外壁 塗装 の 種類。 7種類ある外壁塗装剤の特徴・耐用年数・価格を徹底解説

7種類ある外壁塗装剤の特徴・耐用年数・価格を徹底解説

しかし、元々の外壁がどのようなものなのかによって、適切な塗料は変わってきます。 case0051 濃い茶は落ち着いたイメージ 埼玉県入間市南峯M様邸• しかしながら、色付けや防カビ、防藻などの顔料だけでは外壁等へ滑らかに塗ることは難しい作業となります。 ロングセラーのクリーンマイルドシリーズや遮熱塗料クールタイトシリーズ、ラジカル制御塗料プレミアムシリコンが人気です。 しかし、知識がない人が塗装に最適な時期を見分けることはできません。 弊社の場合で言いますと、塗替え時に選択される割合は8割のお家で塗りつぶし塗装、残りの2割のお家でクリヤー塗装の施工をしています。 もちろんすべてで【追加料金】ありません。 また溶剤類は乾燥すると蒸発してなくなってしまう部分です。

>

外壁塗装用塗料の種類

合成樹脂などの結合材とけい砂・寒水石・軽量骨材などが主原料となります。 これはコンクリートの中性化により、発生する劣化症状です。 油性塗料のデメリット 油性塗料のデメリットは、 かなり強烈な臭いがすることです。 ウレタン系塗料の中でも、高品質なものは前述したようなデメリットも幾分かは解消することができます。 どのような外壁であっても、保護をするために塗料を塗る必要があります。

>

外壁塗装の種類の選び方!塗料・塗装工法・外壁材・単価相場は?【プロ監修】

多くの建物などの塗装に使用されている比較的メジャーな塗料となっています。 「優れた機能なので、下塗りと上塗りの二回塗りで大丈夫です」や「下塗りをしなくても良い塗料」という外壁塗装会社は 信用できないものと思った方が良いでしょう。 case0069 Reborn 東京都日野市万願寺K様邸 色 19-80L 詳細はこちら• case0049 木に溶け込む大人のイメージ 東京都練馬区下石神井Y様邸• 塗料を選ぶときには必ず信頼できる大手塗料メーカーの塗料を使用することを覚えておきましょう。 次章から「塗料について」、「塗装工法について」、「外壁材について」などを詳しく解説いたしますので、是非失敗しない塗料選びのための参考にしてください。 水系 ラテックス、反応硬化型によって塗膜性能が異なるので要注意 水系塗料の硬化方法についての詳細はを参照。 塗膜の劣化や変色を防ぐ高耐候酸化チタンや光安定剤を主成分としています。

>

【外壁塗装の種類】塗料の単価や耐用年数、色味などの特徴とは?

防水塗装 防水塗装は、バルコニーや屋根といった一部でしか使わない特殊な塗装方法です。 バインダーの種類、メーカーによって差があります。 補足:押さえ仕上げとは? 吹き付け後、タイルが半乾きの時にローラーで押さえていく工法です。 ウレタン系塗料の耐用年数は7〜10年 ウレタン系塗料の平均的な耐用年数は7~10年です。 ご自宅の周辺環境や、ご自身の予算などに合わせて、水性塗料や弱溶剤にするのか、2液型ではなく1液型にするのか、若干ツヤを抑えめにして半ツヤとかツヤなしにするといった注文依頼をしてみてはいかがでしょうか。

>

【グレード・機能別】外壁塗装に用いられる塗料の種類と特徴&選び方

次の塗り直しまで、十分な耐久性を保持してくれるため安心です。 つやは控えめのほうが、落ち着いていて高級感も得られる。 何で塗料を希釈するのか(水性・油性(溶剤))• 外壁塗装の必要性 外壁塗装が必要な理由は2つあります。 カップガンを使用しアクリル系塗料やシリコン系塗料を吹き付ける際に、細かな石を骨材として混ぜて吹き付けるため凹凸模様が出来上がります。 この、付与された性質があるからこそ、外壁材と屋根材を長く守っていくことができます。 そのため、 塗料のグレードごと シリコンやフッ素など の耐久年数や価格帯を理解することをオススメします。 それらの機能の中で何が必要で何が不要なのか、また必要な機能を全て満たす塗料がない場合もあるので、あらかじめ優先順位を決めておくことが大切です。

>

【外壁塗装の種類】塗料の単価や耐用年数、色味などの特徴とは?

適切な会社を紹介するサイトの1つに、リフォームガイドがあります。 ただしせっかくガイナで外壁や屋根を塗装しても、ガイナを塗る前の下地処理が甘かったり、下塗りに使う塗料を誤ったりすると、ガイナの塗膜が施工後すぐに剥がれて中空層もできず、断熱性や防音性はおろか建物の保護効果も発揮できないでしょう。 case0045 チョーキングもう安心 東京都杉並区永福U様邸• 防水塗装と外壁塗装では依頼する業者が違う 防水塗装と外壁塗装は依頼先が異なります。 外壁材にタイルを選んだら、浮きや剥がれが起きないように、継ぎ目やコーキングの劣化に気をつけましょう。 ただし、2液性と比べると耐久性が落ちること、塗装する箇所の材質がある程度限られるというデメリットもあります。 これらの成分は、塗料の塗布~乾燥後に「固形になるか、蒸発してなくなるか」という点で、大きく2つの部分に分けることができます。 5kg缶 艶あり、3分艶、艶けし 2液タイプの屋根用塗料 ウレタンなので高耐久が必要な屋根にはものたりない。

>

バルコニーの外壁&防水塗装の種類・費用・時期をチェック!

ペンキの種類比較 以下の表で、各ペンキの特性の違いを確認してみましょう。 ちなみに、無機塗料の耐用年数は、20年~25年程になります! もし、半永久的に耐久できる塗料を作ろうと試みるなら、無機物が100%の塗料を作れれば可能性あるかもしれないですが、実際は無機物100%の塗料のままでは塗料としての役割を果たせません。 ラジカル系塗料の耐用年数は14〜16年 ラジカル系塗料の平均的な耐用年数は14~16年です。 どの種類が最適か?が気になる方は、が可能です。 このフィールドは空のままにしてください。 また、シンナーは揮発性 きはつせい:液体が気体となり蒸発しやすい性質のこと が高く、わりと早く乾燥するため、冬の季節などの塗料が乾きにくいシーズンでも使いやすいです。

>

【外壁塗装の種類】塗料の単価や耐用年数、色味などの特徴とは?

強溶剤はラッカーシンナー、弱溶剤には塗料用シンナーを希釈材にすることが多いです。 耐摩耗性に問題があります。 光触媒塗料とフッ素樹脂塗料の価格は、ほぼ同じぐらいで推移しています。 「低汚染性」を発揮するセラミック塗料 の3種類です。 1液タイプもある。 【高意匠サイディングボード用セラミック系外壁保護クリヤー】 UVプロテクトクリヤーは、サイディング用クリヤー 透明 仕上げの塗料になります。

>