防衛 省 専門 職。 【公務員】防衛省専門職になるには?気になる年収・仕事内容も解説

防衛省専門職員

したがって、防衛と外務のダブル合格を果たした受験者は後者に流れるとの予測がたちます。 防衛省に所属する「防衛省専門職員」の仕事とは 「防衛省専門職員」は、その名の通り、高い語学力とグローバルな視野という高度な專門性も兼ね備えたスペシャリストとして、日本の安全保障を支える職業です。 扶養家族がいる場合は扶養手当も出ますし、家賃補助は都内の場合28000円まで出るようです。 英語だけでなく、ロシア語・中国語・朝鮮語の能力を活かすことができます。 例えば自衛隊には尉官と呼ばれる3尉・2尉・1尉の3つの階級がありますが、防衛大学の卒業すると3尉からで給料も月額23万円から44万円です。 特に在日米軍基地の近くに配属されることもあるため、市ヶ谷と思いきや沖縄なんてことも十分あります。 陸海空自衛隊の自衛官は毎年のように削減されていますが、防衛省専門職員は逆に毎年増員されています。

>

防衛省専門職員

よって、併願対策として外務省専門職試験を目指す受験生が大半です。 防衛省専門職員の仕事内容 防衛省専門職員は自衛官とは異なり戦闘訓練を行わない非戦闘要員で、自衛隊やその機関で資料の翻訳や通訳や在日アメリカ軍との渉外業務や自衛隊員への語学教育を担当する語学区分と、情報分析を担当する国際関係区分に分類されます。 具体的に「防衛省専門職員」がどのような部署でどのような仕事を担当しているのかをご紹介します。 採用後、「防衛省」の行政職の専門スキルをもった中堅幹部職員として業務に従事します。 または防衛省がこれらの者と同等の資格があると認める者。 語学を活かせる仕事に就きたかったので、防衛省専門職員になれて今の仕事にとても満足しています。 防衛相で働くと言っても 通称制服組と呼ばれている自衛官と違って武器を手に訓練をしたりすることはありません。

>

防衛省専門職員の年収給料【主任審査官・統括審査官・主席審査官】や審査官で高年収になる方法を解説

防衛事務次官は防衛省の事務方のトップで防衛庁時代は、警察庁・大蔵省・防衛庁出身の官僚が就任していました。 採用 [ ] 防衛省の実施する職員の採用試験は、自衛官募集の各種目において行われる試験と、事務官等を採用する防衛省職員採用I種・II種・III種試験(旧防衛庁職員採用I種・II種・III種試験)があった。 したがいまして、各種公務員試験受験者は皆、こうした不安に直面することとなりますので、仕方ありません。 一般教養は、他の国家公務員や地方公務員と同じような知能・知識に関する問題が出ます。 脚注 [ ] []. 採用試験で英語の問題数が他の公務員試験と比べて多いのもその為です。 即応予備自衛官:自衛隊法第七十五条の二による 任免、分限、懲戒、服務その他人事管理に関する事項は、自衛隊法第5章に定められている。 通訳業務は、主に在日米軍等とのコミュニケーションが必要な場面において、高官の通訳をします。

>

防衛省専門職員の年収給料【主任審査官・統括審査官・主席審査官】や審査官で高年収になる方法を解説

(第7号の3)• そのような高い技術を持つ「防衛省専門職員」は、高官通訳に従事することもあり、一歩間違えれば国家間の緊張が高まることも考えられる国防の最前線で、責任ある通訳を担っていると言えます。 上記のように、防衛省専門職に求められている役割は、語学力とグローバルな視野を活かして円滑なコミュニケーションと精度の高いリサーチを実現することです。 特徴的なのは語学専門試験であり、読解・文法等が総合的に出題されます。 技官とは、 ミサイルやレーダーなどの軍事機器について研究・開発したり設計したりするのが仕事です。 「防衛省専門職員」の仕事:防衛省情報本部での業務内容 防衛省の情報本部に配属される「防衛省専門職員」は、主に諸外国の国際関係や地域情勢、軍事情勢に関する情報収集や分析などの業務に従事します。 防衛省職員の内訳 である職員 ( 第2条第3項第16号 以外による)• なお、II種には防衛省特有の区分である(英語・中国語・朝鮮語・ロシア語・ドイツ語・フランス語)、(英語・中国語・朝鮮語・ロシア語・ドイツ語・フランス語)を設けて、自衛官の語学教育、在日米軍等との折衝、海外資料の翻訳や、海外情報の収集・分析などにあてる人材を確保している。

>

友人の長女が防衛省専門職員試験に合格したとのことで、何かお祝いでも...

日々変わる情勢をキャッチアップし、上層部の意思決定のサポートをするこの業務は非常に重要です。 そのため、採用試験では「英語」「ロシア語」「中国語」「朝鮮語」の区分から採用されてるようです。 防衛事務次官は防衛省の事務方のトップで防衛庁時代は、警察庁・大蔵省・防衛庁出身の官僚が就任していました。 通常の国家公務員は、国家公務員総合職試験によって選抜される「総合職(キャリア組)」と、国家公務員一般職試験によって選抜される「一般職(ノンキャリア)」の二区分です。 試験の流れは、• 海外情報分析では、国際関係や地域情勢に関する情報を収集・分析します。

>

【語学専攻者必見】防衛省専門職の仕事・試験内容・倍率・おすすめの予備校を徹底解説!!|すすむ予備校〜1位合格入庁&元人事課職員が教える公務員の実情〜

軍事に関する専門用語が飛び交いますので、仮に高い語学力があったとしても入省後の勉強は欠かせませんね。 現在は防衛省からの出向で幕僚監部調査部で主に中国や、ロシアなどの海外の軍事情報を収集したり分析しています。 イスラエルも周辺諸国と常に緊張状態が続いていて、今の日本もイスラエルと同様に周辺諸国の情報収集や分析が最優先事項です。 は防衛大臣およびその権限を委任された者である。 (第7号• 40代 年収688万円 世界にはアメリカの国防情報局(DIA)やイギリスの秘密情報部(SIS、MI6)や、イスラエルのモサドなどの優秀な情報機関が数多く存在しています。 (行政職俸給表調べ) 平均年収の範囲は 634万円~687万円となっています。

>