トイレ 詰まっ た 時 の 対処 法。 焦ったらダメ!『トイレつまり』で困ったら試す6つの対処法

トイレットペーパーや便が原因!トイレが詰まった時に自分で出来る対処法

トイレ 詰まっ た 時 の 対処 法

使い方ぐらい知ってるよぉ~ 使い方が漠然とわかっているせいで きちんと使い方を調べずに使っておられる方の 大半が陥る落とし穴! えいっ!!!っと押してませんか!? 適当に押して引いてをすればいいと思ってませんか!? すっぽんは「ぎゅっ!」っと押し込んで おもいっきり 「引くんですよ!!」 2.密閉・密着させるんですよ!フィットしていない すっぽんを使うと時に トイレの水の流れていく 排水口に押し当ててますよね。 便器の形とすっぽんの形によって きちっと押し当てた時に、密着性が甘い可能性があります。 特に引いた時に 中の水ごと引っ張れているかどうかが非常に大事になってきますので 中の水全体が動いていないと 引っ張ってもとても軽く、簡単に引けてしまいます。 ゴボッ!っと中の水ごと引っ張れていますか!?(これが大事!) 3.水に浸ってる状態で使うんですよ!水が流れている すっぽんを使うときに 水が流れて行ってしまって すっぽんが水に浸っていない状態になってませんか!? せめてすっぽんの先端のゴムの部分は 水に浸っていないといけません。 ここでよくあるポイント! 完全に詰まっているのではなく 中途半端に流れていく、あるいはジワジワなら流れていく パターンの方も多いと思います。 このパターンの場合 1回すっぽんを動かすと水が減ってしまい 水が溜まった状態を維持するのが難しいと思います。 さらに次の水を流して便器に水を溜めようとしても タンクに水が溜まるのを 待っているのが大変じれったく しっかりと水を溜めれないままに すっぽんを適当に使い、諦めてしまう場合があります。 タンクに水が溜まるのが待てない場合は バケツに水を汲んででも すっぽんを動かすときは すっぽんの先端のゴムが水に浸っている状態にしてください!(これ大事!) これは便器とすっぽんが完全にフィットしていない場合でも 水に浸って使っていれば 水全体を動かす事ができますので とても重要ポイントになります。 4.飛び散るの気にしてませんか!?そもそも諦めが早い 使い方も分かったし すっぽんは便器にフィットしているし 水も浸った状態で引っ張っている でも流れませんけど!? 「気合入れてすっぽんしてますか!?」 中途半端はいけないですよ! 「ぎゅっ!」っと押し当てた後 「うりゃーーー!!!」 っというぐらい引っぱってますか!? 「トイレの水がかかるのは嫌だ!」 「汚い水が飛び散っちゃうじゃん!」 そんな事ではトイレは流れませんよ!! トイレ中に水が飛び散っても! トイレの水を浴びてでも! 何度も何度も力強くすっぽんしてみてください! 諦めてはいけません! 大半がこれで解決できています。 これでもか!というぐらいやっても トイレが流れない方は 業者さんに頼む事をおすすめいたします。 すっぽんする時の注意点 今回ご紹介しているやり方は 基本的には何も変な異物を落としていない 通常の使い方をしていてトイレの流れが悪くなった方向けに書いております。 不用意に何かトイレに落としてしまった あるいは子供がいたずらで物を落としてしまったなど 本来トイレに流れる物ではない 異物が詰まってしまっている場合は 無理やりすっぽんで押し引きしてしまうと さらに奥で詰まってしまったり トイレや配管等を傷つけたり破損してしまう可能性がありますので その場合は素直に専門業者さんに依頼するのがいいです。 また、水がまったく流れない 完全に詰まっている場合は それ以上、水を流すと溢れてしまいますので 異物を落としていないのであれば 水が溢れない程度に ゆっくり強く押し当てて 引く時に力強く引っ張ってみてください! あとは飛び散りや濡れるのを覚悟で すっぽんをやってみてください。 まとめ たかがトイレ、されどトイレ。 電気と同様に、トイレが使えなくなるというのは 現代人にとって致命的に困る事態です。 それがある日突然起こるわけですから パパとしては対処法はある程度心得ていないと 業者も今すぐに来てもらえるかもわかりませんし 何より、その日のトイレをどうするかが 最大の問題になりますよね? 基本的にはこの記事のやり方で、改善する場合が多いですので この記事がお役に立てれば幸いです。

次の

焦ったらダメ!『トイレつまり』で困ったら試す6つの対処法

トイレ 詰まっ た 時 の 対処 法

「トイレの小便器がつまりまして・・尿石だと思うんですが・・」 学校や公共施設、会社やビルなどでよく見かける「男性トイレの小便器」。 場所によっては使用者の人数が多かったり、人手不足で掃除が行き届かなかったりといった理由で尿石が溜まっていることがあります。 また、毎日きれいに掃除しているつもりでも、年数を重ねると徐々に徐々に尿石が大きくなってしまうこともあります。 完全につまりが起こってしまうと、水も流れなくなってしまうので大変ですよね。 そこで今回は、男性用トイレの小便器の尿石つまりを直す方法についてご紹介したいと思います。 複数の方法をご紹介いたしますので、自分にあった方法を見つけてください。 トイレ小便器の尿石つまりの原因とは 男性用トイレの小便器のつまりの原因として多いのが、「尿石つまり」です。 尿に含まれているカルシウムが固まってしまい、固い石のようになるのが尿石です。 定期的に掃除をしていれば防げるトラブルですが、公共の施設などで使用人数が多かったり、長年使用している場合は排水管に尿石がこびりついて徐々に大きくなってつまりになるといったことがあります。 尿石を放置しておくと、アンモニア臭がしたり、雑菌が繁殖するなど衛生的にもよくありません。 そのため、早めに掃除をして尿石を除去したほうがいいでしょう。 トイレ小便器の尿石つまりの直し方 トイレ小便器の尿石つまりは、通常のトイレつまりを直すときに使うような「ラバーカップ」を使った方法が使えます。 「でも、ラバーカップが家にないんだけど・・お店にも売ってなかったし・・」 欲しい時に限って売り切れなんてこと、ありますよね。 ラバーカップなどは普段売れるものでもないので、売り場になくてお店の方に聞いても在庫がないと言われた人もいると思います。 そこで、ラバーカップを使うのが手っ取り早いのですが、今回はそれ以外の方法についてもあわせて3つご紹介したいと思います。 家に置いてあるものや、スーパーやドラッグストアでも手に入るようなものを利用した方法もあるのでチェックしてみてください。 【トイレの尿石つまりの直し方】• ・ラバーカップを使った尿石つまり解消法• ・サンポールを使った尿石つまり解消法• ・尿石除去剤デオライトを使った直し方 ラバーカップを使った尿石つまり解消法 男性トイレの小便器の場合、ラバーカップが使えるのかと迷う方もいらっしゃいますが、つまりが起きて水が溜まっている場合はラバーカップを使った解消方法が使えます。 使用方法も簡単で、小便器のカバーとトラップを外してから、ラバーカップを排水口にピッタリ押し付けて勢いよく引っ張るを繰り返すだけです。 ラバーカップは便利な道具ですが、水が少ないと上手く効果を発揮できません。 水が少ないときは、真空式パイプクリーナーと呼ばれるつまり解消道具を使うといいでしょう。 ホームセンターやネットショップで購入することができ、アタッチメントを変えることで、大便器用と小便器用の切り替えができ、水が少ない状態でも使用することができます。 真空式パイプクリーナーは、色々な場所で使うことができ、ラバーカップよりも強力ですので1個家に置いておくといいかもしれません。 サンポールはトイレ以外に使わない サンポールは強力な洗剤で、通常の洗剤で落ちない汚れも落とすことができます。 そのため、ネット上で裏技のように「サンポールを使えばきれいになります!」といった掃除方法などが紹介されています。 しかし、サンポールは強力な酸性の洗剤なので、素材によっては変色や破損の原因になります。 そのため、トイレ掃除以外ではサンポールは使わないように注意しましょう。 尿石除去剤デオライトを使った直し方 ラバーカップを使った場合、一時的につまりを除去することは可能ですが、排水管内にこびりついた尿石を完全に除去することはできません。 また、サンポールについても、浅い部分の軽度な尿石つまりは対処できますが、排水管の奥の方でつまりが起きている場合は効果がありません。 そういった場合に使われるのが、「尿石除去剤デオライト」です。 つまり解消薬のピーピースルーを作っている協和産業株式会社の製品です。 サンポールと同じく、酸性のトイレ用洗剤で排水管にこびりついている尿石を落とすことができます。 ドラッグストアやスーパーでは見かけませんが、ネットショップで購入することができます。 尿石除去剤デオライトを使ったつまり解消方法 必要な道具は、給油ポンプ、ゴム手袋、掃除用ブラシ、バケツ、雑巾です。 小便器のカバー、トラップを外します。 給油ポンプを使って、小便器に溜まった水をバケツにくみ出します。 尿石除去剤デオライトを小便器の中に入れて、放置します。 ブラシで小便器とカバー、トラップをきれいに磨いて水で流したら、尿石除去は完了です。 使用方法などについては、説明書を確認して正しく使用しましょう。 医薬用外劇物は専門業者用 実は、デオライトには複数の種類があり、ネットショップなどで一般の人が買えるのは「デオライトL」です。 医薬用外劇物に指定されている「デオライト」「デオライトSS」「デオライトSP」は業者しか購入することができません。 もしも、違法なルートで横流しされている品を見つけても、購入しないように気をつけましょう。 トイレ小便器の尿石つまりの予防方法 トイレ小便器の尿石つまりの解消方法を紹介しましたが、できれば日頃から予防しておきたいですよね。 男性用トイレの小便器は、通常の大便器と違って常に水があるわけではないので尿石が溜まりやすいと感じている人もいるかと思います。 そういった場合は、小便器の中に「尿石防止剤」を1つ置いておくといいでしょう。 もしかしたら見かけたことがある人もいるかと思いますが、ネットショップなどで「トレピカワン(四国化成工業)」という名前で売られています。 尿石をきれいに除去した後の状態を長く保つことができるので、使う人が多い場所や掃除の頻度を抑えたい場所に使ってみてはいかがでしょうか。 トイレ小便器の尿石つまりを直す方法まとめ トイレ小便器が、尿石でつまってしまった場合、下記のようなつまり解消方法があります。 【トイレの尿石つまりの直し方】• ・ラバーカップを使った尿石つまり解消法• ・サンポールを使った尿石つまり解消法• ・尿石除去剤デオライトを使った直し方• もしも、今回紹介した方法でも直せないような重度のつまりが起こっていれば生活救急車にお電話ください。 無料のお見積りから対応させていただきます。

次の

【緊急】夜中にトイレが詰まってしまった時の対処法

トイレ 詰まっ た 時 の 対処 法

目次 [] 1 トイレで異音がする理由とは? トイレでゴボゴボやポコポコと異音がすると、誰でも不安になるものです。 まずは異音がする理由を理解して、トイレの異音を改善するための手助けにしてください。 1 トイレだけで異音がする理由 トイレでポコポコやゴボゴボと異音がするとき、それがトイレ以外でも同じような音がすることもありますし、トイレだけ異音がするということもあります。 トイレだけの場合とトイレ以外でも異音がする場合では理由が異なるため、まずはトイレだけで異音がするのか、それともトイレを流すとトイレ以外でも異音がするのかを確認しましょう。 最初はトイレだけで異音がする場合から解説します。 もしもキッチンや洗面所などのトイレ以外でも異音がする場合は、次の項目である「トイレ以外でも異音がする場合」を参照してください。 さて、トイレだけで異音がするとき、トイレのどこからどのような異音がするのか、その異音をよく思い出しながら、次の一覧にある音と比較してください。 異音がする場所や音 異音がする理由・対処法 封水(水が溜まっている場所)でコポコポと音がする• トイレや排水管が詰まり始めている• 詰まりや汚れを取り除く• 自分で対処する• 専門業者に依頼する ゴンと強い音がする コンコンと叩くような音がする• ウォーターハンマー現象• 配管を流れる水圧の変化が原因• 配管が破損するおそれがある• 専門業者に相談する ゴボゴボという音がしながら流れる• トイレや排水管が詰まっている• 天候の影響も考えられる• 水道工事や断水の影響が考えられる• ほかの場所でも異音がするおそれがある カンカンと高い音がする• 冬場に多い現象の一つ• 水温による排水管の膨張が原因• 季節が変わると収束することが多い• リフォーム業者に相談する トイレタンクなどからゴーと音がする ブーンと響く音がする• 配管の共鳴現象• 専門業者に相談する トイレタンクでシュウシュウと音がする• タンク内の故障• タンク内で水漏れしているおそれがある• タンク内の故障を調べる• 専門業者に依頼する トイレの主な異音とその理由です。 特にゴボゴボやコポコポという異音は、ほとんどはトイレの詰まりが原因。 ただし、トイレやそれ以外の場所でもゴボゴボという異音がするとき、雨が降っていたり天気が悪かったりすれば、トイレの詰まりが原因ではないことがあります。 例えば、局地的な大雨が降った場合、大量の雨水が下水道に流れ込みます。 すると、下水管は大量の雨水でいっぱいになり、高い圧力がかかってしまうのです。 この圧力が原因でマンホールから下水が逆流したり、トイレが流れにくくなったりします。 そして、流したはずのトイレの水や空気が押し戻されてゴボゴボと異音がしたり、一時的に排水管が詰まったような状態になって異音を発したりすることがあるのです。 天候が悪いときにゴボゴボという異音がしていた場合、天候が回復してもゴボゴボという異音が改善しない場合は対処が必要。 しかし、天候の回復とともに異音がしなくなった場合は対処する必要はありません。 原因は天候で、トイレの詰まりなどはないと考えられるからです。 そのほか、ウォーターハンマー現象は配管を破損させるおそれがあるため、素早い対処が必要です。 たまにゴンという音がする場合でも、ウォーターハンマー現象が起こる条件が整っている証拠。 早めの対処を心がけて、専門業者に相談してください。 また、配管が水温によって膨張することで起こる共鳴現象については、春先になれば、異音がなくなるケースが多いと言えます。 季節が要因ですが、気になる場合には専門業者に相談してみましょう。 トイレタンクの部品交換などによって改善できることもありますが、どこをどうすれば良いのかが分かりにくいため、専門業者に相談するほうが安心ですよ。 2 トイレ以外でも異音がする理由 キッチンや洗面所など、トイレ以外でも排水口からゴボゴボと異音がすることがあります。 もしも天候が悪かったり、豪雨の直後だったりする場合は、雨水が下水道に流れ込んだ影響と考えられます。 そのため、上で紹介したように、トイレの水が流れにくい、排水口からゴボゴボと音がするなどの症状もあれば、天候の回復を待ちましょう。 天候が回復してゴボゴボという異音が改善すれば、天候が異音の原因です。 一方で、天候が良い場合や悪天候から回復したあとでもゴボゴボという異音がするときは、ほとんどは排水管の詰まりが原因。 自分で原因に対処するのは難しいことも多いため、水道工事業者に連絡してください。 3 トイレによってはゴボゴボと音がする トイレを流したとき、ゴボゴボと異音がするのはトイレや排水管の詰まりが原因のケースが多いと言えます。 しかし、トイレが「サイホン式」や「サイホンゼット式」と呼ばれる方式の場合、水と空気を吸い込みながらゴボゴボと音を立てて流れていくのが正常。 ゴボゴボという音は異音ではないため、不安になる必要はありません。 2 トイレからゴボゴボやポコポコと異音がする原因と対処法 トイレから異音がする場合、ほとんどはトイレや排水管が詰まっているか、詰まりかけているかのどちらかが原因。 状況をよく見極めてから正しく対処してください。 1 トイレが詰まっているかも? トイレや排水管が詰まっているか、詰まりかけている場合、どこで何が詰まっているのかで対処法が異なります。 そこでポイントになるのが心当たり。 例えば、トイレットペーパーをいつもよりも多めに使ってしまった、トイレットペーパー以外の物をトイレに流したかも知れないなど、トイレが詰まるような心当たりがあれば、それに応じた対処法を試みるのが良いでしょう。 トイレットペーパーを多めに流した場合、トイレットペーパーが溶けやすいとしても排水管などに詰まることがあります。 詰まっている場所によっては自分で対処することができますが、排水管の奥に詰まった場合は専門業者でなければ対処できないこともあるのです。 また、トイレに置いていた掃除用具や花瓶、小物などがなくなっている場合、それらを誤ってトイレに流したおそれがあります。 大きな物の場合はトイレの奥まで流れることは少ないですが、適当なサイズの場合にはトイレの少し奥へ流れてしまうこともあるのです。 そのため、まずはトイレに置いていた小物などがなくなっていないかをチェック。 無くなっている物があれば、そのサイズに応じた対処を試みましょう。 もしもトイレが詰まるような心当たりがない場合、長年の汚れや溶け残ったトイレットペーパーなどが蓄積してトイレが詰まっていることもあります。 また、トイレの詰まりが原因ではないこともあるのです。 いずれの場合でも、思い当たることがなければ専門業者に相談。 トイレが詰まっているかどうかを調べてもらうこともできますし、配管の設置に問題があるなど、詰まり以外の原因を特定してもらうこともできます。 ともかく、詰まっていてもいなくても、困ったときには専門業者に相談してみると解決が早くなりますよ。 2 天気や水道工事が原因のときの対処法は? トイレが詰まっているような気がしない場合、ゴボゴボという異音の原因が詰まりではないことがあります。 その場合の主な原因が天気や水道工事。 そのため、トイレを詰まらせたような心当たりがない場合、悪天候や水道工事がなかったかを考えてみることも大切です。 例えば、解説したようにトイレがゴボゴボと音を立てる場合、大雨などの天候の影響が考えられます。 この場合の対処法は天候回復を待つこと。 天候が回復しないことには、大雨が原因ということも確定できません。 ともかく、天候回復を待って、もう一度異音がするかどうかを確認しましょう。 また、水道工事が原因でトイレから異音がする場合もあります。 水道工事によって、排水管の圧力が下がってしまうことでゴボゴボと音がしてしまうことがあるのです。 断水した場合も同じような現象が起きるおそれがあるため、トイレからゴボゴボと音がするときには、念のために水道工事や断水などがなかったかを確かめてみるのも重要なポイント。 天気や水道工事が原因の場合の対処法は待つことですが、天気が回復したり水道工事が終わったりしても状況がいつまでも変わらないときは、ほとんどはトイレの詰まりが原因。 すぐにトイレや排水管の詰まりを解消する対処法を試みてください。 3 詰まっているときの対処法 トイレや排水管が詰まっている場合、対処法は2つ。 自分で詰まりを解消するか、専門業者に依頼するかです。 ただし、トイレが詰まっている場合は自分で対処可能なことも多いですが、排水管が詰まっている場合は分かりにくいと言えます。 そのため、トイレ以外の場所でもゴボゴボという音がする場合は排水管の詰まりを疑って専門業者に相談してみましょう。 トイレだけで異音がして、トイレが詰まっていると思われる場合は、自分でトイレの詰まりを解消できる場合があります。 例えば、スマホをトイレに落としたり、トイレにあった小物がなくなっていたりする場合は、トイレの近い場所にあれば、手を突っ込んで取るのが確実。 しかし、トイレの流れが悪くなって気づくケースも多く、自分では取れない場所まで流れていることもあります。 その場合は専門業者に依頼しましょう。 どこまで流れているかによっても費用が異なりますが、安全に詰まりを解消することができますよ。 また、トイレの小物や溶けない異物などをトイレに流してしまったときは、ラバーカップなどを使って自分で取ることは避けたほうが良い場合もあります。 ラバーカップの使い方次第では小物や異物が、より奥へ流れてしまうからです。 トイレに手を突っ込んでみて、届かない場所にあるときは専門業者に任せるようにしましょう。 もしもトイレットペーパーを流しすぎたことが原因の場合には、ラバーカップなどを使うことでトイレの詰まりを解消できます。 ラバーカップは、便器の排水口に押しつけて引くという作業を繰り返すことで詰まりを解消する道具。 数百円から千円もあれば購入できるため、とても手軽に試せる対処法です。 ただし、ラバーカップを使う方法は、異物などを奥へ押し込むリスクもある方法。 自信がない場合には専門業者に依頼するほうが確実です。 万が一、異物や小物を奥へ押し込んでしまうと、排水管の工事費用などがかかるおそれもあります。 十分に注意しておきましょう。 3 まとめ トイレから異音がするときの原因と対処法について解説してきました。 ゴボゴボというトイレの異音は天候などの影響で一時的なものということもあります。 トイレの詰まりが原因の場合もありますが、特に心当たりがなければ、天候の回復を待ってみるのも一つの対処法ですよ。

次の