国税庁では適宜参考にするよう呼びかけている。 一方で、すでに税務調査が進行中であった事案については、 実際に私が関与している個人事業主様若しくは法人経営者様の税務調査においてもそうなのですが、 令和2年7月10日の定期人事異動後は、税務調査官が積極的に税務調査再開の連絡をしています。 参考 この他の関連情報については、末尾にリンクを示しております。 欠損金の繰戻しによる還付の特例• 総額は7885億円(同12.8%減)だった。

>