アメリカ 中国 コロナ 戦争。 中国がアメリカと戦争できない理由

新型コロナの収束で始まる、「米中全面対決」の危険性

ニューヨーク州のクオモ知事(民主党)はツイッターに「本日、ようやく良いニュースが届いた。 アメリカ軍は機雷と潜水艦で日本の海上交通路を遮断した。 また,イギリスは世界最大の海運国家であり,世界中に植民地を有していました。 この事件で約3,000人の命が一瞬にして失われた。 と言う情報を発信する研究所員が次々と失踪する状況からみて最悪のシナリオも考えておかなくてはならないと思います。 アメリカが世界警察を扮して,他国への干渉及び資源の略奪を行い,それを中国・ロシアなどと対立する可能性があるためです。

>

怒り心頭、米国防省が中国包囲作戦を策定中 新型コロナで「白頭鷲」を撃った中国、米国と全面対決へ(1/7)

特にEU諸国については3月31日公開の「で述べたような武漢肺炎以外の問題が重くのしかかっているし、3月26日の記事で述べた様に過剰な心配はパニックを引き起こすだけなのは事実だ。 今後は、相互主義に基づき、中国の旅券を無効化するかどうかが注目されるが、その場合は香港市民の出国に大きな制限が課せられることになってしまう。 米議会でも、中国に対する報復措置を検討する動きがあり、米上院司法委員会のリンジー・グレアム委員長が5月5日、FOXニュースのインタビューで、中国を制裁して責任を追及する法案が7日に提出されると述べたように、米両院の議員は、中国の責任を問う一連の法案を提出している。 もしも、このアメリカがつくりだした流れに、乗る国が現れだしたら、戦争の危険はグッと高まるでしょう。 執筆者:上岡 龍次(Ryuji Ueoka) プロフィール:戦争学研究家、1971年3月19日生まれ。 それが中国政府のプロパガンダを流す正体不明のアカウントやボットだ。

>

中国共産党は武漢肺炎ウイルスが人工合成であることを認めた

中国政府による告発者の口封じや情報統制、隠蔽が世界的な感染拡大を招いたというトランプ政権の批判を「マスク外交」で覆い隠すねらいがあるのではないかというのだ。 ただし,両国の代理戦争は生じる可能性が十分あると予測します。 中国はアメリカに状況を見抜かれている。 深まる謎と増幅する不信 では、トランプ政権下では米中協力の可能性はあるのか? ポンペイオ国務長官 ポンペイオ国務長官は「協力は重要」としながらも「透明性が欠かせない」とくぎを刺す。 第2部は,新興勢力と覇権国の争いの歴史を調べ,そこから得られる教訓を示しています。

>

WEB特集 アメリカと中国 パンデミック下の暗闘

正確な時期の予測は難しいのですが,私としては 20年後の2040年頃には,経済力だけでなく軍事力でもアメリカを追い越し,中国が覇権国となっていると推測しています。 国務省のオータガス報道官は、中国政府が新型コロナウイルスの遺伝子の配列の情報共有を阻んだ疑惑を指摘。 日本の経験 日本は明治時代から急速に近代化を成功させた。 では、彼らの狙いは何なのでしょうか? それは、アメリカ経済の崩壊です。 この時代には,蒸気機関車の発明などの産業革命が生じ,工業化の進展と国の繁栄が生じます。 世界覇権国の定義と各国の情勢 世界覇権国(=覇権国家とも言う)の明確な定義はありませんが,「(著者:木下栄蔵)」によれば, 軍事力,経済力,文化的な影響力などで,他国を圧倒するような力を持つ国とされています。 データはワシントンにある国防問題を中心に調査・研究を行うシンクタンク「戦略予算評価センター(Center for Strategic and Budgetary Assessments=CSBA)」に基づいているので、中国の作戦を披露した戦略図ではなく(そんなものは公開しないが)、「アメリカが警戒している中国の実力」というニュアンスで描かれたものだ。

>

怒り心頭、米国防省が中国包囲作戦を策定中 新型コロナで「白頭鷲」を撃った中国、米国と全面対決へ(1/7)

第4部では,過去500年の16事例のうち,戦争を回避した4事例をもとに,米中戦争を回避するための12つのヒントを提唱しています。 人間を絶滅させるこの生物技術はコウモリや竹ネズミが生み出したのでしょうか」 「これほど正確な『4つの鍵となるタンパク質』の『交換』は、自然界では1万年たっても不可能だ」 「これらの事実から導かれる結論は、武漢ウイルスは実験室が製造と生産に関与していることだ」 米国になすり付ける 続いて、この中国共産党の権威ある軍事サイトの文章は米国に矛先を向け、「SARSから武漢新型肺炎まで、米国の人種絶滅計画を見る」という小見出しで、米国が生物兵器を製造し、中国人を攻撃できるようになったと非難した。 この舌戦は、いったんは落ち着きましたが、アメリカ国内では景気が急速に後退し、アメリカ世論は中国とWHOに対して、不満をあらわにしてきています。 キューバ危機は1962年10月に起こり、生まれて間もない私は全く記憶が無いが、世界中が米ソの対立による核戦争の恐怖におびえた。 尖閣諸島周辺に対する中国公船の侵犯は、まさに第一列島線占拠を常態化して台湾を巡る米中戦争が勃発した時には、尖閣を中国の領土として戦略拠点の一つにするつもりなのである。 オサマ・ビンラディンが率いるイスラム過激派アルカイダ自身が「十字軍に報復を」と叫んでいた。

>

コロナ終息後アメリカが中国に戦争を仕掛けると思ってるの俺だけ?日本がや...

この状態で中国とアメリカが戦争になれば、アメリカ軍は中国の食料輸入を遮断する。 この「健康シルクロード」がどのような構想なのか、その詳細は明らかになっていない。 アメリカがテキサス州ヒューストンの中国総領事館を「スパイ活動および知的財産窃盗の拠点」という理由で閉鎖し、対抗措置として、中国は四川省成都の米総領事館を閉鎖した。 このような事態を再び起こしてはいけない」。 アメリカ人にとって、この事件は「イスラム教徒」が「キリスト教徒」に宣戦布告した戦争という捉え方になった。 そして国の体力の貯めてあるお金を国民へ放出。

>